2009年03月01日

子どもの防犯対策講座

を受けてきました。民間のNPO団体の講座でした。

防犯対策には
・犯罪機会を減らす方法
・犯罪原因を探る方法
があるが、特に子どもに対しては前者の方法で考えるべきだそうです。
(後者の)犯人像や犯罪手口を教えて「自分で判断して、自分で防御しなさい」という丸投げはすべきでないと言っていました。こうすれば助かる、こうすれば逃げられるという丸投げはよくないということでした。

「子どもに判断と対応を丸投げしない」というのは私も同感です。ケータイを持たせることで、親がフィルタになれなくなるため、結果的に子どもに判断と対応を丸投げすることが問題であると考えています。地域の防犯についても同じだと思っています。

だから、犯罪機会を減らす対応が重要であるということで、犯罪に遭いにくい環境作りが重要であり、犯罪に遭いやすい場所を特定して子どもに近づかないように教えることが重要であると講師がおっしゃっていました。なるほどと思いました。

一例として、落書きが多い場所は人目のつきにくい場所だから、危険な場合が多いそうです。落書きは「いたちごっこ」になっても消し続けるべきだそうです。
そういえば、以前にニューヨークのジュリアーニ市長が、地下鉄の落書き(軽犯罪)に対する取り締まりと罰則を強化した結果、凶悪犯罪が激減したという事例を思い出しました。


ただ、講演の後半の、性教育やCAPの紹介では、完全に「子どもに丸投げ」の対応で、講師自身の論理矛盾を感じました。
安全な環境を作ってあげるのではなく、「こうすれば安全、こうすることは危険」という判断を子どもにさせる教育のようです。講師自身がまだ頭の整理が十分に出来ていないのでしょう。


実際に性器の名を覚えさせる性教育での利点と欠点は次のようなものがあると聞いています。
【利点】
今まさに性行為をしている子どもと、性行為をしようとしている子どもに対しては、詳しい性の知識を与えることで、妊娠中絶などの被害を減らせる。
【欠点】
手をつなぐのが精一杯だったカップルが、性教育を受けた後、お互いの性器を見せ合うようになる。

と、一部の子どもたちには救いになりますが、多くの子どもたちには却って興味を持たせ、セックスの話は恥ずかしいことではないという正当化の材料にもなっています。

またCAPの利点と欠点については
【利点】
親兄弟や親戚から虐待を受けている子に対しては、「NO」と言えるようになることで、救済の道が開ける。
【欠点】
「親が正しいとは限らない」「必ずしも親に従わなくてよい」という教育が、親への尊敬心を失わせ、子どもを「わがまま」にするため、親の言うことを聞かなくなるという問題が多発している。

どちらの場合も、すぐに救済が必要な子に対しては効果があるのですが、その他大勢の子どもに対しては、好ましくない影響を与えることになります。

その原因は、やはり「子どもに判断を丸投げする」という発想にあると思います。「親を信じていいか悪いかの判断」を子どもに丸投げする。「性行為をするかしないか」を子どもに丸投げするという教育のため、結果的に子どもに無理な負担がかかっているのだと思います。
子ども全体に性教育やCAP教育を施して子ども自身に判断と責任の重荷を負わせる前に、安全な社会環境と家庭環境を整備してあげることが先だと思います。性教育がいらないような安全な環境を作ってあげる努力の方が大切だと思います。


これらのことは、利点と欠点の両方を教えてくれないと、保護者として正しい判断が出来ません。両方を聞いた上で、我が子には受けさせるべきか、受けさせないかを保護者が判断できるようにしてもらいたいものです。

ケータイも同じです。いつでも子どもと連絡が取れて便利で安心だという利点がありますが、同時に子どもの交友関係を監視できなくなるという欠点もあります。(これは深刻な問題なのです)

携帯電話会社も、ケータイ関連サービスの会社も、マスコミも、そのような欠点については一切保護者に伝えてくれません。欠点も同時に伝えてくれていたら、ケータイを持たせる親は少なかったかもしれません。
posted by こまもりパパ at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | こまもり情報
この記事へのコメント
東京の日野市にある養護学校の性教育に対して都議が不当に介入したとかで、教諭が訴えた裁判があったようです。結果として都議に対し賠償命令が下ったらしいですが、どう思いますか?
Posted by 12434 at 2009年03月13日 09:30

いつものことですが返事が遅くなってすいません。

産経新聞の記事などを見ましたが、この判決にはどうも納得がいきません。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090313/trl0903131028001-n1.htm
を見ると

 知的障害がある児童生徒を対象とした同校では、独自の性教育を展開した。精通の指導では、男性器を模した模型から精液に似せた白い液体が飛び出るものもあった。男子生徒が集会室で突然、「学校で恥ずかしいことじゃないと教わった」と自慰行為を始めたこともあった。

 保護者だけでなく、同校関係者からも、たびたび批判や苦情が寄せられた。都教委が「学習指導要領に違反している」と教材を没収に踏み切った背景には、こんな事情があった。

と書かれています。

最初の報道では、エロ教諭だけじゃなく、保護者もエロだったため敗訴したのかと思っていましたが、この記事を見ると、そうではなさそうです。

法律のことはよくわかりませんが、子供の健全育成の為には「授業中に射精する」なんて異常な行為を起こさせる教育は止めさせるのが正しいと思います。

介入せずに放置するのを勧める判決は異常だと思います。この裁判官が異常じゃないのかな。裁判官にも異常な趣味の人はいるのでしょうね。

そうした都議に何の賠償責任があるのか。異常な性教育をしなければ都議だって動く必要なかったのだから、原因は教諭側にあって、都議は被害者のようなものだと思います。
Posted by こまもりパパ at 2009年03月16日 13:04

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27305130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック