2009年04月29日

犯罪の扉09:安全認定サイトでも「出会い系」

フィルタリングされない安全認定サイトである「ミクシィ」でまたまた事件。

ミクシィで女子中生と知り合い、売春させる…26歳男逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090428-OYT1T00908.htm

さらに
4月2日の読売新聞で

携帯「健全」サイト 「彼氏募集」書き込み続々
 出会い系化 児童買春危ぶむ声
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090428-OYT1T00908.htm

という記事を見ました。
その一部を紹介します

 未成年にも人気の携帯交流サイト「ミクシィ」や「モバゲータウン」に、警視庁が異例の削除要請に踏み切った。

 削除要請を受けた6社のうち4社のサイトは、携帯サイト業界などで作る審査機関「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)」から「健全サイト」として認定され、フィルタリング(閲覧制限)対象から除外されている。認定サイトが児童買春の温床になりかねないと判断された形で、今後、審査のあり方も問われそうだ。

 今年1月、ミクシィの書き込みをチェックしていた警視庁少年育成課の担当者は、驚いた。「出会い」というキーワードでサイト内を検索すると、約600件ものコミュニティ(サイト内のグループ)が見つかったのだ。「出会いが欲しい」「出会いという奇跡」「一期一会の出会い」など、いずれも異性との出会いを目的とするもの。コミュニティ内には、「16〜24歳の間の交際相手を希望します」「中学生。彼氏募集中です」といった書き込みがあふれ、中には4万件ものアクセスが集中するコミュニティもあった。


EMA(モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)という団体が認定した安全サイトはケータイのフィルタリグから除外されることになっております。
しかし、EMAという団体自体が、フィルタリングされたくないネット企業が集まって作っている団体だから、そんなところが「安全だ」と認定したサイトを信じて通過させる携帯電話会社も問題ですね。中途半端な「フィルタリング」をすることで責任回避を狙いながら、収益源である出会いサイトは遮断しない携帯電話会社を信じてはいけない。
posted by こまもりパパ at 18:28 | Comment(16) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

犯罪の扉08:家出サイトと少女狙う「泊め男」

読売新聞に「家出サイト、新たな闇」という記事が出ていました。

携帯サイト上に無数にある「家出掲示板」。家出をしたい少女と、少女を家に泊めたい男、いわゆる「泊め男(とめお)」をつなぐ。それはあまりに危険な「出会いの場」だ。
http://www.yomiuri.co.jp/net/report/20090427-OYT8T00537.htm

出会い系サイトは本人確認義務化など規制強化され、スタービーチなど大手の出会い系サイトは閉鎖に追い込まれましたが、出会い系サイトではない出会いのサイトは依然元気に運営されています。

試しにケータイで「家出掲示板」を検索したら出るわ出るわ、最初の30件くらいを覗いてみましたがこれは問題ですね。

少女がケータイ掲示板で書き込むだけで簡単に泊め男が見つかり、生活道具を着払いで送ってあとは行くだけ。
もちろん危険と隣り合わせ。監禁されて複数人で強姦されたり、家賃分を働けといわれ売春させられるなどの被害も当然ある(少なくないでしょうね)

フィルタリングをかけてもブラックリスト方式なら殆ど効果なしだし、ホワイトリスト方式を選んでも、ミクシィなどに入れば簡単に不特定多数と出会いができるので、あまり効果がないでしょうね。
posted by こまもりパパ at 17:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

2009年02月25日

犯罪の扉07: 保護者が子どもを保護出来なくなる

子どもにケータイを持たせることによる一般的な危険性として、子どもを保護すべき保護者が、我が子を保護出来なくなるという問題が発生します。


【子どもにケータイを持たせていない場合】

まず、ケータイが無い時代、あるいは子どもにケータイを持たせていない場合を考えてみます。

子どもが外部と連絡を取るのは主に固定電話となります。固定電話の場合、保護者が出ることが多いでしょう。保護者が受けた電話を子どもに取り次ぐ訳ですが、ここでフィルタリングが働いています。
もし悪質と思われるセールスであれば、取り次がないで断るでしょう。言葉の悪いクラスメートや異性の場合は、取り次がないとか、取り次いでも心配で特別に意識をするでしょう。不良グループだったりしたら深刻に対策を考えるでしょう。
そのようにして、我が子の交友関係を自然に把握し、必要に応じてフィルタリングをしています。

我が子の友達が家に尋ねて来たら、そこで挨拶をしたりして、仲良しの友達の容姿や言葉遣いなどを自然にチェックすることが出来ます。

このように、ケータイが無い場合は、ごく自然に、我が子の交友関係を把握出来るし、子どもを保護出来るものです。

子どもにとっては、電話にしても訪問にしても、最初に相手の親が出ることが多いため、敬語や挨拶も自然に学んでいきます。


【子どもにケータイを持たせた場合】

しかし、子どもにケータイを持たせると、便利な反面、いくつかのデメリットも生じます。

まず、子どもにかかってくる電話や届くメールに関して、保護者は全く関わることがありません。子どもが誰と連絡を取っているのか、どんな言葉遣いの友達なのかも分かりません。不良グループと関わっていても気がつかないかもしれません。

また、わざわざチャイムを鳴らして来る子も少なく、ケータイで連絡を取り合って外で待ち合わせる事が多くなります。

そうなると、友達の性格も容姿も分かりません。相手は同年代なのか大人なのか、同性なのか異性なのかも分かりません。良くない友達から我が子を保護することが出来なくなります。

また、保護者の知らないうちに、詐欺サイトや悪意を持った人が子どもに直接コンタクトをとる事が出来るため、その判断と自己防衛を子ども自身に委ねることになります。大人なら騙されなくても、子どもは騙されることがありますから心配です。

悪意を持った人は家に尋ねてくることはありません。ケータイを使って、親が保護出来ない場所まで子どもを誘い出します。

それに、電話や玄関先で大人と接する機会が減るため敬語を使う機会も減ることになります。夜に電話をするのは失礼だとかのマナーも学ぶ機会が減ります。

寝不足や勉強不足、いじめなどの問題も深刻です。


【結論】

このように、子どもにケータイを持たせる場合、
 ・我が子の交友関係を把握出来なくなる
 ・悪い友達と付き合っていても保護者が気がつかない
 ・詐欺や悪質サイトなどの判断を子ども自身に委ねることになる
 ・敬語を使う機会が減る
 ・電話や訪問のマナーを実践する機会が減る
 ・ネットいじめに遭うことがある
などのデメリットがあります。

子どもにケータイを持たせる場合、保護者としてこのデメリットをどのようにして補うかを考える必要があると思います。
posted by こまもりパパ at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

2009年01月18日

犯罪の扉06: 児童ポルノ

これは現在の日本の法律では、「制作は禁止しているが、所持は認める」という立場ですが敢えて私の意見を言います。私は所持も禁止すべきと考えています。

最近はモデル募集サイトから児童ポルノが作られているということを「犯罪の扉01」で紹介しました。巧みな話術で騙されたり、力ずくで撮影された子供が少なくないと聞いています。たぶん、自分の写真が回収不可能なほど流通しているのを知ったら、後悔する子が多いだろうと思います。

先進8カ国(G8)のうち児童ポルノの単純所持を禁止していないのは日本とロシアだけだそうです。日本からの児童ポルノの流出も多く、世界的にも問題視されているそうです。

子供を性の対象にしたマンガについては全く規制されるどころか、出版し続けられています。CG(コンピュータグラフィクス)はかなりリアルに表現できる時代になりました。規制も罪悪感もない日本から、世界に大量に流れているそうです。世界の小児性愛者は日本のマンガを買う時代になっています。

また日本では、電車の中でサラリーマンが子供をレイプするようなマンガを堂々と見ている人も時々いて、これも日本の恥だと思っています。

日本ではなぜ禁止されないのかというと、冤罪による被害者が増えるという説と、小児性愛者の性欲のはけ口を奪うと犯罪が増えるという説が有力のようです。
マンガについては、実際に被害を受けた子供が居ないから犯罪ではないという主張です。

冤罪については、誰かが勝手に児童ポルノの本を鞄に入れて犯人に仕立てるということですが、そんなことは児童ポルノに限った話ではありません。
性欲のはけ口を奪うと犯罪が増えるとい点については根拠がありません。児童ポルノの単純所持をしていた国が解禁した結果、子供の性犯罪被害が減ったという話を聞いたことがありません。

私個人としては、単純所持を法律で禁止することと、マンガについても何らかの規制をすることが必要だと考えています。

今の日本は、制作は犯罪だが、単純所持は許すということで、インターネットで児童ポルノのファイル交換を認める結果になってしまっています。
それから、小児性愛者同士が情報交換をする掲示板も多数あるそうで、数十人、数百人が集まるため、マイノリティという感覚はなくなり、罪悪感も薄れるそうです。
そこでは写真を交換しあったり、写真の入手方法を教えあったり、子供を騙す方法や、児童買春の自慢話などが書かれ、ますます過激になっていくことが多いそうです。

罪悪感が薄れる点も心配であるし、聞いた手口を実行する人も増えるでしょうし、子供が被害を受ける原因の一つになっていると思われます。

これは単純所持を合法化しているために起きることで、単純所持を禁止すれば、児童ポルノの流通量が激減しますから、その結果、闇サイトも少なくなると予想できます。子供を騙す知恵を教えあう機会も減ることでしょう。

そうすると、我が子を性的虐待する家庭が増えることを危惧する声もありますが、日本は世界でも珍しいくらいに「家庭」が維持できている国です。父親は給料を家に入れるのが当たり前の国、母親は子育てをするのが当たり前の国です。
親による虐待が一時的に少しは増えるかもしれませんが、過度に心配することは無いと思います。
posted by こまもりパパ at 23:32 | Comment(33) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

2009年01月15日

犯罪の扉05: 闇の職業安定所

いかにも怖い名前です。

実はあまり詳しくないのですが、時々ニュースで報道されています。
ここ2年間くらいでも、
・闇の職安で依頼を受けた3人組が女性を拉致、殺害する事件や、
・闇の職安で受けた運転手の仕事をしたら、実は女子誘拐の共犯になって逮捕されたとか、
・闇の職安で募った仲間と詐欺をはたらいた3人組の大学生
とか、結構報道されています。

簡単に言えば、非合法的な方法でお金を儲ける方法を紹介したり、相談できるサイト(掲示板)のことです。

どんなもので稼ぐかというと、
・会員制サイトのIDとパスワードを収集して売る
・携帯電話を売る(振り込め詐欺などで使われる)
・銀行口座を売る(同上)
・麻薬などの取引
・復讐代行
などさまざまです。

復讐代行については、「復讐サイト」と呼ばれる専門のサイトが存在しました。「○万円で○○という女性を強姦してください」とか。
その専門サイトが今もあるかどうかは分かりませんが、闇の職安では復讐代行行為は今も行われているようです。

ワンクリック詐欺などで支払うお金が無くなって、銀行口座や携帯電話を売る子供も結構いるようです。

ご注意ください。
posted by こまもりパパ at 13:02 | Comment(5) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

2008年12月22日

犯罪の扉01-2: モデル募集サイト

かわいい服を着てプロのカメラマンに写真を撮って欲しいという願望は多くの少女にあるわけで、モデルになってお小遣いまでもらえちゃう、それを実現してくれるのがモデル募集サイトです。

ケータイでバナー広告を開いたり、届いたメールを開いたりすると、
「洋服を着たまま、ほんの1時間で5000円」などとうたわれています。

じゃあ何が危険なのでしょうか。

今年8月のニュースで、モデル募集サイトに申し込んで行った少女に手錠をかけて強姦したという事件がありました。

被害に遭う例は少なくないと言われていますが、写真やビデオ撮影されていますから、親や警察に届けるのが恥ずかしく、泣き寝入りする場合が殆どだということです。

そのような犯罪は少数かも知れませんが、応募してきた少女に「裸になってくれたら3万円あげる」とか「○○してくれたら10万円」とか言って誘うそうです。子供にとって3万円とか10万円というのは簡単に稼げない夢のような話です。誘惑に負ける子が少なくないでしょうね。

モデル募集サイトを開いているのは、アダルトビデオの制作会社であったり、児童ポルノの撮影者だったりします。モデル募集はとても多いのですが、現実的に、少女のファッションモデルってあまり需要は無いそうですから冷静に考えれば怪しいことが分かります。

日本は児童ポルノの制作国としてその地位を確立しましたが、その背景には、ケータイによって簡単に少女を集めることができる為だといいます。諸外国で少女を集めるのは口コミなどに頼るしかないのですが、日本では「モデル募集サイト」で簡単に合法的に少女を集めることが出来る仕組みが整っているわけです。

つまり、モデル募集サイトは、犯罪に巻き込まれる可能性もあるし、少女売春の入り口でもあるということです。

追記
犯罪の扉01で書いているのを忘れてダブってしまいましたので、タイトルを「犯罪の扉01-2」にしました。
posted by こまもりパパ at 13:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

犯罪の扉04: サブアドレス

サブアドレスというのは、ケータイ(またはPC)で使うメールアドレスの一つですが、次のような特徴があります。

・メインのアドレスを相手に知られずにメールのやりとりが可能
・メールの相手と縁を切りたければ、いつでも使い捨てが可能
・無料で複数取得できる

これがなぜ問題かというと、ズバリ「援助交際」に活用されているからです。

【サブアドレスの代表的な使い方】

新たに取得した「サブアドレス」を使って援助交際相手と連絡を取ります。お金をもらって用が済んだらサブアドレスはどうするか? 2通りあります。
継続して援助交際する相手ならサブアドレスを残しておきます。
縁を切りたい相手ならサブアドレスは抹消します。そうすれば後から誘いのメールが来ることもなくなりますから。

どちらにしても、サブアドレスは複数持てますから、次の援助交際相手のために別のサブアドレスを取得します。

このサブアドレスのお陰で(?)援助交際の連絡が気軽に出来るようになりました。

【他の問題点】

問題は他にもあります。それは、いじめに利用されることです。
一人が複数のサブアドレスを使って、他人になりすまして、いじめを行うことがあります。メールを受け取った人は、大勢から嫌われていると思い込んでしまいます。


サブアドレスの問題はそれだけではありません。

サブアドレスは会社が無料でサービスしているのですが、広告つかず宣伝メールも来ません。なぜ経営が成り立つのが不思議ですね。

ちょっと調べてみると、サブアドレスを提供している会社は、出会い系サイトや怪しいサイトを運営していたり、無差別大量のメール送信をする機器を作りそれを販売していたり、そんな会社が多くあります。

サブアドレスを使う場合、相手には自分の本当のアドレスを知られずに済みますから安全のように考えている子が多いです。
しかし、(怪しい)サブアドレスの会社には、本当のメールアドレスだけでなく、宛先のメールアドレスや、送受信メールの本文まで見られてしまいます。

悪用されているかどうかは知りませんけど、そのような会社にメールを中継してもらっている事実は知っておくべきでしょうね。
posted by こまもりパパ at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

2008年12月11日

犯罪の扉03: プチ援交

援助交際に限りなく近いが、性行為を伴わないものを指します。

つまり、妊娠の心配がなく病気を移されない援助交際です。援助交際が2万円程度なのに対して、プチ援交は3000円〜5000円と安いのですが、2、3人で行ってもよいため、最初は経験者と一緒に行くというパターンが多いと聞いています。

2、3人で行って、5000円ずつもらって、それで終わりではありません。その後が問題なのです。

後日、個別に連絡が来て、「2万円あげるからホテルで」と誘いが来ます。子供にとっても一度会っていてどんな人か知っていますから、怖さは無くなります。簡単に援助交際が始まってしまうのです。

連絡はメールですが、サブメールという使い捨て可能なメールアドレスで連絡を取るのが多いようです。危ない人だと思ったらそのメールアドレスは捨てて、新たなのを取得すればいい。

こうして、確実に時給1万円稼げるバイトを経験した子供たちは、新たな友達を引き連れてプチ援交に行き、その友達も援助交際を始める。

これまでは、「お金は欲しいけど相手が見えない援助交際は怖い」とブレーキがかかっていた子供たちが、相手を確認してから援助交際が出来るという道が出来たのです。

援助交際は高校生が多かったのですが、プチ援交で低年齢化していると言われています。

非常に厄介なものです。

子供にケータイを持たせるということは、このようなバイトが出来る道具を持たせることになります。
posted by こまもりパパ at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

2008年11月21日

犯罪の扉02: チェーンメール

今回はチェーンメールです。

これを読んでくださっている方はチェーンメールのことをご存じの方が多いと思います。

「このメールを5人に転送してください」などと書かれたメールのことを言います。
転送しなければならない理由として書かれているのは、
・人助けの呼びかけ(輸血、裁判など)
・オカルト(転送しないと呪いを受ける)
・受け取った人に福がある
・恐喝(転送しないと暴力団に狙われる)
などがあります。

チェーンメールは、ねずみ算式に増えていくので基本的にすべて自分のところでストップすべきなのですが、怖くて転送する子も多くいます。

ストップしても問題ない理由が分からなくて心配なら、下記のように処理してくれるところに転送したらいいです。
http://www.dekyo.or.jp/soudan/chain/tensou.html


問題なのは「いじめ」に使われる場合です。
多いのは、
・女子なら、着替えやトイレの盗撮を使われる
・男子なら、トイレで小便を横から盗撮された写真を使われる
という場合で、「転送しないと、こんどはそいつの写真をばらまくぞ」
と書かれている場合です。

そんな写真をばらまかれて、いじめを受けても、平気で学校に通える子供って少ないとおもいます。学校を辞めるか転校するかでしょう。
そのときに受けた心の傷は、生涯にわたって消えないだろうと思います。
posted by こまもりパパ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

犯罪の扉01: モデル募集サイト

まず最初に取り上げるのは「モデル募集サイト」です

「服を着たままで1時間5000円」
「コスプレモデル1万円」
など、可愛くプロに撮影してもらえて、モデルとしてデビュー。

そんな軽い気持ちで行ったら、そこに待っているものは‥‥

昨年、応募してきた少女たちに暴行を加え、撮影したポルノ映像をインターネットで販売するという事件が起きました。彼女たちの映像は、多く販売されてしまったため、もうすべてを回収することは不可能となっています。

今年7月には、応募た少女が、手錠をかけて強姦され、もっていた現金を奪われるという事件も起きました。

警察に被害届を出さない事件はどれだけあるか分かりません。

なぜそのようなことが起きるのでしょうか。

 ケータイでモデル募集している人は、アダルトビデオの制作者であったり、児童ポルノの制作者、あるいは、売春クラブが多いと言います。

その制作者たちは、ケータイを使って簡単に少女を集めることができ、無理矢理、あるいは交渉して簡単にビデオ撮影ができるというのです。
5000円で応募してきた少女に、「裸になってくれたら5万円払うよ」とか、「○○してくれたら10万円払うよ」などと交渉が始まるそうです。
5000円程度というのは、気軽に応募できる金額だというのです。

子供にとって5000円というのは大きなお金です。ましてや5万円なんて簡単に手に入れることが出来ない額です。魅力を感じると思います。

 撮影されるだけで「危険はないのか?」というと、当然危険でしょうね。児童ポルノの制作販売は法律で禁止されていますから、多くは裏の世界で生きている人たちでしょう。児童ポルノのレイプシーンが少なくないと問題になっていますが、みな承諾の上で演技している子供たちばかりなのか疑問です。

 業者にとって、ケータイを持っている子供たちなら募集するのは簡単です。ケータイを持っていなければ募集は困難でしょうね。
今の子供たちは、そんな裏の世界の大人と簡単に縁を持つことができるのですが、子供たちには、危険という認識がどれだけあるか心配です。
posted by こまもりパパ at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

2008年11月19日

犯罪の扉00: はじめに

これから、子供向けのケータイサービス毎に起こりうる犯罪を、思いつくまま順不同で投稿します。

子供に関するケータイの事件は多数起きていますが、死者は決して多くはありません。「だから騒ぐ必要ない」という意見をお持ちの方もいらっしゃいます。
 でも、私は、これから事件が増え、多くの子供たちが巻き込まれることを心配しています。今は死者は少ないけれども、いじめなどの報道されない被害者は決して少なくありません。それに、インターネットの怖さを知っている方の多くは、このまま放置すればますます被害者は増える可能性が高いという感覚をお持ちだと思います。

 たとえば、日本の子供で麻薬を持つのは不良少年のなかの極一部だと思っていた方が多いのではないでしょうか。しかし、インターネットの力によって、誰でも簡単に大麻を手に入れることが出来る時代になり、大学生の中にかなりの勢いで蔓延しつつあるといいます。

 子供がケータイを持つのが当たり前のようになっている国は日本だけです。子供のパケット代で成り立っている電話会社も日本だけです。

このような世界でも特異な事情を持った国ですので、政府や役所の方針待ちでは手当が遅れてしまうと思います。
 私たちが取り組んで、私たちが子供たちの将来のために何をすべきかを考えるべきだと思っています。

これから、いろんなサービスについて、何が危険なのかを書いていきますので、各家庭の判断で、うちの子は心配ないとか、安心できないとかの判断をしていただければと思います。

この画面の右側の「カテゴリ」から「犯罪の扉」を開いていただけば通してみられるようにします。

最終的にはこまもり.comの方で整理して書きたいのですが、自分の頭を整理するためにもまずここに書きます。

(追記)
この「犯罪の扉」シリーズについては、草稿としての使い方でもありますので、書き換え、追記を頻繁にするかもしれません。
posted by こまもりパパ at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉