2009年02月25日

子どもを産んで親になる

当たり前のことですが、もう少し深く考えてみます。

母親が子どもを産み育てることで親の愛情を持つように成るという話しです。これは私の体験というより一般的な話だと思います。

【第1段階】
男女が愛し合い結婚をします。「子どもが欲しいね」って言ったときの動機は?
 ・二人の愛の結実が欲しいという願望
 ・子どもが欲しいという願望
 ・親になりたいという願望
 ・自分の夢を子どもに託したいという願望
 ・後継ぎが欲しいという欲望
 ・老後や墓守をして欲しいという欲望
 ・美人の女の子が欲しい、ハンサムな男の子が欲しい
など、様々な願望があるでしょう。

【第2段階】
さて、程なくして妻が身ごもりました。どうなるでしょうか?
 ・浴びるほど飲んでいたビールを我慢する
 ・大好きなケーキやお菓子を少し我慢する
 ・暴飲暴食を我慢する
など、我慢の日々が続きます。

【第3段階】
だんだん胎児も大きくなってきました。生活はどうでしょうか?
 ・おなかの子どもに話しかける
 ・胎児の栄養を考えた食事にする
 ・体は重いけど、なるべく体を動かすように心がける
 ・腹部を圧迫しないように慎重な生活をする
 ・子どものために服やミルクなどをそろえる
など、我慢と言うより子どものための生活に変わります

【第4段階】
さらに進むと、
 ・風邪で高熱を出しても薬を飲まないで我慢する
 ・健康で五体満足でさえあればと願う
ここまで来ると生まれてくる子どものことしか頭にありませんね。
子どものために我慢しているとか、犠牲になっているという思いも何処かに行ってしまった感じです。

(第1段階から第4段階の分類は、説明のための私の勝手な分類です)

よく聞くことですが、「産んだら母胎が危ない」と言われたとき、「私は死んでも良いからこの子は生かしてください」と懇願する母親も少なくないと聞いています。
誰もが重いお腹を抱えながらも、自分の不自由さや苦しさなんか忘れてしまって、生まれてくる子どもの将来を心配しています。

第1段階では、言葉は悪いですが「自己中心な思い」が強いです。「私が子どもを欲しい!」という思いです。第一子の場合は多くが「自己チュー」だろうと思います。

それが第4段階になると、「生まれてくる子供が幸せになって欲しい」に変わっていきます。自分の願望ではなく、子供の幸せを願います。もはや自己中では無くなっています。

こうして僅か40週間の間に、女性は「母親の愛情」を持つようになります。これは感動的なことだし、奇跡的というか不思議な感じです。どうして短期間にそれほど変われるのか。

男性は40週間では変われない事が多いようです。私は3人目で初めて新生児の夜泣きを愛おしく思うようになりました。2人目までは正直言って苦痛でした。まあ私は特に問題なのかもしれませんが、女性が母親になるのに比べて、男性が父親になるのは遅れるだろうと思います。

母と父では多少の違いはありますが、子供が幸せになって欲しいという思いは、子育てをする以前と比べると比較にならない程、その思いは強くなっています。

戦場で、赤ちゃんを守るようにうずくまって死んでいる母子の姿をよく見かけると言うし、火災現場では、自分の体を防火壁にして子供を守ろうとしている親の姿をよく耳にします。

だから、子供を守るのは企業ではなく、政府でもなく、親なのだと思います。

たいした安全も保証してくれないのに「安心安全ケータイ」なんて名前を気軽に付けてしまうような企業に騙されないで、親の目線で、親が願う安全の基準で子どもたちを守っていきたいものです。
posted by こまもりパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27216424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック