2009年01月18日

犯罪の扉06: 児童ポルノ

これは現在の日本の法律では、「制作は禁止しているが、所持は認める」という立場ですが敢えて私の意見を言います。私は所持も禁止すべきと考えています。

最近はモデル募集サイトから児童ポルノが作られているということを「犯罪の扉01」で紹介しました。巧みな話術で騙されたり、力ずくで撮影された子供が少なくないと聞いています。たぶん、自分の写真が回収不可能なほど流通しているのを知ったら、後悔する子が多いだろうと思います。

先進8カ国(G8)のうち児童ポルノの単純所持を禁止していないのは日本とロシアだけだそうです。日本からの児童ポルノの流出も多く、世界的にも問題視されているそうです。

子供を性の対象にしたマンガについては全く規制されるどころか、出版し続けられています。CG(コンピュータグラフィクス)はかなりリアルに表現できる時代になりました。規制も罪悪感もない日本から、世界に大量に流れているそうです。世界の小児性愛者は日本のマンガを買う時代になっています。

また日本では、電車の中でサラリーマンが子供をレイプするようなマンガを堂々と見ている人も時々いて、これも日本の恥だと思っています。

日本ではなぜ禁止されないのかというと、冤罪による被害者が増えるという説と、小児性愛者の性欲のはけ口を奪うと犯罪が増えるという説が有力のようです。
マンガについては、実際に被害を受けた子供が居ないから犯罪ではないという主張です。

冤罪については、誰かが勝手に児童ポルノの本を鞄に入れて犯人に仕立てるということですが、そんなことは児童ポルノに限った話ではありません。
性欲のはけ口を奪うと犯罪が増えるとい点については根拠がありません。児童ポルノの単純所持をしていた国が解禁した結果、子供の性犯罪被害が減ったという話を聞いたことがありません。

私個人としては、単純所持を法律で禁止することと、マンガについても何らかの規制をすることが必要だと考えています。

今の日本は、制作は犯罪だが、単純所持は許すということで、インターネットで児童ポルノのファイル交換を認める結果になってしまっています。
それから、小児性愛者同士が情報交換をする掲示板も多数あるそうで、数十人、数百人が集まるため、マイノリティという感覚はなくなり、罪悪感も薄れるそうです。
そこでは写真を交換しあったり、写真の入手方法を教えあったり、子供を騙す方法や、児童買春の自慢話などが書かれ、ますます過激になっていくことが多いそうです。

罪悪感が薄れる点も心配であるし、聞いた手口を実行する人も増えるでしょうし、子供が被害を受ける原因の一つになっていると思われます。

これは単純所持を合法化しているために起きることで、単純所持を禁止すれば、児童ポルノの流通量が激減しますから、その結果、闇サイトも少なくなると予想できます。子供を騙す知恵を教えあう機会も減ることでしょう。

そうすると、我が子を性的虐待する家庭が増えることを危惧する声もありますが、日本は世界でも珍しいくらいに「家庭」が維持できている国です。父親は給料を家に入れるのが当たり前の国、母親は子育てをするのが当たり前の国です。
親による虐待が一時的に少しは増えるかもしれませんが、過度に心配することは無いと思います。
posted by こまもりパパ at 23:32 | Comment(33) | TrackBack(0) | 犯罪の扉
この記事へのコメント
>私個人としては、単純所持を法律で禁止することと、マンガについても何らかの規制をすることが必要だと考えています。

マンガについてのなんらかの規制というと具体的にはどんなのですか?18歳未満はもともと買えないし、これ以上どんな規制をすればいいのかわかりませんので。できれば詳しく教えていただきたいです。

Posted by 12434 at 2009年01月19日 11:56

私が所持禁止にしたらいいと思うマンガは、子供を不幸にしてでも自分の欲望を満たそうとする内容のものです。
基本的に大人は子供を守るものだと思っていますから。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月19日 22:31

そうですね。
お金のために、我が子(女子高生)が男に、とんでもない行為をされると知りながら売り払う、とんでもない親が当たり前のように出てくる「“少女”漫画」もありますしね。
これは、いうまでもなく漫画家本人の人間性に軽蔑すべき問題があるのですが。

気分が悪くなっても耐えられるのでしたら、時間のある時にでも、検証サイトなりを見にいってみてもいいと思います。
少女コミックの「みなみかなん」という漫画家です。
悪い評判で有名な代表作が「恋愛至上主義」です。
(漢字はどうだったか…水波風南…だっかたな?)
Posted by 匿名希望 at 2009年01月19日 23:08

永井豪のデビルマン・レディーって知ってますか?あれには確か義理の父親にレイプされた娘が化け物になってその父親を食い殺すって話がありますが、こまもりパパさんの考えによると、今後はそういう作品も見れなくなりますな。
Posted by 12434 at 2009年01月20日 00:35

私に言ってるわけじゃなさそうですが上記の方の意見について。

レディーは知りませんがデビルマンは知っています。
最初から最後まで精神が病んでしまうような漫画で正直嫌いです。

義理でも実でも娘をレイプするような外道は、呪われようが殺されようがざまあみろとは思います。
思いますが、そんな漫画を読んで、気分が良くなったり、まして心が洗われるわけないですね。

なので、そういう作品が見れなくなっても別にかまいません。

極例を持ち出して結局は何一つ規制させまいとする有害大好き人間のせいで、有害なものは撲滅どころか増えてますが、どうにもならないので困りますね。
Posted by 匿名希望 at 2009年01月20日 22:16

うーん、別に見るの強制しているわけじゃないですし。匿名さんが見ようとしなければそれでいいと思うんですがね。それに昔に比べて表現規制は厳しくなってますよ。ユーチューブで「きょうふのキョーちゃん」とか見てみてくださいよ。10数年前はあれがゴールデン・タイムでやってたんですよ。
Posted by 12434 at 2009年01月20日 22:38

そんなの見たくもないから見ません。
大体そんなの見て何が楽しいのかさっぱり理解できません。
よって、積極的に見る気にならないものが規制されても、ちいっともかまいません。

ついまたやってしまいましたが、見なけりゃいいじゃん放っておけといった輩の相手はここまでです。
そういう問題じゃ断じてないって理解する気もないようですので。
Posted by 匿名希望 at 2009年01月21日 00:43

デビルマン・レディーってタイトルは知っていましたが見たこと無いのでコメントしづらいのですが、デビルマンと同様だと考えるとあまり人に勧めるようなものでは無さそうですね。

レイプなどで傷つくことを伝えようとしていて、多くの人がそのように受け取る内容なら悪くないかもしれないけど、たぶんそんな内容ではないでしょうね。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月21日 02:33

そりゃ結果として一文の得にもなりゃしないし、経済が縮小する上に余計な経費がかかるので、この手規制には価値はないかと。
Posted by 12434 at 2009年01月21日 02:41

>レイプなどで傷つくことを伝えようとしていて、多くの人がそのように受け取る内容なら悪くないかもしれないけど、たぶんそんな内容ではないでしょうね。

いや、見た感じじゃそんな内容でしたな。ただ、設定では確か母親の再婚による義理の父のはずですが、その母は実の娘がレイプされたのに関わらず自分の男を取られたと思って娘に憎しみを抱くっていう話でした。

だからこまもりパパさんのポリシーには反しますな。

>デビルマンと同様だと考えるとあまり人に勧めるようなものでは無さそうですね。

デビルマンの内容知っているですね。レディーの方もそうなんですが、漫画にくらべてテレビ版のアニメは比較的子供に見せやすいってところです。ただし、あくまでもそれとくらべればの話ですが。

>そういう問題じゃ断じてないって理解する気もないようですので。

はい、正直さっぱりわかりません。いろんな人が前々から言ってますが、実害がないのなら基本的にはほっとけばそれで済むかと。

>有害なものは撲滅どころか増えてますが、どうにもならないので困りますね。

イマイチその実感が湧きません。一昔より表現規制が厳しくなっている以上、少なくとも増えているようには思えませんな。
Posted by 12434 at 2009年01月21日 19:34

児童ポルノの単純所持禁止や、子供を性の対象とするマンガなどの表現物も児童ポルノとして
規制するべき、という意見に賛成する人というのは、表現の自由というものの価値や貴重さが、よくわかっていないと思います。

それと、ここで議論されてることって、少し極端に言うと、自分の嫌いなものや、
どうでもいいと思うものは、どうせろくなものじゃないはずだから、規制されることに
なってもかまわない、という話になっていますよね。
規制推進派の意見は、だいたいこんな感じのものが多い気がしますが、しかしこうした個人的
感情だけを理由に規制が実現してしまうなら、表現の自由は崩壊してしまうと思います。

たしかにポルノとかマンガは多様なものがあるだけに、人によっては好き嫌いも激しい
でしょう。僕も個人的に嫌いなものや、どうでもいいと思う表現物はけっこうあります。
しかし嫌いだからといって規制しろとは言いません。
それを言えば、僕の好きなものを嫌いな人がいれば、そういう人が僕の好きなものを規制しろ
と言い出したとき、反対できなくなります。
結局、自分で自分の首を絞めることになります。

僕は子供はいませんが、一応成人に達した者として、次世代にどんな世の中を残すか
ということで言えば、上記のような規制推進は、自分で自分の子供の首を絞めるに等しい
行為ではないかと思います。
Posted by AOMURASAKI at 2009年01月22日 00:57

「表現の自由」を主張する人の多くは「表現の責任」に触れようとしないようです。

表現したければ何でも好きなように表現したらいいというのでは社会性がなさすぎです。社会の中にいる以上は、自由には責任が伴うものです。そういう責任を負いたくなければ無人島を探して住んだら良いんです。

だから「表現の自由と責任」って考えないと正しい判断が出来なくなると思います。

そういうことで、好きなものを規制するなという考え方は身勝手だと思います。そうではなくて、周囲を不幸にするから規制されるんじゃないでしょうか。

一言で言えば「悪なるものは規制されるべきだ」ということです。ただし、善と悪の基準は、時代によっても国によっても違ってきますので、どうしても衝突は避けられないのですけど。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月22日 13:08

久しぶりにコメントさせてもらいますが。

>表現したければ何でも好きなように表現したらいいというのでは社会性がなさすぎです。

それはそうでしょうね。私がお尋ねしたいのは「現行法以上に規制を強化することを是とする根拠」なんですね。
その拠り所に「体感治安」が含まれる事に疑問を感じる訳です。
仮に管理人さん以上に「治安に不安を感じる」人達が増えたとしましょう。そうなると管理人さんが「ここまで規制しなくても」と思う事にも規制が強化されていく訳ですね。

第三者的な視点がないまま規制だけがエスカレートして行く危険性についてはもっと考える必要があるように思えますが。

また「表現の責任」とありますが、正直その表現の受け手側の問題でどのようにも解釈されてしまうと思いますよ。
どんな考えの人にも問題なく受けとめてもらえる表現をしなければならないなんて事になったら、誰も何も表現しなくなってしまうのではないのでしょうか。
「自由と責任」は確かに対になる概念ではありますが、著作物の場合にはまず現行法の範囲での自由を担保した上で世間の批判の俎上に乗せるやり方をとらないと、表現者にかかる責任が重くなり過ぎてしまうと考えます。
Posted by 神様仏様ドナ・サマー at 2009年01月22日 15:24

>そういうことで、好きなものを規制するなという考え方は身勝手だと思います。そうではなくて、周囲を不幸にするから規制されるんじゃないでしょうか。

人には見たくないものを見ないようにできる権利があります。それに基づくゾーニング統制はあって然るべきですが、それぐらいで十分だとを思いますよ。

>私が所持禁止にしたらいいと思うマンガは、子供を不幸にしてでも自分の欲望を満たそうとする内容のものです。

その手のマンガのどこが周囲を不幸にするのでしょうか?一応いっときますが、(性欲のはけ口を奪うと犯罪が増えるとい点については根拠がありません)という意見は、学術的に見れば確かに根拠不十分ですので、一理はあるかと。しかし、同時に性描写のある表現物が性犯罪を増やすというのも根拠不十分ですから、あしからず。

だいたい、「子供を不幸にしてでも自分の欲望を満たそうとする内容のもの」だけを所持禁止にしようなんてのはできない相談です。場合によっては、マンガの性描写が一切禁止されることもありえるでしょう。

神様仏様ドナ・サマーさんがおっしゃっているように、こまもりパパさんの想像を超えるほどに規制される可能性は高いです。
Posted by 12434 at 2009年01月22日 19:34

神様仏様ドナ・サマーさん、こんにちは

「現行法以上に規制を強化することを是とする根拠」ですが、子供を取り巻くネット環境の変化がここ数年(2年くらい)の間に大きく変わったのに対して、法律や条令があまり見直しされていないからです。

著作物については、全ての人に受け入れられる必要があるなどとは言っていません。権利や自由ばかりをかざして、義務や責任を考えない、そういう「自己中」な人が目立つことを言ったまでです。

親なら子供に対して「法律上の自由」の範囲なら何を見せても良いなどとは考えません。子供に対して「親の権利」「親の自由」などとは滅多に考えません。それよりも子供に対しては「親の義務」「親の責任」という思いの方が強いのが一般的です。

子供が悪いことをしても「親である私の責任」と感じるのが親の見方です。

そういう目線とかけ離れた、自分中心の目線で主張されたら、私にとっては有益な議論になりませんし、私を説得する力を持ちません。
私にとっては子供の安全と幸福がメインのテーマですから、全く的外れの主張としか思えませんので。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月23日 23:43

12434さん、こんにちは

マンガの性描写については全て禁止にされても私は構いませんけど、例えば、明らかに子供だと分かるストーリーは禁止なら良いんじゃないですか。
マンガはゆっくり議論しても良いですけど、まずは、実写の児童ポルノの単純所持を禁止することが必要です。ネット上から実写の児童ポルノを減らす必要があります。

そもそも、子供がケータイを持つことによってゾーニング統制が難しいのです。
それから、大人だって見たくないのに見えてしまうんです。仕事でネットで調べ物をしているだけで裸の写真が出るんです。非常に迷惑です。

ゾーニング統制こそ無理な気がします。

だから、子供が児童ポルノに利用されないようにする(ケータイを持たせない)とか、児童ポルノは単純所持も禁止するなどして、その手の物を減らすしか思いつきません。

もっと効果的な方法があるのでしょうか。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月24日 00:05

あ、いや、すいません。ゾーニングは漫画などのフィクション限定のつもりだったのですので悪しからず。
Posted by 12434 at 2009年01月24日 00:13

僕は、神様仏様ドナ・サマーさんと12434さんのご意見に賛成です。

こまもりパパさんのおっしゃる「表現の責任」についてですが、言論や報道ならば、
大きな責任をともなうと思いますが、誰でもフィクションとわかるマンガやポルノなどにも
言論・報道と同じような責任があるのでしょうか?

>権利や自由ばかりをかざして、義務や責任を考えない、そういう「自己中」な人が目立つ
ことを言ったまでです。
(こまもりパパさんの2009年01月23日23:43のコメント)

規制反対派にもいろんな人がいるので、中には変な意見もあるでしょう。また、僕の
コメントなども「自己中」っぽく見えたのなら、そういう要素が強いのかもしれません。

しかし規制反対派の中には、白田秀彰 法政大学準教授のように児童ポルノの「単純所持
宣言」まで行なう人もいるのです。↓

http://orion.t.hosei.ac.jp/hideaki/childpo.htm
(単純所持宣言/その他、性規制について)

単純所持が禁止されたら、自分が犯罪者になる危険をおかしても、その法の間違いと
戦う覚悟のようです。
規制反対派全員が、ここまでの覚悟ができるというわけにはいきませんが、それでも
反対派の多くが、地道に各国のデータや事実関係を調べて、その上で単純所持禁止や
     ↑(何を根拠に、多く、というのかは僕の体感とか実感で、正確には複数の、です        が。)
マンガなどへの範囲拡大では、冤罪は増えても犯罪や児童ポルノ自体は減らせないと主張
しています。
自由や権利ばかり主張するとか自己中とは正反対と思います。

児童ポルノは減らせないというのは、例えばインターネットの児童ポルノサイト数は
単純所持を禁止しているアメリカが世界中の60%くらい、日本は1%程度ということを
見れば、やはり単純所持禁止では減らせないと理解するのが自然ではないでしょうか。
Posted by AOMURASAKI at 2009年01月25日 22:48

児童ポルノの単純所持を認めるというのは、児童ポルノの制作を認めるということで、少女をモデルにすることを認めるということですね。
誰かがモデルになり、誰かが制作しないと所持できませんから。

そのあたりがスッキリしません。単純所持を認めろと言う主張は、作り続けてくれ(販売し続けてくれ)という主張でもあるのでしょう。

だから、制作を悪いと言いながら、単純所持は良いという主張は何か矛盾しているように思います。

それから、これは価値観の問題で、これこそ意見が大きく分かれるところでしょうけど、私は「夫婦以外の他人は兄弟姉妹」という関係が理想だと思っています。夫以外、妻以外の異性を性の対象として見たり扱うこと自体が、夫婦の信頼関係を崩す原因だし、家庭崩壊の原因だと思ってます。不倫や買春などをしている夫が好だという女性は少ないと思います。児童ポルノを見て発情している夫を好きな女性も少ないと思っています。不倫が好きな女性と結婚したい男性も少ないでしょう。

もちろん、妻以外を性の対象として見ないなんてことが出来る人を見たことありませんけど、「性解放」の流れを認めたらますます家庭崩壊が進みそうに思います。

規制したって、妻に内緒で隠れて見る人はいるわけで、それくらいはかまわないと思いますが、法律で「児童ポルノの所持(=誰かが制作)は合法」っていうのは良くないと思っています。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月29日 13:03

結局のところブログ主は「自分が」嫌だから、「自分が」必要と思わないから規制して構わないという「自己中」思想、ファシスト精神溢れる方だという事ですね。
こういった方は難癖つけて”エセ人権”を振りかざします。
まあそれも言論の自由が認められる日本でなら好きにしてもようでしょうが、あまりに知識のないファシズムだけ振り回すと恥ずかしい事になりますよ。

規制賛成派が絶対に出せない資料
イギリスでは児童ポルノ法規制・罰則範囲強化後に強姦率が増加
http://www.crimestatistics.org.uk/output/page27.asp

2000年強姦率世界統計-国連調査(件/10万人)
http://www.nationmaster.com/graph/cri_rap_percap-crime-rapes-per-capite
カナダ   78.08件   単純所持禁止   二次元禁止
アメリカ  32.05件   単純所持禁止   二次元禁止(ただし違憲で無効)
スウェーデン24.47件  単純所持禁止  二次元禁止
イギリス  16.23件   単純所持禁止  ニ次元禁止予定
フランス  14.36件   単純所持禁止
韓国    12.98件  単純所持禁止
ドイツ    9.12件   単純所持禁止
ロシア   4.78件
台湾    4.08件
イタリア  4.05件   単純所持禁止
日本     1.78件

実際の女性被害者より、あなたの「嫌」が大切だと言うのなら、同じ様に規制を叫ぶ事ですね。

Posted by 呆 at 2009年05月15日 21:11

情報提供ありがとうございました

ただ、この数字でどう説得したいのかイマイチよく分かりません。

単純所持禁止にすることで子どもに対する犯罪が減らなかったのか不明。
強姦率の順位は単純所持禁止にする前後で変化したのかどうか不明。
イギリスで強姦率が増加した原因が規制強化によるという理由も不明確。

ということで、規制強化が改悪であったという根拠が見えないので、このまま規制を叫び続けます。
Posted by こまもりパパ at 2009年05月16日 02:37

国連調査の結果が「不明」の一言で片付けられるのなら、規制後に性犯罪が「減る」という根拠を聞かせてください。
まさか実際の女性被害者が増えようと自分が嫌だから規制なんて言わないでしょうね。
そういう人なのかな?
さらに、規制国英国での性犯罪増加と非規制国ロシアの減少データです。

英国の単純所持禁止前1977年と、その後2007年の性犯罪比較
http://rds.homeoffice.gov.uk/rds/recordedcrime1.html
Total Sexual offences 未遂含む性犯罪事件
1977年21,313件 〜 1978年単純所持禁止 〜 2007年53,540件 ●比較 2,5倍に増加
Rape 強姦事件
1977年1,015件 〜 1978年単純所持禁止 〜 2007年12,654件 ●比較 12,4倍に増加
Chiid abduction 児童誘拐事件
1977年51件 〜 1978年単純所持禁止 〜 2007年595件 ●比較 11,6倍に増加

単純所持規制二次規制のないロシアでの性犯罪比較
Russian Feberation
1990年15,010件 〜 2000年6,978件 ●比較 半数以下に減少

こんな見事な前例データですら根拠にならないというのなら、もっと確実なデータによってあなたは「規制賛成」を謳っている訳ですよね。
是非聞きたいですね。
Posted by 呆 at 2009年05月16日 13:27

ですから、単純所持禁止と性犯罪増加の因果関係が不明確だというのです。

英国の国内で1977年と2007年の間で、一番大きく変わったのは単純所持禁止なのですか? 英国内で他に大きな変化は無かったとお考えですか?

私にはそうは思えません。第二次大戦のしばらく後から英国の繁栄は見る影もなくなり、治安も悪くなり、サッチャー首相以降はいろいろと方向性が変わりました。最近になってようやく落ち着いてきたと思います。

治安が悪くなった理由は経済悪化のためと思っていますが詳しくは知りません。
でも、英国自体が大きく変化した前後の比較なのに、性犯罪増加の原因が単純所持禁止であると決めつけるのは無理があるんじゃないですか?

ロシアについてもソ連の崩壊とか国内情勢が大きく変化している時代の比較なので、他の要因を排除できないんじゃないですか。

だから、折角のデータですが、他の要因が多すぎて根拠になりません。

根拠がないから反対するなとは言いません。しかし、根拠にならないデータを持ち出して無理矢理こじつけるのはやめてもらいたいです。
Posted by こまもりパパ at 2009年05月16日 16:04

ゲームに限らず、テレビ、ビデオ、映画、小説、漫画、それらを含めたメディアに接触した者が犯罪に走るようになる、という論を「強力効果論」と言います。
元々ナチスドイツによるメディア戦略上の研究から始まったわけですが、このような「強力効果論」は現在心理学の世界では否定されている論です。
この時点で「児童ポルノのせいで犯罪が増加する」という根拠は消えています。

である以上、実際に規制した国で起こった効果を一番の証明、前例といえます。
幸い(前例国の被害者には失礼だろうが)規制国のデータがあり、非規制国のデータを見れば差は歴然です。
さらに非規制国のデータも示しました。
どうのも「たまたま、偶然」を押し通したいようですが、これすらも根拠とならないと言うのなら、世の中から犯罪証拠がなくなりますね。

何も信用できないと言うのならそれで良いでしょう。
で、一体いつ「規制賛成」の根拠を言ってくれるのでしょうか?
あなたは子供に「根拠も証拠もないけど俺が言ってるから正しい」と強制してるんでしょうか。
Posted by 呆 at 2009年05月16日 19:38

では、逆に、性犯罪の増減を国別にならべて、その原因を政治や文化など様々な観点で考えさせた場合、多くの人が「児童ポルノ規制が原因」と答えるのですか。それほど他の要因は小さいのですか?
児童ポルノを自由にさせたら性犯罪は激減すると仰りたいのですか。町の書店の入り口に置きますか、テレビで放送しますか?

それから強力効果論は否定しても、メディアがトリガー(引き金)になって事件を起こすことがあることまでは否定されないでしょ。
「ビデオをみていたらやってみたくなった」って供述は多いです。もともと内に秘めた欲望が何かに触発されて行動に出ることは多くあります。
1人では大人しいのに集まると万引きするとか、暴走族も1人のときは静かだったり。
悪は徒党を組むもので、トリガーが無ければ行動しないということはよくあることです。

だから、トリガーとなるものを放置しておくことを良く思わない。そういうことです。

それとも、犯罪のトリガーとなるものを置くことが良いことだと仰るのですか?
Posted by こまもりパパ at 2009年05月16日 23:41

詭弁ですな。

「犯罪のトリガー」なんてはっきりいってどうとでも取れる極めて曖昧な言葉ですよね。
「犯罪要因」となるものがあれば犯罪は起きるという当たり前の事を言っているに過ぎない。問いかけ事体が無意味ですよね。
犯罪を誘発する全ての要因に対して規制をしなければ、本当に子供を守る事はできないっていう理屈になってしまいますけどね。
現実的にどうなんでしょうかって気はしますが。

少なくとも性犯罪の件数そのものに於いては呆さんの出されているデータというものは有用性があるものです。
「性犯罪の増減を国別にならべて、その原因を政治や文化など様々な観点で考え」る必要性と
バックデータとは別に考えるべきじゃないでしょうか。
「子供が守られている社会である」という事を客観的に認識できるデータって具体的に何ですか?
それが判らない限り同じ論点での議論が出来ないと思いますよ。

Posted by 神様仏様ドナ・サマー at 2009年05月18日 17:12

>「犯罪要因」となるものがあれば犯罪は起きるという当たり前の事を言っているに過ぎない。

そうです、仰るとおり当たり前のことです。なのに、その当たり前のことと逆行することを主張されています。犯罪要因となるものを減らさない主張をされているのです。だから、その主張にはよっぽどの裏付けが必要です。

ところで、相関関係と因果関係は別物であることくらいご存じですね。
A→B & A→C の因果関係があった場合、BとCは相関関係はあっても因果関係が無い場合が多いです。

特にこれ程サンプルが少ないため、相関関係を主張するのも困難だと思います。
なのに、話題を因果関係にまですり替えて、規制が原因と主張する方が無理があります。こういうのを詭弁と言うんじゃないですか。
僅かなデータから起こした「仮説」でしかありません。

因果関係を示したいのであれば、
「原因以外に重要と思われる他の要因が影響していない」
ということも示す必要があります。
・政権交代等の影響は無い
・治安変化の影響は無い
・国内経済の変化の影響は無い
・他のメディアの影響は無い
・ … …
したがって、児童ポルノ規制以外には原因が考えられない。
というふうにね。

だから、因果関係を示すのは困難だと思いますよ。

相関関係を示しただけでは、児童ポルノ所持規制によって犯罪が増えるなどということは示せません。

それに、銃、麻薬、出会い系喫茶なども手近なところにあれば犯罪が増えると考えられているから規制しているんじゃないのでしょうか。それとも、同様に、規制緩和したら犯罪が減るから銃や出会い軽喫茶なども規制緩和すべきと仰るのでしょうか。

だから、この議論は、「仮説 vs 仮説」の議論です。お互いに、因果関係を示して議論すること自体が無理なんじゃないでしょうか。

だから、「自分はこう思う」「自分はこうしたい」って議論でいいじゃないですか。
Posted by こまもりパパ at 2009年05月18日 20:01

私にも一言、性規制に対するする意見を言わせてください。

私は、過剰な規制は逆効果を生むことがあると思っています。

特に、思春期の青少年に対して性の扱いを一歩誤れば大変な害を及ぼすと思います。
一番害を与えるのは、思春期の青年に「性はいかがわしいもの」という思いを与えることだろうと思います。
そういうふうに思うようになった青少年は、性をとても乱暴に扱うようになると思うからです。

それで、大人が、「性はいかがわしいから取り締まる」と言ったら、
思春期の青少年に与える害ははなはだしく大きいと思います。

また、思春期の青少年自身も、性をそのように「いかがわしいものではないか」と考える傾向性もあると思いますので、
性はそうでは無くて、性は大切なものだからぞんざいにあつかわないよう、
大人が、性を大切に扱ってみせなければならないと思います。

問題は、大人が、思春期の青少年に、性を「いかがわしい」と教え、
更に、それらを「いかがわしく見る見方」
(例えば、性衝動を反社会的行為により満足させようと考える)
ように仕向けることで、
本当のいかがわしさが始まると思います。

機械的に性表現を規制するのは、
性に関して無知な青少年に、
先ず、「性は全ていかがわしい」と先入観を与えることになると思います。
そうなれば、青少年にとって、性について考える事はいかがわしい行為になってしまい、
性と他のとても悪い事(暴力など)との区別がつかなくなる害悪が与えられるのではないかと思います。

それこそが本当のいかがわしさと思います。

そのため、(過剰な)性規制をすることは害がある(まだ仮説段階ですが)のではないかと思います。

そうでは無くて、性はいかがわしくなく、
性とは、性の相手を思いやるように成長するべきものであって、
大切なものであると教えることが大切と思っています。


欧米では、親が子供とお風呂に入る日本の習慣がとてもいかがわしいものに見えるらしいです。
そう思うことこそ、心がいかがわしい
(子供の扱いが分かっていない、子供を性の対象として見る心がある)
のではないかと思います。
日本では、自分の子供をお風呂に入れた親は、他の子供に対しても、
子供を性の対象にすることにはとても大きな心理的障壁を感じるようになると思います。
また、子供も、そういうことをしないのが常識として心に刷り込まれると思います。
この日本の文化は守っていきたいです。

特に、この日本文化により、
日本は児童への性的虐待が欧米に比べて極端に少ない国になっているのではないかと思っています。

欧米人の忌みきらうこの性的日本の文化
(親が子供と一緒にお風呂に入るなんて
けしからん!!!)と言って
過剰な性規制をして、
この類の日本の文化を滅ぼすことの無いように
して欲しいと思います。

Posted by ランナー at 2009年05月30日 05:37

現時点でいえることは、単純所持と漫画を禁止しても犯罪が減る可能性は極めて低いということです。そもそも政策とはコストに見合ったメリットがなければ意味がありません。まして、漫画の性表現が全面禁止されれば日本の漫画文化は壊滅してしまいます。
Posted by 12434 at 2009年05月30日 08:10

性規制に対するする意見を言わせてください。
単純所持ではなく、問題なのは売買行為を行う
児童側ではないでしょうか?

比較的簡単にお金が手に入るからという行為そのものを取りし回らなければ
本当に児童を守るとは言えないのではないでしょうか?
売った側にも罰則を設け根絶を目指すべきでは
ないでしょうか?
Posted by 匿名 at 2009年07月19日 00:52

まずこのサイトを見てください。
http://funuke01.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-bd07.html

フィクションが犯罪率をあげてるとおもえますか?
しかも、漫画の規制は日本の32倍の性犯罪率のアメリカでさえ違憲と判断されました。
しかもアメリカでは過去に大規模な漫画の規制を行ったら、性犯罪率が急増したという現実も有ります。
そして、フィクションが犯罪率をあげてるという科学的根拠はありません。
それどころか、暴力的番組を見せた子供の方が暴力性がなくなったという研究データもあります。
第一に考えてみると、虐待を受けてる子と親から甘やかせれて生きてる子のどちらが暴力的だと思いますか?
あと単純所持規制は明らかに裏があります。
詳しくは下記より
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/287.html

これだけ見て単純所持規制をするべきだと思いますか?
Posted by 佐々木利恩音 at 2010年05月09日 16:25

コメントありがとうございます

言いたいことは分からないでもないのですが...

問題と思っているのは情欲の対象です。成人女性であれば、動機は不純だとしても、関係として不自然ではなく、結婚の可能性だってあります。結婚願望を持って見る人も結構いるでしょう。

しかし、児童ポルノとなると、動機が不純なだけでなく、関係も不自然です。出来れば一生涯添い遂げたいと憧れの思いで見るのでしょうか。たぶん違いますね。あくまでも児童の年代限定でしょうね。

児童ポルノを正当化するということは、年齢的に不自然な関係の対象に対して情欲の思いで見てもよいということになります。私はそれを正当化することに反対しています。
Posted by こまもりパパ at 2010年05月11日 13:07

はて?だれも児童ポルノなんて認めやしませんよ。単純所持は冤罪の危険があるから問題だって話なんですがね。それとね、漫画は法的に児童ポルノには入りませんよ。最近新聞で二次元児童ポルノとか戯言が載ってますが騙されないように。
Posted by 12434 at 2010年05月12日 08:06

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25642123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック