こまもりブログ

"GPFのテントご来場ありがとうございまし.."へのコメント

コメントを書く
[#]次へ>>

私は料理人として働いていますが、お客様が通りすがったときには、手を振りながらいらっしゃいませと言っています。お客様にも笑っていただけるときもあります。それが私の仕事に対するやりがいでもあるのです。しかしそれは相手側の役に立っているからではありません。自分を肯定してもらえるからです。みんな厳しい世の中を生きるために必死に働いています。社会の厳しさはあなたがたの方が知っているでしょう。ボランティアの義務化は気休めくらいにしかなりません。
ペン12434
時計01/22 18:22

出来れば全国民であって欲しいです。

12434さんも分かると思いますが、自己中心に我が儘に生きるのも幸福感はありますけど、誰かの役に立って喜ばれたときの幸福感もまた良いものですよね。

前者の幸福感は幼少時から自然に得られますけど、後者は本人の努力が必要で個人差が大きいと感じます。

後者の幸福感を実感している人が増えるほど、世の中に助け合いの精神が溢れて、生活しやすくなると思っています。世界的になれば、世界の貧富の格差も減ると思います。

だから、全国民、全人類が、後者の喜びを何度も体験出来ると良いと思っています。

ペンこまもりパパ
時計01/20 18:16

有害さんとこまもりパパに聞きたいのですが、そのボランティアと社会経験ってのは、進学する人限定として考えているのでしょうか?
ペン12434
時計01/20 10:49

こちらこそ、連絡させていただきます。

団体を作って活動するのも重要だとおもって活動しているのですが、ボランティアって意味では、ブログを書いている人の多くはボランティアですね。世の中には世のために役立ちたいと思っている人がこれ程多くいるということに希望を感じます。

社会体験やボランティアなどについては、私も同意見です。中学や高校で実施しているところもありますが、ボランティアは本格的にやり続けてこそ、その意味や価値が分かると思いますから、短期間の体験では変な知識程度で終わってしまうと思います。

自分が提供する側だと思って始めるのですが、そのうち、自分が多くの恩恵を受けていることに気づくからボランティアって続くんだと思います。短時間の経験ではそれが分からないで誤解したまま「分かったつもり」になる心配もあります。

そういう点で、私も数ヶ月程度の期間が必要だと思います。

ペンこまもりパパ
時計12/08 10:51

 ボランティアは良いですね。
こまもりパパさんは良いことをしましたね。
私も事前に知っていましたら参加して、こまもりパパさんにお会いしたいです。今度は事前にお知らせ下さい。よろしく

私は、今の荒れた時代は、高校を卒業したら、6ヶ月以上は社会体験やボランティアを経験して、10月から進学するようにしたらと思います。
ペン有害おじさん
家http://plaza.rakuten.co.jp/yuugaitosyo/
時計12/02 07:09
[#]次へ>>

お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

0このブログのトップ

Powered by
さくらのブログ