2010年06月21日

「児童ポルノ規制案」が民主党などの反対で否決廃案に

「児童ポルノの単純所持を禁止する」などの都条例改正案を、民主党が中心となって否決し廃案にしました。

これで、子どもの性的受難は継続されることになり、日本は「高画質な児童ポルノ発信国」という不名誉な地位を守ることになりました。

児童ポルノの漫画版を「成人コーナーに区分陳列を義務づける」という点について、漫画版の定義が曖昧だという理由で、代案を出すわけでもなく、実写も含めてすべての改正案を廃案にしてしまいました。

淫らな格好をさせられ、あるいはレイプされ、永遠にインターネット上から消えることのない写真を流された子どもの人権をあまりにも軽視しています。


【日教組=民主党 が問題】

民主党の政策全体が良いか悪いかは別として、教育政策については理解できないことがあまりにも多いです。

それは、民主党の教育政策 = 日教組の思想 だからでしょう。

民主党には、日教組以外に教育の専門チームが無いそうですね。

最近の北教組(北海道教職員組合)の違法献金や、国旗国歌の排除
や、AED導入反対など、日教組は子どもたちに何を伝えようとしているのだろうか。

日教組の念願であった「ゆとり教育」によって、この10年間で得た結果はなんなのでしょうか?

土曜日の時間つぶしにゲーム機の普及を後押ししたことでしょうか。
成人の質が下がり、企業が新卒よりも30歳前後のキャリア採用を重視するようになったことでしょうか。
それとも、日本の国際競争力が低下したことでしょうか。

ゆとり教育との因果関係は分かりませんが、私は無関係ではないだろうと予想しています。

日教組および日教組の思想を信奉する人たちは、性器の付いた男女の人形を使って実演させる性教育を小学校などで実施することを支持、推進しているなど、私には狂気の沙汰に見えます。

教育基本法に道徳や愛国心を含めたのは「改悪」だとして、民主党は「教育基本法を元に戻す」と言っているし。


【日本の青少年が心配】

被害児童が後を絶たない、待ったなしの児童ポルノ被害なのに、その改正案を丸ごと廃案にする日本。

今の政府には、親の立場で青少年を守ろうとする者は誰一人いないのでしょうか?
この先、日本の青少年はどうなってしまうのか。

都知事が、「なんとしてでも改正案を通過させる」と言っていることが僅かな希望です。
posted by こまもりパパ at 23:54 | Comment(53) | TrackBack(0) | こまもり情報
この記事へのコメント
だから、現行児童ポルノ法は漫画、アニメ、小説などは該当しません。法律を改正して該当させたいとおっしゃるならわかりますが、あたかも漫画が現行の児童ポルノ法に引っかかっているような印象操作はやめてください。こういう汚いやり方をしているから否決されたとも言えるんですよ。自分で自分の首絞めてどうするんですか?
Posted by 12434 at 2010年06月22日 10:23

ついでにいいますと、企業なんかに「成人の質が下がっている」とか言われる筋合いはありません。ご存知だと思うがわが国では、ほぼ毎日のように飛び込み自殺で電車が止まっており、過労死・過労自殺が蔓延しています。いくら我々若者がボンクラでも過労死の原因を作っている経営者の方がタチが悪いです。実際私の一個上の先輩が、過労で亡くなってます。わずか入社4ヶ月で。それなのに私の会社では今だにサビ残などが恒常的です。人の命よりも金が大事な経営者に偉そうなこと言われる筋合いはありません。
Posted by 12434 at 2010年06月22日 10:42

この6月の東京の青少年健全育成条例改正案
否決のことも、そのほかの有害図書の問題も
大人の側が青少年の性や性欲といったことを、
無い事にしてすまそうとするところに問題が
あると思います。

↓に分かりやすい解説が有ります。

http://ponkotsukazoku.blog45.fc2.com/blog-entry-311.html

わりと長いエントリーですので、重要と思う
所を少し引用します。上から三段落目[ゾーニン
グ/年齢規制からみえてくるもの〕にある文章で

「むしろ二次性徴後の子どもたちにこそ、自慰用の性メディアが必要だと思うようになりました。私が過去記事に何度も何度も子どもの性について書いてきたのは、子どもには性交渉よりはるかに安全な自慰用の性メディアが必要だという主張です。」引用終わり

大人がこうしたことをしっかり現実として
受け止められるかどうかの問題です。

ですから、今度の条例否決で、子供たちの性的
受難は継続されるのではなく、とりあえず少し
は回避されたのだと思います。
Posted by AOMURASAKI at 2010年06月26日 23:33

はじめまして。初めて投稿させていただきます。
まず、はじめに言って置きますが、私は実在児童ポルノに関しては、反対しております。
それは、実在児童の人生とこころに消えない傷を作るからです。それは許せないことです。
管理人様が、とても子ども達のことを考えていらっしゃるのはわかります。
その主張・姿勢に私は非難しません。

私は都条例には反対しました。なぜかといいますと、これには非常に胡散臭い面があるからです。
@都が業界側に話をせず、改正案を通そうとした。
A反対を占めるパブリックコメントの開示を渋り、いざ開示したときほぼ黒塗りにされていた。
B二次元の児童が陵辱される漫画はすでに業界側で成人指定となっている。
C児童ポルノという重大な問題なのに、国で議論されるのではなく、自治体で制定するのはおかしい。
Dそもそも、子ども達の意見を聞いていない。

業界と話しあいもせず、一方的に「区分陳列してね」ということは、それは権力の横暴ではないでしょうか。それを見た子どものなかには「何でも行政に頼ればいいんだ」と依存してしまう子どもも出てくるのではないでしょうか。
もし、区分陳列をしたいだけならば、「要望」という形で各出版社に出すことの方が、波風立たないと思います。子どもに対しても、「話し合いで解決できるんだよ」との見本にもなります。
それをしなかった、ということは、なにか裏があるということだと思います。そんな改正案が本当に子ども達のためになるとは私は思いません。
長文乱文失礼しました。
Posted by めると星 at 2010年07月18日 22:33

めると星さんへ  

私の体験では

@都が業界側に話をせず、改正案を通そうとした。

神奈川の有害図書規正で、条例改正が業界団体との話会いでなし崩しにされた事がありました。 今まで何度となく自主規制と言いながらなし崩しにしている業界が問題だから条例で規正しようとしているのだと思います。業界が倫理を守れば規制する必要がないのですから。
Posted by 有害おじさん at 2010年07月19日 15:11

規制派の皆さんが問題視されている作品は、子供が強姦されて喜んだり、近親相姦等を美化したりしているものですが、すでに成人指定されているものばかりです。ですから有害さんがいうように業界に倫理がないとは言えません。
Posted by 12434 at 2010年07月19日 19:02

有害おじさんさんへ

そういうことがあったのですか。それは知りませんでした。

12434さん
そうなんですよね。おっしゃっている通り、そういうマンガはすでに成人指定されているんですよね。
私が住んでいる東北のア○メイトでもきちんと18禁指定されています。


そもそも、「問題だから」「業界側が倫理を守らない」というのならば、改正案を提出する前に数回公開討論して、子ども達を含む一般市民たちを招いて議論すればいいのではないでしょうか。そうすれば、業界側も行政側もうかつなことは言えなくなるわけです。
そして、その議論によって結論的に業界側が、「自主規制を強化します」「新たに細かなレイティングを業界側で制定します」と誓えば、わざわざ法改正なんて面倒なことをしなくてもいいじゃないんでしょうか。
少なくとも上記の考えのように、話し合いの場や議論の余地などはまだあると思います。

あと、私が疑問なのは、子どもを育てる今の親達が性教育をしていないのか、ということです。私の親は私が小学生の時、性行為の描写を見ても、「これはマンガの中だけの話だからいいの。現実には結婚するまでこういうことしたらいけないかんね」と口をすっぱくして教えてくれたのですが。今の親達はそういう話をしないんでしょうかね。

Posted by めると星 at 2010年07月19日 20:15

これより前に送ったコメントが、スパムになったのか、削除されたのかわかりませんが、補足しておきます。
私が初めて送ったコメントでも、このコメントの前…二回目のコメントでも主題に置いているのは創作物に関してです。
(二回目に書いたコメントですが、私が小学生に読んだ性描写のあるものとは、レディコミです。)
児ポ法関係に関しては、まだまだ知識不足だし、単純に解決するようなものではないと思うので、そちら関係へのコメントは極力控えさせていただきます。
Posted by めると星 at 2010年07月19日 21:55

前のコメントはきちんと反映されていました。私の思い違いでした。すみません。

さて、気になったので、投稿します。
賛成派の皆さんにお聞きしたいのですが、二次元・三次元作品の中で有害・不健全だと思うものは何ですか。自分だったら、これも18禁にする!というものでもOKです。
ただし、業界で成人指定になっているもの=R18は除きます。ここでは、あくまでも一般とされているもので、意見をお聞きしたいです。
子供に悪影響というのならば、性描写だけでなく、暴力描写まども問題になるかと思います。また、二次元だけでなく、我々が生きている現実=三次元ももちろん関係しなければ、おかしいと思います。
よければ、ご意見を聞かせてください。
Posted by めると星 at 2010年07月21日 20:22

規制派の最も危険な点は、「手段」と「目的」があべこべになっているところです。本来筋からいうなら、青少年の健全育成が彼らの「目的」であり、性的描写の規制を行うことは「手段」に過ぎなかったはず。ところが規制派の方々はこの「手段」を「目的」にすり替えてしまっている。表現物の有害性が未だに証明されていないし、青少年の凶悪犯罪も減少傾向にある。にもかかわらず、我々反対派を異常者呼ばわりしてまで、規制を強行しようとしている点から見てそう言えるでしょう。
Posted by 12434 at 2010年07月22日 17:47

漫画などを規制する前に、周囲の大人たちがどういう教育をしているのかも、問題だと思うのですが……。
メディアばかりに要求するのではなくて、受けて側のほうもメディアリテラシーとか、性教育とか、道徳教育を行うことも重要だと思います。
Posted by めると星 at 2010年09月04日 14:53

お久しぶりです

>淫らな格好をさせられ、あるいはレイプされ、永遠にインターネット上から消えることのない写真

そこまでいってたら普通に削除依頼して通らないはずないでしょう、現行法でも。
というか、そんな実例本当にあるんですかと。

あと12434さんもちょっと指摘してますけど、純粋に人心への影響のみを考えるなら、中央線あたりを封鎖して電車使えなくした方がよっぽど有用ですよ。

>今まで何度となく自主規制と言いながらなし崩しにしている

逆でしょう。
業界が自主規制するたびに、貴方達が「まだ足りん、まだ足りん」といって更なる規制を要求しているだけでしょうに。
尖閣諸島が上手くいきそうだから沖縄の領有権まで主張し始めてる某国と同じ心根ですね。
Posted by 黒屋ぶるー at 2010年10月01日 21:47

一応言っておきますが、「企業による自主規制」は昔からすでに存在しています。でも、規制されて絶版になったのが妥当と言い難いケースも少ないです。そして規制が一昔前より厳しくなってきているのは明らか。こういう問題はより慎重なるべきです。それこそ子供たちのために。
Posted by 12434 at 2010年10月04日 19:27

16才の少女が姉の免許証を使って、AVに出演したっていう事件がありました。一番悪いのは金欲しさに年齢を偽ったこの少女です。気づかなかったスタッフも問題ですが、なにも知らずに商品を買った一般消費者は全く悪くありません。こういう問題がある以上、単純所持違法化にも断固反対です。
Posted by 12434 at 2010年10月10日 10:18

お久しぶりです。
以前の私のコメントで、賛成派の方々に質問させてもらったのですが、返答がない……ですね。
暴力的なものといえば、ホラー漫画・映画など。
血(漫画だと黒いですが)が出る、首チョンパ、臓物の描写、死人が出る、殺人の描写がある(ものもある)などなど。
悪影響・有害情報から子供を守るというのならば、性描写だけでなく暴力描写も考えなければいけないのでは?
Posted by めると星 at 2010年10月25日 12:38

記者会見でちばてつや氏が、石原都知事のエログロ小説を批判したらしいです。都知事は「夫婦の性行為は有害」とかおっしゃっていますが、ご自身の変態小説は無害と言いたいのですかね?頭がおかしいのはご自身でしょう。ソフトな性行為のマンガを規制して、自分の過激な作品は自由に販売しようとするなんて馬鹿げている。
Posted by 12434 at 2010年12月02日 20:26

たいへんご無沙汰して申し訳ありません

石原都知事の小説を読んだことがないので何とも言えませんが、小説を規制の対象にするかどうかの議論も必要になりそうですね。

それから、有害という定義が難しいのですが、このテーマでの線引きは、「親が我が子に積極的に見せたいと思うものは無害、見せたくない物は有害」ということだろうと思います。

自分たち夫婦の性行為を我が子に見せたいのかどうか。あるいは、我が子が何歳になったらその行為の内容を具体的に話したいか。

大部分の親が我が子に見せていいと思う物は無害、逆に見せたくない物は有害ということでいいんじゃないですか。

首チョンパ、臓物の描写、死人が出る、殺人の描写なども同様の判断で。

未成年の子供を持つ親に対してアンケートを採ったらいいのかも。

たぶん我が家は厳しい方だと思います。TVドラマのベッドシーンも見せませんから。すぐにチャンネルを変えてしまいます。

そもそも「有害」という言葉の故に混乱しているんじゃないかとも思えます。
有害か無害かというよりも、親が望んでいるか望んでいないかですから、別の表現にした方が良さそうに思います。

Posted by こまもりパパ at 2010年12月08日 16:11

簡単に言ってしまえれば、夫婦の性行為(違法性がないもの)は今回の改正案の条文と無縁です。にもかかわらず、石原都知事が、夫婦の性行為そのものの規制を示唆する発言をしたわけです。これがまず異常。そもそも修正案の条文にあるように、違法的性描写(実写を除く)の禁止もおかしい。だいたい創作物はフィクションだし、法なんて数年後に変わることだってある。作品によっては今年よくて来年はだめ、なんてアホな事態にもなる。親が表現物を一方的に無害・有害と決めることも問題だが、これを行政が拡大解釈できる危険性は大問題。表現物に、ましてや娯楽に毒気がないもの(親が無害と思うもの)だけはありえない。漫画家たちは摘発を恐れてどんどん縮小していく。前述した問題点もあり、マンガ家が法律を徹底分析し、合法的性描写を描いても、次の年は(実社会の法変化により)違法的性描写にされてもおかしくない。法律こまもりパパさんは子供を利用してマンガを潰す気か?ロックなんかも同じことがいえますが、様式美ばっかりがすべてじゃないんですよ。
Posted by 12434 at 2010年12月09日 02:05

私はマンガやロックを潰すつもりは全くありませんよ。

マンガやロックなど芸術や様々な文化の質が向上することを願っています。
読者に感動を与えられて、生きる希望を与える作品とか、自己中だった人が周囲のことまで思いやる余裕が出来る作品など、名作と呼ばれるような作品や、世の中を楽しくするようなマンガやロックが多く現れてもらいたいです。

その場限りの欲望充足や、刹那的な愛情表現、実社会で真似されては困るような話などは無くなっても良いと思っています。

忘れられないような感動を与える作品や、抱腹絶倒の作品、夢や知識を与える話、それらが質の高い物だったら、レイプなどの犯罪の話題や刹那的な喜びで満足させるような作品は無くても十分に楽しい文化になるんじゃないでしょうか?

漫画家もモラルをしっかりもってもらいたいです。
Posted by こまもりパパ at 2010年12月09日 13:19

生前忌野清志郎さんが、「ロックは毒がなければいけない」とおっしゃっていました。今のJポップで毒のあるロックはお目にかかれません。Jポップでは、ある意味こまもりパパさんの望みどうりになっているかもしれません。しかし、反抗文化の側面がロックの大きな魅力であります。マンガもそうです。メインカルチャーへの反発あってのサブカルチャーなのです。
Posted by 12434 at 2010年12月09日 20:01

>レイプなどの犯罪の話題や刹那的な喜びで満足させるような作品は無くても十分に楽しい文化になるんじゃないでしょうか?

「なくても面白い物作れるんだし規制していいよね?」
その思考でテレビのバラエティ番組がどれだけつまらなくなったか・・・
いまドリフとかビートたけしの全盛期にやってたような番組が作れるとは到底思えませんがね。

不道徳を規制して文化が成長することなどまずないと思います。文化とは、一般道徳からあぶれてしまった人々の拠り所でもあるからです。

というか、石原慎太郎が都条例に関して「日本は野放図」と発言し、その一例に「同性愛者が普通にテレビに出る」ことを挙げたことからも明らかで、
これは保護者の不安に乗じたマイノリティ弾圧であって、そのために叩きやすい「漫画やアニメにおける性・暴力表現」から入っているだけの話ですよ。

>大部分の親が我が子に見せていいと思う物は無害、逆に見せたくない物は有害ということでいいんじゃないですか。

そうやってマジョリティの思考をそのままルール化することがどれだけグロテスクなのかを考える想像力もないのですか。
悪影響の証拠が無くても多数派の支持があれば潰していいというのは、「社会の常識である天動説に異を唱えるなど言語道断」といって(言ったかどうか知りませんが)ガリレオを処刑しちゃった大昔の人々と同じじゃないんですかと。
Posted by 黒屋ぶるー at 2010年12月11日 04:34

あと、石原慎太郎は4年前、いじめを受けている子どもからの匿名の自殺予告が話題になっていたころ、テレビの生番組でそれについて「死にたかったら死ねばいい」という旨の発言を行っています。

そういう思考の人が「子どものため」をうたっている政策であって、本当に子どものためを思っているかは非常に怪しい(自著のレイプ小説についてはほとんど言及しないし)ことくらいはご理解ください。
Posted by 黒屋ぶるー at 2010年12月11日 05:00

「ロックは毒がなければいけない」というのは分かりませんが、反抗文化自体に問題はないと思います。

例えば、反抗でも「皆の幸福のためなら自分は犠牲になって戦う」という内容なら文句はないでしょう。

良くないと思っているのは、誰かを不幸にして自分の欲望を満たすような内容です。レイプや性の奴隷みたいな、本人やその親が悲しむような内容です。

「他人が不幸になっても、自分の欲望充足が最優先」ということを堂々と表現しているものは、音楽でも文学でも好ましくないと思っています。

そんなものは、この世から無くなっても良い文化だと思っています。

自分の欲望をみたすと、誰かが不幸になると分かったときには、悩み苦しむのが真っ当な人間じゃないですか。
Posted by こまもりパパ at 2010年12月12日 18:56

「文化とは、一般道徳からあぶれてしまった人々の拠り所でもある」というのはかなり偏った考えじゃないかと思います。

感動の名作と言われるものの多くは、一般道徳に沿っているし、それだけじゃなく、最低限守るべきものを遙かに超えた愛情だったりするんじゃないですか。

そういう文化の方が長く愛されているように思いますけど。
Posted by こまもりパパ at 2010年12月12日 19:05

「毒のあるロック」とは、恐らくは強烈な社会風刺であると思います。爆風スランプのI.B.Wや、ミスチルの傘の下の君に告ぐなどを聴いたらしっくりときます。社会風刺はロックに限りません。落語番組の笑天などでも頻繁に見られます。ところで、私はぶるーさんに意見には同意します。不健康なことを、空想の世界で楽しめるのが大人な娯楽の魅力です。サド侯爵の変態小説だって芸術性が認められてますしね。
Posted by 12434 at 2010年12月12日 21:12

しかし、こまもりパパの考えによると忌野清志郎の「お前の股ぐら」や「トカレフ(人殺しの歌)」、「宗教ロック」、Coccoの「カウントダウン(浮気した男を殺す歌)」、さらに先に書いた2曲とかもに禁止になっちゃいますよ。この2曲は私も好きでよくカラオケで歌ってます。こまもりパパさんのこの主張には断固反対だね。
Posted by 12434 at 2010年12月12日 21:39

「他人が不幸になっても、自分の欲望充足が最優先」という考えを持つ人間がいなくなり、みんながお互いを愛せる世界になる事は素晴らしいですね。

ですが、それは「『他人が不幸になっても、自分の欲望充足が最優先』ということを堂々と表現しているもの」が無くなっていい理由にはなりません。

毎度思うんですが、なんで「ある現象が現実に起きている、ある人物が現実にいる」ことと、「フィクション上である現象、ある人物を描く」ことを混同するんですか?
戦争を賛美する人間と、戦争をする・あるいは戦争を引き起こす人間はイコールではないという事くらい分かりませんか?

だいたい、現実にはあなたのような人が称賛するであろう爽やかスポーツマンの中にもバリバリの性犯罪者がいるし、その背後には体育会系特有のマッチョイズムが起因している可能性だって考えられるのに。

その現実を手つかずで放置しておきながら「フィクションでは描くな」ってなんですか。順序おかしいでしょ明らかに。

あなたが「たかがフィクション」を批判している間にも、ワタミとかキヤノンの会長は従業員に法外な重労働を課して、労働力をバリバリ搾取しているというのに。


>感動の名作と言われるものの多くは、一般道徳に沿っているし

一般道徳自体が時と場所によっていくらでも変わるのに、貴方は一体何を言っているのですか。
というか、ドイツのシュトゥルム・ウント・ドランクであったり、羅生門みたいな文学作品であったり、それこそ石原による太陽族ブームであったりといった退廃や暴力、不道徳を描いた文化を無視して「偏っている」とか言われても。
いや百歩譲って偏っているにしても、それなりの規模でそういう文化が存在していることは事実でしょうに。
Posted by 黒屋ぶるー at 2010年12月12日 23:52

あとね、「皆の幸福のためなら自分は犠牲になって戦う」という内容のものだって、今の世の中における自己犠牲精神の悪用のされっぷり(例:働かせてもらってるだけありがたいんだから労働基準法違反でも文句言わず会社に尽くせ)を見てたら、むしろ子どもには見せたいと思いませんがね、私は。

という批判が出来る程度には、何が良くて何が悪いのかなんて曖昧なものなのに、「多数派が子どもに悪影響と思ってたら有害」って。それじゃ少数派の人間は自分が正しいと思う子育てをすることも許されないんですか。
あなたは日本を村八分とか五人組制度やってた時代に戻したいんですか。
Posted by 黒屋ぶるー at 2010年12月13日 18:53

"この世の笑いは、煎じ詰めればすべて差別から生まれている"ともいわれています。それが正しいかどうかはわかりません。しかし、娯楽から非道徳的な要素の全てを排除するなど愚かな行為です。というか、少し気になったんですが、こまもりパパさんにとって「道徳的なお笑い芸人」は例えばどんな方なんですか?
Posted by 12434 at 2010年12月21日 16:53

道徳的なお笑い芸人ですか。
相方の顔や頭を叩いたりしない芸人かな。
あとは名指しで誰かを笑いものにするのも好きじゃない。

あとは良いと思います。基本的にお笑いは好きです。「ルミネtheよしもと」も何度か行きましたから。
Posted by こまもりパパ at 2010年12月23日 00:38

本気でいっているんですか?相手の頭を叩くにすろ思いっきり殴っているワケじゃあるまいし。名指しで笑いものするパターンだって、本人が好きで笑いものにされていますし。出川哲朗はテレビにでちゃいけないんですか?
Posted by 12434 at 2010年12月23日 11:36

自分は人から頭を叩かれたくない。
自分の子どもたちが、笑いものにされるのを見たくない。

友達をバカにするとき平気で頭を叩く小学生が増えました。
子どもたちに真似をされては迷惑なものを放送して欲しくない。


12434さんは頭を叩かれるの好きですか、自分のいないところで名指しで笑いものにされるの好きなんですか。我が子をそんな風に育てたいのですか。
Posted by こまもりパパ at 2010年12月24日 09:21

別に好きじゃありませんし、そんな風に育てたいやつはいません。ですがだからと言って、そういうのを芸人やテレビのせいにすべきではないのです。あなただって子供のころは、他人をバカにしたことぐらいあるでしょう。子供ってもともと残酷な生き物ですよ。テレビがなくとも同じ。私は芸人でないので偉そうなことはいえませんが、芸人がボケたときツッコミを入れられず、無視されたときは相当つらいと聞きます。タカトシのタカは漫才でしょっちゅう叩かれますが、あれは一種の愛情表現でもありますよ。タカ本人がそう思っています。芸人は教育者ではありません。バラエティー番組にあまりその辺の期待はすべきではないと思います。
Posted by 12434 at 2010年12月24日 11:40

えと、それとちなみにこまもりパパさんは「スパルタ教育」っていうやばすぎる芸人知ってますか?テレビには絶対でれない芸人なんで、一度ユーチューブで見た方がいいかと。
Posted by 12434 at 2010年12月24日 11:45

子供たちに対して「大人の責任」ってあると思っています。
多くの子供が見ると分かっている番組で、大人としてどういう責任感で相方の頭を叩いているのか知りたいです。

それから「スパルタ教育」見てみました。世も末って感じですが、逆に、どう育てたらあんな風になるのか興味があります。兄弟はいるのか、兄弟仲はどうなのか、親はいるのか、親子仲はどうなのか。親戚関係はどうなのか...

Posted by こまもりパパ at 2010年12月24日 13:16

久しぶりにコメントさせてもらいます。

>子供たちに対して「大人の責任」ってあると思っています。

多くの親はそう思っているでしょうね。
ならばその責任を果たすべくする事ってなんですかね。
少なくとも恣意的な運用が可能な条例を「健全な育成」の名の下に可決させる事ではないはずです。
管理人さんがご自身でお子さんを「健全に」教育なさる事が責任を果たす事じゃないんですか?

「お笑い芸人は相方を叩いてお客さんからのウケをとって生計をたてているんだよ」と教えるのが親の本来の役目で、
「あんな風に人を叩いてはいけません」では親自身の馬鹿さ加減をさらしてるだけの教育ですね。

まあ、そういう教育で「健全に」育つと思われるのであればご自身がされればいいだけの話であって、世間がそれに付き合わされるのはお門違いな話だということはご理解いただきたい所ですね。

前にもいいましたけど社会環境そのものが子供の健全な育成を担保したことなんか有史以来ありませんし、これからもそんな社会は実現しません。実現できるのはご自身の家庭のみだと思っていただきたいですね。
Posted by 神様仏様ドナ・サマー at 2010年12月24日 16:54

>友達をバカにするとき平気で頭を叩く小学生が増えました。

増えた“ような気がする”の間違いですね。
増えたと断言し、それを根拠に自説を展開したいのであれば、増えたことを示すデータの提示をお願いします。


大半の人が悪だと思っているものは有害物として排除していい」なんて、いじめに加担する人間の論理に相違ないんですけどね。
お笑い芸人のネタなんか真似ようが真似まいが、いじめには暴力を伴いますので、よほど危険なネタでない限りは表層の問題でしかありません。
問題はいじめを生む構造のほうです。

小中といじめられていた立場から言うと、こまもりパパさんのようにいじめの構造そのまんまの理論で他者を批判しておいて、お笑い芸人のような目につく相手にだけ「いじめを助長する!」とか言っちゃうような人には怒りを覚えます。

いじめを生むのは芸人でもその他フィクションでもありません。あなたのような親の教育です。
Posted by 黒屋ぶるー at 2010年12月24日 21:30

「大人の責任」ではなく、「親の責任」です。芸人がなんで、そういった責任まで負わなければいけないんですか?テレビに責任押し付けるなんてモンスターペアレントの発想そのもの。「大人の責任」だなんて言葉は、ほとんどは身勝手てな大人決まり文句です。石原都知事が昔書いた小説の影響により、殺人事件が起きてます(もちろん、小説自体が悪いのではなく、悪いのは犯人ですが)。にもかかわらず、ソフトな性描写すら潰すような条例を、「大人の責任」の名の下に可決させてしまいました。子供のためだなんて偉そうなこといわないでください。
Posted by 12434 at 2010年12月25日 13:08

ところで、条例は可決されましたが、こまもりパパさんは嬉しくないんですか?いや、私は腑煮えくり返る思いですが。こまもりパパさんから、そのことについてまったくコメントがないのはなぜなんでしょうか?
Posted by 12434 at 2010年12月28日 01:09

もうすぐ年末恒例の忠臣蔵ドラマの時期ですが、こまもりパパさんにとってはテロ正当化の物語である忠臣蔵で感動する人の存在なんて想像もつかないんでしょうね。
あの話がこの国で長らく愛されていることの意味を、ご自分の発言と照らし合わせた上で少し考えた方がよろしいんじゃないかと思います。
Posted by 黒屋ぶるー at 2010年12月30日 00:30

今更なんですが、なぜあなたはゆとり教育を批判しているのに、自民党には無批判なんでしょうか?ゆとり教育を進めたのは民主党ではなく、当時の自民党ですよ。
Posted by 12434 at 2011年02月21日 16:23

言われてみると自民党への批判は書いていなかったかもしれませんね。

自民党にも言いたいことは沢山あります。
ゆとり教育は日教組が主張していて、世論がその方向になっていたときに、自民党も推進しました。かなり呆けていると思います。

外交と安保のバランス感覚が無くて、中国に傾いて米国の反感を買ったり、外交に疎い首相も何人もいたし。

男女共同参画法もバーター取引したことに文句を言いたいし。

省庁の縦割り組織を作ったのも自民党でしょう。自民党も結構だめですよね。

民主党は平均的に自民党以下だと思っていますが、国家戦略室だけは良いと思っています。省庁の縦割り組織への挑戦という感じがします。今後政権が変わっても続けて欲しいです。
それ以外には良いところが見つかりませんが。
Posted by こまもりパパ at 2011年02月21日 16:56

じゃあ自民党のいい所はどこなんですか?
Posted by 12434 at 2011年02月21日 23:22

そうですね。

@夫婦、家族を大事にすべきと考える人が多い

性の解放とか、離婚しやすくする法案(事実婚、選択的夫婦別姓など)を主張する人は少ないです。

A先祖を大事にすべきと考える人が多い

たとえ戦犯が合祀されていても戦没者を大切にする人が多い。といっても民族主義者も多いけどね。

B愛国心が強い人が多い

大人も子どもも自己肯定感は重要だと思っています。たとえば、輿石さんは教育基本法から「愛国心」を消し去りたいと公言しています。
民主党の大会では日の丸は掲げないそうです。日の丸を切って民主党の旗を作ったところもありましたね。

C日米安保を重んじる人が多い

世界の一党独裁を狙って4000年も前から戦術戦略に明け暮れている中国が隣にいるのに、米国との関係を重んじない議員はアホです。台湾とかチベットみたいになりたいのかね?

こんな感じかな。
自民党が良いというよりも、消去法で自民党しか残っていないというのが正直なところです。
自民党にもいろいろいるし、もう少ししっかりとして欲しいけどね。
Posted by こまもりパパ at 2011年02月22日 00:12

世界の一党独裁を狙っている?それは中国が世界征服を企んでいるってことですか。今の独裁体制が揺らいでいるのに不可能ですよ。まあ日米同盟は大事ですが、いささか論理が飛躍しちゃいませんか?
Posted by 12434 at 2011年02月22日 09:49

夫婦別姓で離婚しやすくなるって、一体どういう理屈なのか聞くたびに疑問に思うんですがね。
しかも「選択的」別姓まで駄目だというのは、本人たちの意思とは無関係に夫婦は姓を同じくしなくてはならないと、女性(殆どの場合は女性ですね)が自分の姓を保って結婚するのは認めないと。
女性差別ですか?

愛国心を持つ=自己肯定というのも一方的な解釈ですね。私なんかは2年のサラリーマン生活を通して「こんな国愛せるかボケ」という心境に至りましたけど。
選択的別姓は許さないけど愛国心は持て、というのは、つまり俺の認める方法以外での自己肯定など許さん、と言っているのと変わらないんですが。
Posted by 黒屋ぶるー at 2011年02月26日 21:18

中国の一党独裁ですが、共産主義思想を考えて見れは分かります。社会主義体制は共産主義の理想に向かう途中段階です。共産主義世界を実現するためには、対立と闘争によって一時的に社会主義体制を作ることもやむ無しと考えられています。
そしてもし一国だけで共産主義の理想が実現出来たとしても、隣の国とは富が平等に分配されていません。資本家による搾取が無くなり、富を平等に分配できるまでは対立と闘争によって社会主義体制を通過して共産主義の理想社会を目指します。

共産主義国家には、戦争に勝っても敗戦国を積極的に独立させるなんて発想は出てきません。

今の中国が世界を統治出来るかというと難しいでしょうけど、共産主義を突き詰めれば、世界中の富が平等に分配されなければなりません。

だからといって、民主主義が良いとは限りませんが。
Posted by こまもりパパ at 2011年02月27日 00:33

選択的夫婦別姓ですが、子どもの姓について大きな問題を抱えています。どちらの姓を取るかを子ども自身が選択したらいいなどと言っています。両親のどちらか一方を選択させるのは残酷な話です。

それから、結婚と離婚のハードルが低くなります。姓が変わったことを職場などに伝えなくても良い分、気軽に結婚できて、気軽に離婚できるようになります。

私は、選択的ではなく完全夫婦別姓なら良いと思います。韓国はそれでうまくいっています。結婚しても姓は変わらず、子どもは兄弟で姓が違うなんて事は起こりません。

それから、愛国心ですが、黒屋ぶるーさんは強い愛国心をお持ちのように感じますけど。
国を動かしている人たち(政府や官僚など?)に対してボケと言いたいのであって、出来れば日本を良くしたいと思っているんじゃないですか? そうお思いでしたら立派な愛国者だと思います。

自分は外国籍にしたから、日本という国には興味はないと思っているのなら、愛国心は無いでしょうけど。
Posted by こまもりパパ at 2011年02月27日 00:53

難しいと言うか、そんなの実現不可能です。かつてのソ連ができましたかそんなこと?今の中国は、共産主義による計画経済システムが破綻しています。むしろ市場経済がかなりできあがっていますよ。民主主義についていうなら、これを成立させるためには複数政党制と三権分立が必要です。これがない国に私は住みたくありません。安心して暮らすためには、民主主義は必要不可欠でしょう?
Posted by 12434 at 2011年02月27日 09:37

>両親のどちらか一方を選択させるのは残酷な話です。

「両親のどちらか」と「両親のどちらかの姓」って意味がまるで違うんですが。
百歩譲って姓を選ばせるのが残酷だとして、じゃあいままで原則的に父親の姓で固定されてたのは残酷じゃないんですかと。

>気軽に離婚できるようになります。

それで離婚しちゃうなら、しちゃったほうがいい場合も多いでしょうよ。
世間体気にして、辛くても離婚できないなんて良いことじゃないでしょう。

>韓国はそれでうまくいっています。

別姓が関係あるかは別として、韓国の方が離婚率高いんですが・・・http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9100.html
だいたい「昔から夫婦別姓だった」のと「これから別姓にする」のでは全く違いますし、比較対象としてはあまり良くないでしょうね。

>国を動かしている人たち(政府や官僚など?)に対してボケと言いたいのであって、出来れば日本を良くしたいと思っているんじゃないですか?

そうだとして、日本を良くするための道筋として考えているものがあなたとはまったく違っているのだから、ここでは私が愛国者かどうかなんてまるで関係ないと思いますけどね。
国旗損壊罪なんてアホみたいな政策についていけないッスよ。
Posted by 黒屋ぶるー at 2011年03月05日 20:54

最近は憲法改正審議の動きもあるようで、こんなときに積極的に改憲しようとする自民党って、一体なんなのでしょうかね。私は大反対です。今はそれどころではありません。とても国民の理解が得られるとは思えません。自民党が推し進めている改正案の内容も問題ありだと思いますが、あえて今は触れません。ともかく今は被災地の方々の救済や福島原発の対処が方が大事なんです。憲法改正審議なんかやっている場合じゃないんですよ。自民党支持者のこまもりパパさんはどう思いますか?
Posted by 12434 at 2011年05月04日 16:21

世界の独裁を狙っているのは
なにも中国に限った事じゃないと思いますよ。
アメリカや、ロシアなどの大国は
ほとんど自国の利益しか考えてないと思いますが。
Posted by あ at 2011年05月05日 00:03

そういえば聞いてなかったですが、こまもりパパ様が好きな芸人さんって、名前を挙げるならどんな人ですか?
Posted by 12434 at 2012年03月04日 17:57

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39083205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック