2008年10月09日

ペットボトルキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを


先日、ペットボトルキャップを集めているNPOの方とお会いする機会がありました。

お会いしたのは「NPO法人 Reライフスタイル」という団体の副理事長さんでした。7年前から活動されていて、昨年だけで1400万個以上も集めるなど、本格的な活動をされています。
一人で始めたそうですが、初めの何年かは、価値を理解してもらえず苦しかったそうです。最近になって急に注目されるようになったそうです。

私の職場でもペットボトルキャップを回収しているので少しは関心を持っていました。そこで、以前から気になっていたことを聞きました。
「なぜ募金ではなくペットボトルキャップなのか?」と率直に尋ねました。私はその理由を聞いて、これは良い運動だと思いました。

副理事長さんによると、
子供たちに、「自分の手で世界の子供たちの命を救える」という気持ちが根付いて、「あれから、ぼく、ペットボトルキャップを1個も捨ててないよ」って言ってくれる子供たちが増えてくるのが嬉しいというのです。

・子供たちが、誰の力も借りずに自分の意識と努力だけで出来る救済運動
・400個集めたら一人の命を救うことが出来るのが分かりやすい
・毎日のように意識することが出来る運動
という点が素晴らしいと思いました。

 自己中心な性格が、利他的な性格になるのは一朝一夕には出来ないことを強く感じています。自分の中にある自己中心な思いの根深さを実感しています(汗)
 だからこそ、子供の時からこういう意識を根付かせることは、とても大切なことだと思います。自己中心になりやすい今の世の中で、世界の子供たちを救うという利他的な心を失わないようにコツコツと続けていく運動として拡大することを願っています。


微力ですが、私も、こまもりの活動の一つにしようと思います
(地元で集めます)

「NPO法人 Reライフスタイル」のページ
http://www.re-lifestyle.com/
NPO法人 Reライ フスタイル

posted by こまもりパパ at 00:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年07月16日

開設から1年が経過しました

こまもりドットコム、こまもりブログを開設して、ちょうど1年が経過しました。
これまで応援してくださった方、閲覧してくださった方、ありがとうございます。

調査をしながらホームページを作っていましたので、ホームページ作成に1年くらいかかりました。ですから2年くらいやっていることになります。

正直、2年かかってもこれくらいしか出来ないんだなという思いもありますが、その一方で、一人では続かなかったとも思っています。
 コメントをしてくださっている方からの刺激がとても大きかったし、時々確認したアクセスログ(時間別、ページ別の閲覧回数程度です)を見ながら、こんなに見ていただいているのなら頑張ろうと思ってやってきました。Yahoo!やGoogleなども巡回に来るので詳しく集計はしてませんが、毎日多くの方に見ていただいてとても感謝しています。

 2年前は、私の周囲で「学校裏サイト」という言葉を知っている人は殆どいませんでしたし、1年前でもごく少数でした。フィルタリングなんて難しい単語はなおさらです。
 でも、最近では、学校裏サイトを知らない人が少数派になり、フィルタリングの法律もとりあえず制定され、ここ1年くらいの進展は予想以上に早いものでした。
とはいっても、相変わらず学校裏サイトは多く存在しているし、プロフや出会い系サイトによる犯罪や被害も絶えないし、イジメも続いているし、安全になるにはさらに時間がかかりそうです。

 携帯電話は来年から再来年にかけて、3.9世代携帯と呼ばれる時代になり、スピードが家庭のブロードバンド並になります。だから高画質の動画を配信できるようになります。
そうなると、携帯掲示板の写真も高画質になり、動画も掲載されるでしょう。楽しいサービスが始まる一方、アダルトサイトだけでなく、学校内で盗撮してイジメや恐喝に利用するという使われ方も増える恐れがあります。

 技術の進歩は学者や技術者が中心になって進めていきますが、子供の安全対策は疎かになりがちです。私は技術者の端くれとして、その仲立ちをすることが出来ればと思っています。

これからも続けますので、どうぞよろしくお願いします。
posted by こまもりパパ at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年06月09日

忙しくなってしまいました

小学校の仕事が落ち着いてきたと思っていたら他の仕事(副業とか)が忙しくなってしまいました。これから1年か2年くらいかな。特に土日。
副業といっても趣味じゃないです。子供4人育てるのも楽じゃないですね。

我が家は両親が子守とか手伝ってくれるからなんとか維持していられるけど、それが無かったら、こんなホームページとかブログも作れないし、学校の手伝いも出来ず、ただただ自分の家庭の維持だけで終わりそうです。もちろんそれだって重要な社会貢献ですけど。

そんな訳で、今まで以上に返答が遅れるかもしれませんが無視しているとか思わないでください。

これからも応援(批判も含めて)よろしくお願いします。
posted by こまもりパパ at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年12月25日

ニュースのページを再開しました

今月11日に閉鎖したニュースですが、形式を変えて再開しました。

・個人情報は掲載しない
・事件、事故等の情報は直近半月程度の掲載にする
・引用はニュースのタイトル程度にして、本文はすべてリンクにする

ということで再開します。

過去分に関しては、個別の情報を出さずに、分類別件数など統計的な情報にできるかどうか検討中です。手間がかかるため出来ないかも知れません。
posted by こまもりパパ at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2007年12月11日

ニュースのページを一時閉鎖しました

ある方からメールを頂いたことがきっかけで、ニュースの公開には大きな問題を抱えていたことに気づかされました。


ニュースのページに書きましたが、閉鎖の理由は次の2点です。

1.長期にわたる個人情報の掲載であること

犯罪に関するニュースの中には、事実誤認のものもあり、清算して社会復帰されている方もいらっしゃいます。それらを掲載し続けることは名誉毀損にあたることであり、そもそも人の道として間違ったことであると考えました。

2.引用による著作権の問題

引用については、記事のリンクを探すためのインデックスとして引用したつもりでしたが、新聞社との間で明確に許可を得たものではありませんでした。


このニュースを掲載した目的は、子供に関する事件が多い事を知らしめるためでありました。
子供に関わる事件はとても多いのが現実です。子供が被害者になるのは分かりますが、近頃は、子供が加害者になることがとても多いです。特に携帯電話サイトでの加害者は、表面化しづらいため、どれほどの加害少年少女がいるか分かりません。

子供に携帯電話を持たせている家庭は、自分の子が加害者ではないと言い切ることは出来ないのが今の社会です。

そのため、被害者になる場合と加害者になる場合を分けて、実際の例を掲示するのが分かりやすいし、対策も行いやすくなると考えました。

しかし、これまでの掲載方法では、個人情報を掲載するため問題がありました。報道が正しいとは限らないし、逮捕されたといっても、事実誤認の場合もあり、そのときは名誉毀損になりますし、たとえ事実であっても犯罪者をいつまでも裁き続ける結果になってしまいます。適切なタイミングで破棄しなければなりません。
(新聞社は、そのあたりのコントロールをされているのでしょう)

また、警察の報道は、社会への見せしめとして、犯罪予備軍を押さえるため、事実を変えて報道することがあると聞きました。
たとえば、同意の上での交際を、金銭授受の援助交際と報道したり、痴漢の犯罪も被害者の話だけを報道したりと、報道が真実とは限らないようです。

警察が社会の為に嘘をついているのなら、その邪魔まではしませんけど、ニュースの記事を扱うのは慎重になる必要があると認識しました。

これから、ニュースの公開の仕方を検討します。こまもりドットコムのニュース掲載の目的は、あくまでも危険の種類と数の多さを伝え、子供たちに対して何をしたらいいかを一緒に考えることですから、詳細情報までは記録に残す必要がありません。しかし、犯罪の種類と量は伝えるべきだと思っています。
それを両立できる方法を模索していきます。
posted by こまもりパパ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ