2011年02月27日

ママ友がいない

「ママ友いない」地方は3割だって



 それによると、「子供同士を遊ばせながら立ち話をする程度の人」の数が「3人以上」と回答したのは、首都圏48.7%、地方市部38.1%。逆に「1人もいない」のは首都圏20.7%、地方市部28.4%だった。

 また、平日に子供と外出する際、よく同行する人ととして「ママ友親子」と回答したのは、首都圏22.4%に対し、地方市部は15.5%と少なかった。精神面でも差があり、「子育てに自信を持っている」と回答したのは、首都圏33.8%、地方市部25.7%だった。


サンプル数が750人ずつということで、どこまで正確な割合かは分かりませんが、友達がいないというのは深刻です。核家族が多く、ただでさえ孤独で不安になりやすい子育てなのに、友達もいないとなると苦しくなって虐待してしまう親もでてくるでしょう。

子どもが憎くて虐待する親は少ないと聞きます。イライラしてどうしようもなくて我が子に当たってしまう場合が殆どらしく、相談したり愚痴を言える友達がいるといないとでは大きな違いがあるでしょう。

でも友達って簡単に作れる人と苦手な人がいます。行政や地域や学校などで活動をしていれば自然に友達も出来るのですが、その時間が取れない方や、心に余裕がない方をどうしたらいいかが悩みの種です。

学校では、PTAのお手伝いに半ば強制的に参加してもらって少しでも横の繋がりを持ってもらおうとしていますが、なかなか難しいものです。
posted by こまもりパパ at 01:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | こまもり情報
この記事へのコメント
《Voge》雑誌も確かなことを与えます:1923年2月、《Voge》雑誌のフランス版は米国版とすべて彼女の設計したエルメススーパーコピーを掲載して、見出しは彼女がギリシアの風格を試みるので、しかも依然としてフランス、そして彼女の感性の手法のが演繹するのを盛んに褒め称えます。蔕の監視塔の女の子の重々しい羊毛のスカートをつけて、古代ギリシアの袋の上の図案が全く同様です。彼女はすばらしいのがまた創造するについて、自分の非常に優れている解釈を足しました。
Posted by エルメススーパーコピー at 2013年11月19日 16:11

スーパーコピーブランド時計、バッグ、財布代引き_[人気N級品]| Jpproshop777.comてブランドのロレックス腕時計次から次へと“売ることができる”の手の心杲の枯れの笑わせどころでないをも出しを話し出す、複雑だに比べて、値段が高くてびっくりさせるロレックス腕時計に着くのがこのような複雑な腕時計を超えるのにとって“とても人気を呼ぶ”の腕時計の作品は‘はたくさんのブランドのロレックス腕時計のブランドの腕時計スーパーコピー
Posted by スーパーコピー at 2013年12月28日 16:09

スーパーコピーロレックス代引き,【1万円-5万円】ロレックスコピー通販 | Eta2018.com安定させますその上、温度の影響に変化させられる大きすぎるもたらした正確率の疑問、しかし、従う磁石の磁化する技術進化する多分ある解答しかしこれらの問題材料科学が持続的に進歩的な下に、必ず見つかる適切な解答、その時ロレックス腕時計なるあやうく完璧な振動システム……もちろん必ずその他に車の芯を解決して摩擦して、潤滑にする問題が多分その時車の芯の使う宝石軸受を支えるのさえ恐らくリニアのベアリングに変えるかも知れません。しかし観念の上の突破の持ってきた変化は巨大でで、予想していつ現実になることができないがしかしロレックスと所属ロレックスグループ多分本当にで短い時間で奇跡を創造しますロレックスコピー
Posted by ロレックスコピー at 2014年01月25日 12:11

スーパーコピーウブロ、ウブロ時計コピー通販【JpNobleShop - スーパーコピー市場】ウブロコピー軽くなり殻の3時の位置の上層の腕時計をめくることをによってを表したことをおさえた後に24時間すぐ時、分針の第二層の時計の文字盤を組み合わせて現代のシリーズの制限するプラチナの金の概念の懐中時計の時計の発展変化する史上を伝承することをつくることが見えることができますか?懐中時計の出現はそれがかかって計りしれないためですか?持つことを象徴しました 者の尊敬する地位か?同じく便利な携帯する特性のためですか?人の更に易掌握を譲ります 時間は運用しますウブロコピー
Posted by ウブロコピー at 2014年01月26日 15:24

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43602083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック