2008年12月11日

橋下徹知事の「ケータイ禁止令」を応援します

大阪府の橋下徹知事が表明した「ケータイ禁止令」が波紋を呼んでいますね。良いことだと思っています。

これまでは、
 「規制すべきだ!」派 vs 「規制せず教育すべきだ!」派
の議論や「フィルタリング」の話ばかりでした。

「子供にケータイを持たせて良いか?」はまだ議論してませんよね。

保護者から頼まれた訳でもないのに、携帯電話会社は、勝手に子供にケータイを普及させて来ました。このまま「持たせた者勝ち」では困ります。

 緊急時用に電話機能が欲しいという親はいても、ゲームとかネットとかをさせるために持たせる親は滅多にいないはず。
毎日毎日、何時間もケータイを操作して、メールや掲示板やゲームに明け暮れている我が子を見て「ケータイを持たせて良かった」と思う親は滅多にいないでしょう。

・持たせるべきか、持たせないべきか。
・メールは必要か、ウェブは必要か、ゲームは必要か

もっと議論してもらいたいです。

多くの場合、子供に携帯電話を持たせる必要無いと思っていますし、ましてや学校で携帯電話が必要なはずがない。

それでも、塾に行くのに必要だとか、いろいろ事情のある家庭もあるでしょう。
その場合で、私が考える小中学生向けの電話は、
 ・ワンタッチで電話がかけられるボタン付き
 ・メールは保護者が登録した相手としか送受信できない
 そして
 ・ゲームと着メロは付いていない
 ・ウェブ機能は付いていない
 ・テレビは付いていない
というものです。
 ・GPSで親が居場所を把握できる
 ・天気予報、辞書、ニュース、乗り換え案内だけは使える
という機種もあると良いかも。

「これだけ普及したから今更無理…」っていう人もいますが、もし本気でそう考えているとしたら、その人はアホですよ
言葉が悪かったですね、言い直します。その人は知的なタイプじゃないですね。

今の中学3年生の保有率は6割ですけど、小学6年生の保有率は2割です。つまり、現状のまま増えないだけでも、3年後には中学3年生の保有率は2割になるということです。

方針さえキッチリ決めれば、2、3年で世の中ガラリと変わるんです。手遅れなんて事はあり得ません。
もちろん、子供を利用して甘い汁を吸ってメタボになった企業にとっては死活問題でしょうけど、世の中の為にならない企業は淘汰されるべきです。
posted by こまもりパパ at 23:59 | Comment(23) | TrackBack(0) | こまもり情報
この記事へのコメント
以前私が

>各家庭から裁量権を取り上げといて、反論する奴はどいつもこいつも問題意識に欠けるバカだと仰りやがりますか。何様なんでしょうか。

と言ったときに、アナタは

>「裁量権」は取り上げるつもりはありませんからご安心ください。「正しく裁量するように」と言っているだけです。

と答えられたわけですが、結局各家庭の裁量権なんて認めていないんですね。

>もっと議論してもらいたいです。

違うでしょう。
「子どもに携帯なんかいらん!」という認識を共有させたいだけでしょう。
そうでなきゃ、どの頭から↓の発言が出てくるのですか。

>「これだけ普及したから今更無理…」っていう人もいますが、もし本気でそう考えているとしたら、その人はアホですよ。

議論する前に結論出しちゃってますよね、あなた。

>毎日毎日、何時間もケータイを操作して、メールや掲示板やゲームに明け暮れている我が子を見て「ケータイを持たせて良かった」と思う親は滅多にいないでしょう。

そもそも、それって携帯持ってる子どもの何割なんですか?
メールに至ってはコミュニケーションの手段なんですけど、それが従来の電話や文通、あるいは対面での会話と比べてどう問題なのか、本当にちゃんと考えた上で話してます?

そりゃあ従来の社会に比べて子どもらが犯罪に巻き込まれる機会が増えた可能性については検討する必要があるとは思いますが、ゲームも着メロもダメ、テレビもダメって事は、もっと広い意味で現行の携帯はダメだ、と言っているのですよね。

数多の悪い噂のあるカルト団体が、自分らの宗教観を広めようと行った大会に平然と参加しておいて、
子どもの興味がマンガやテレビ、ゲームから移り変わっただけに過ぎない携帯電話の悪性について囃し立てている貴方は、もはや滑稽以外の何者でもありません。
Posted by 黒屋ぶるー at 2008年12月18日 23:07

 私は、大賛成です。
黒屋ぶるーさんは、もうストーカーですね。
相手にしないほうが良いでしょうね。

Posted by 有蓋おじさん at 2008年12月18日 23:37

私も大賛成です。
今回で少しは黒屋って人がどれだけひん曲がった性質の悪い輩か分かっていただけたでしょうか?

特殊な(それこそ犯罪者的な)人間以外の全ての親は、子供が可愛くて愛情をこめて育ててきたはずです。
それが、こんな者に育ってしまったら悲しいやら情けないやら察するに余りありすぎます。
私は人の性根が曲がったり歪んだりするのは環境も影響はすれど、大部分は本人の人間性だと思っています。
けど、我が子はこうならないように適度に頑張っていきたいと思います。

ところで、よけいな事を指摘しちゃいますが、有害おじさん、字が違ってますよ?わざと?
Posted by 匿名希望 at 2008年12月19日 00:14

まあ匿名の方や有害おじさん(の偽者?)のように、自分が正しいと思うことだけを妄信して周辺の事情を一切鑑みない人間の事を 真 人 間 というなら、
私は一生根性のひん曲がった人間でいたいですけどね、実際。

内容は完全スルーで人格批判のみとか、本当にくだらない。
Posted by 黒屋ぶるー at 2008年12月19日 22:14

黒屋ぶるーさんこんにちは

最終的には各家庭の裁量に任せるという考えはは変わっていませんよ。
裁量できる情報を与えられていない所に問題があると思っているので、企業やマスコミが言わない話を私がしているだけです。

極端な例ですが、北朝鮮では、「米国の侵略によって韓国の同胞は飢餓で大勢死んでいるが、私たちの国は偉大なる将軍様が米国の侵略に打ち勝ったお陰で平和が保たれている」と教えているという話があります。それがどこまで事実か知りませんが、そのような偏った情報だけ提供された中で裁量権に任せたところで限界があります。

子供のケータイも同様で、「持たせたて良いのか?」という事には触れずに「フィルタリングすれば安全」であるかのように情報をコントロールされているなかで各家庭の裁量に任せても既に偏っていると思うのです。

 現行の携帯電話は全てダメという訳ではありませんが、小中学生の親が願っていない機能が多すぎです。
 中には、小学生の我が子に専用のテレビを持たせたかった親がいるかもしれません。着うたを自由にダウンロードできる音楽プレイヤーを持たせたかったといって夢が叶って喜んでいる親がいるかもしれません。でも、私の周囲では全く見かけません。
 逆に、宿題をやらなくなったとか、寝るのが遅くなったとか、食事の時間に呼んでも直ぐに来ないとか、困っている人は大勢います。

「子どもの興味がマンガやテレビ、ゲームから移り変わっただけに過ぎない」といっても、良いか悪いかは親や社会が判断しないといけません。大麻に興味を持つ子をどうするかを考えるように。
 ケータイの場合、特に匿名掲示板やメールの機能はマンガ本やテレビとは全く別物だと考えています。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月20日 01:27

だから各家庭の裁量に任せる気が本当にあるなら、なんで橋下の主張(一律に持ち込み禁止)に賛成してるんですか。
持たせてもいいだろうと判断してる親に対して、アナタは「アホ」という言葉を吐きかけたじゃないですか。
そこまでしておいて、何がどう単なる情報提供なんですか。

> 逆に、宿題をやらなくなったとか、寝るのが遅くなったとか、食事の時間に呼んでも直ぐに来ないとか、困っている人は大勢います。

それこそ、既に言ったように携帯普及以前から散々言われてきたことじゃないですか。
それを言っている親って、あくまで携帯を持たせる前後での我が子の様子を比較しているだけで、携帯普及前の子どもと現代の子どもを比較している訳じゃないですよね?

大麻の例を出すなら、それこそ統一教会の危険性について碌に触れないのは矛盾しますけど。
統一教会が過去に何をしたかについてまともに扱わないまま、その“宗教思想に基づいた”大会の話をしちゃいましたよね。
「偏った情報だけ提供された中で裁量権に任せたところで限界があります。」と言っておいて、公正な判断をするに足る情報提供を怠ってますよね。あれだけいかがわしい団体なのに。

私が小学生の頃は、世間ではやっとポケベルが普及したかどうかという時期でしたが、私は既にクライスメイトから散々罵声を浴びせられて過ごしていましたよ。
「死ね」だの「おまえは虫以下の存在だ」だの。まあ当時の知識や語彙の範疇で分かる罵倒表現はあらかた言われ尽したと思います。
それも単なる私的体験だけではなく、当時読んだいくつかのいじめに関する書籍でも、やはり私が受けたものよりも余程酷いいじめは沢山報告されていたと記憶しております。

ですから、例えば学校裏サイトなんかは何を問題にしているのか全く分からない。
掲示板を削除したら学校内での悪口が減るのか。んなわきゃない。子どもは大人の見ていないところで必ず悪い事をしている。
(極論、裏サイトなんかより学校という空間そのものの害のほうが余程大きいと思っています。)

となるとネット関連で問題にすべきは援助交際や犯罪に巻き込まれる危険なわけですが、これも以前からテレフォンクラブを筆頭に、そういう普通の人が危険なものにアクセスしてしまう窓口は存在したわけで、その頻度の違いこそ議論の余地はありますが、およそインターネット特有の弊害だとは言い難い。
全く別物と言われても、単に世間が気にしていなかっただけで昔からあったような害だとしか言いようがない。
(今読んでいる本で知った話ですが、昭和30年代にはアルバイトサロンという、ホステスでない素人女性を使ったキャバクラのようなものが存在し、それなりに広まっていたようです。)

あなたのやっている事は確かに情報提供ではありましょうが、非常に一面的で、ミスリードを誘うものです。
Posted by 黒屋ぶるー at 2008年12月20日 16:15

どうも黒屋ぶるーさんはインターネットの「匿名」や「なりすまし」という特徴を子供の世界に持ち込むことに抵抗がないようですね。

 それから、私の思い違いかもしれませんが「他人事」のように捉えているように感じられます。自分の娘、息子を、犯罪の多い環境に置きたいのか、置きたくないのか。
そう考えたら「昔から悪い環境はあった」などと他人事のようなことは言えないと思います。

そのあたりで、将来に対して危機感を持っている私とは意見が違ってきているのでしょうか。

 テレクラなどは昔からありましたけど、今ほど多くの少女が手を出していたわけではありません。「ビニ本」とかのエロ本は昔からありましたが、今のアダルトサイトのように多くの少女がAVモデルになることは無かったのでしょ。

 援助交際やがこれ程普及している背景には、匿名の「出会い系サイト」と、使い捨ての匿名メールである「サブアドレス」の存在を無視できません。

今後は「プチ援交」や「モデル募集サイト」でますます大衆化、低年齢化していくことが危惧されている少女売春に対して、すぐに何らかの手を打つ必要があると思っています。

黒屋ぶるーさんが、今の社会を憂いているのか、次の世代のためにどんな社会を作ることを願っているのか、私には未だによく分かりません。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月22日 05:40

管理人さんのコメントを読んで思うんですが
結局自分の「体感治安」を良くしたいだけではないかなと受け取ってしまいます。

仰られている様な「平和で安全な社会」を実現する為の必要な事って何でしょうか?
まず「現状把握」だと私は思ってます。

ところががやっかいな事に所謂「犯罪件数」は警察がその活動方針によってカウントの仕方を変えてしまいます。
加えて近年のマスコミも「体感治安の低下」を煽る、バイアスのかかった報道をするケースが多くなってきています。

従って管理人さんの仰る

>テレクラなどは昔からありましたけど、今ほど多くの少女が手を出していたわけではありません。「ビニ本」とかのエロ本は昔からありましたが、今のアダルトサイトのように多くの少女がAVモデルになることは無かったのでしょ。

あたりの発言も説得力を持つ為には裏付けとなるバックデータが必要となるのです。
そうでなければ第三者の目から見て「正しい現状把握がされている」という認識が持てませんし、今後どのようにすべきかという方策を立てる為のよりどころとなりえません。

盛んに述べられている「犯罪の多い環境」と言うのも、裏づけが無い限り「自分にとって」そうだとしか言い様がありません。
それならそれで構わないと思います。それこそ
管理人さんの方針でお子さんを教育されれば良い。
その代わりそれがうまくゆかないのを「外部環境」のせいにしてはいけないと思います。
社会環境が「子供の健全な成長」を担保するなんて事ははるか昔から現代に至るまで実現された事はありません。
そういった社会の実現を目指すのはご自由かとは思いますが。
Posted by 神様仏様ドナ・サマー at 2008年12月22日 18:57

神様仏様ドナ・サマーさん、こんにちは

私は「体感治安」って重要だと思っています。銃や戦車などの軍事力で押さえつけられて犯罪が無い社会が果たして治安がよいと感じるかと考えたら、私はそういう社会では怖さを感じるタイプですから。

統計情報で判断をすべきとお考えであれば、今の「ケータイ規制派」と「ケータイ規制反対派」はどちらも間違っているということになるのかな。
前者は数年前の状況を維持したいと考える人たちで、後者は現在のブームを維持しようとする人たちで、それだけでは善悪の判断は出来ませんからね。
統計的な結論はかなり先になるでしょう。その時は手遅れかもしれませんけど。

もしかしたら、黙って見ているのでしょうか。大衆やマスコミの流れに身を任せて生きるのでしょうか。今の日本人の多くは風潮に流され体感で動くことが多いでしょうから、黙って見ているとしたら、大衆の体感に身を任せることになりそうですけどね。

例えば今の子供たちが親になる10年後に信頼できる統計情報が出て、それから判断するのならどうぞご自由に。

私は体感が大事だと思っています。もちろん統計も無視はしませんけど、正確な現状を把握するのが困難なときは、自分の感性と、私の周囲の人たちの考え(体感)をかなり重視しています。

私は体感を大切にしていますし、一日のほとんどを体感で判断しています。この人は危なそうだから近づかないようにしようとか、この店は気に入ったから友達にも話そうとか、この子は良いことをしたから褒めてあげようとか…。

私は体感を大事に思っていますからこのまま主張を続けます。

神様仏様ドナ・サマーさんは、統計に裏付けされない主観は語らないのでしたら、その信念を貫いてゆかれたらいいと思います。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月22日 22:34

広い(?)心を持っていくのも悪いとは思いませんが、けど「自分はこう思う」という信念があるなら、あまり寛大(?)になりすぎない方がいいと思います。

世の中には色々な考えの人がいます。
ぶっちゃけた話、参考としてでもかかわらない方が、かかわりを断った方がいい人間もいるんです。

実際、儲かりさえすれば正直な話、子供が犯罪に巻き込まれようが犯罪を犯そうがどうでもいいというのが企業であるように、自分に関係がなければ、自分が楽しければ、他人がどんな目に遭っていようが知ったことじゃないという考えの規制一切反対派が恐ろしい事にけっこういるように。

なので、ケータイ禁止令を応援・支持するというのなら、断固として貫くのがいいと思います。
もちろん私も、これについては同じ考えです。

結婚する気も(予定も相手もいない)なければ、まして子供もいないあらかたの人に子供の事を本気で心配する親の気持ちなんて分かりはしないんです。
他人事のようじゃなく他人事なんです。

それは、ちょっと差別的という事で言い方を変えるなら、自分以外の生き物(人も動植物も)に愛情を持てない、少しでも人の痛みを我が事のように思えない人間に、こういった主張が分かるはずがないんです。

色々屁理屈を並べていようが、規制は必要ないという感じの主張をする者も、統計だの何かの数値だの持ち出し反対する者も、とどのつまりは妨害してうやむやに引き延ばすのが目的です。
あわよくば、それ自体を白紙にさせようというのが目的です。
結局は、一切聞く耳なんてないんです。
全部、自分の思い通りの考えに相手が染まるまで、自分の思い通りの受け答えをしてくれるようになるまで妨害や粘着(嫌がらせ)をしてくるだけです。

だんだん分かってきてるようですが、頑張って下さい。
Posted by 匿名希望 at 2008年12月23日 16:40

心底嫌われたもんだなほんとうに。しかし、携帯のゲームや着メロの何がまずいんですかね。子供染みだ意見ですが、ガキが携帯電話を取り上げられる気持ちもわかるんですよ。だからガキから携帯を取り上げられる前にせめて、「お前の気持ちもわかるが仕方ないんだ」ぐらいは言ってください。子供に携帯電話を持たせないのも一理あると思いますが、最近の「ガキには、ガキの気持ちを踏みにじるぐらいの理不尽さが必要だ」みたいな主張には心底怒りを覚えます。
Posted by 12434 at 2008年12月25日 23:22

12434さん、こんにちは

まずゲームや着メロの回答から。

親が子供に積極的に持たせたいと思う場合は、連絡や防犯のためです。ゲームや着メロで時間を潰すためにお金を出しているわけではありません。だから不要だと考えています。ただし、自分で稼いだお金で持つのなら自由です。

それから、子供からケータイを取り上げるのはかなり大変です。だから最初から持たせない方が良いんです。特に、Web機能やゲームや着うたなどを一度使わせたら簡単には取り上げられないでしょうね。タバコを取り上げるのに近いかも。

持たせてしまった人は既に手遅れと思っています。親がかなり決意をしないと難しいでしょうね。
だから私は「最初から持たせない」ことを勧めています。そしたら2、3年で保有率は激減しますから。


それから「他人事のよう」という点について

具体的に子供を持ってみないと分からないことが多いのは確かですが、それまでに意識することは良いことだと思っています。「もし自分が子供を持ったらどうだろうか」って。

かくいう私は、倖田來未の羊水発言で「もし私が女性だったら」という視点に立てなくて、他人事のように見ていたことがあります。ある女性のブログで指摘されて少しずつですが分かってきました。

私自身がそんな状態ですから、他人事のように見ている人を即刻追い出すということはしません。ただ、出来る範囲で結構ですので「もし自分が父親で中学生の娘がいたらどう思うだろうか」などという視点で考えて頂けたらもっと現実的な議論が出来るんじゃないかと思っています。

私も「もし自分が高校生だったら」とか考えると一律規制というのは良くない場合も多いと考えていますので、最近は「小中学生にはWeb禁止」、「学校内では高校生までケータイ使用禁止にする」という話にしています。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月27日 00:44

「携帯電話は子供に要らん」という発想自体は別に悪くないと思います。そもそも携帯電話という呼び名が正しくない。「携帯コンピューター」とでも言った方がふさわしんじゃないかと。コンピューターなんか子供に持たすのもどうかなって気持ち分からんでもないですが。しかし、規制については校則ぐらいで十分ですよ。ガキに規制かけるんなら老人にもそうしてもらいたいです。実際振り込み詐欺に引っかかるお年寄り多いんだし。
Posted by 12434 at 2008年12月27日 15:36

昨年は衝突はしましたが、とりあえず御世話になりました。

ところで、私も言ったかさだかではありませんが、こまもりパパさんは相変わらず勘違いをしています。
イニシャルKかYさんもブログで語ってましたが、倖田來未の事は女性だったらとかいう問題じゃありません。
根本的な事は、どうしようもない感覚の違いだから仕方がないとしても、その勘違いはちょっと愉快ではありません。
女性としてではなく人として許せないのが共通意見ですので、そこだけは認識下さい。

あと、私がここで色々妙なのともめたせいでブログを持ってるKかYさんが同一呼ばわりされて粘着されてた件、解決したそうです。
コメントもトラックバックも無視してたら、相手にされない事に逆切れのひとつである「ろくに相手にされてなかったくせに粘着してた側から三行半」を黒屋ブログでしてて笑えました。

気に入らない主張の人間を善人(反対の意味で)だのカルトだの罵って人格否定さんざんしてるのが、人格否定されてるって被害者みたいな事まで言ってたしw
こういう人って本当に極論しないわないんですね。上のも滑稽ですし。
Posted by 匿名希望 at 2009年01月01日 19:41

あまり詳しくなくてよくわからんのですが、統一協会がカルト教団と呼ばれているのは事実のようですな。もっとも百年ぐらいたったらカルト扱いされなくなるかもしれませんが。ま、いいか悪いかは別として。
Posted by 12434 at 2009年01月01日 19:56

管理人さんにもう一度確認をとりたいのですが、このHPの「ごあいさつ」の所で、

>多くの親たちが現状を正しく認識し、子どもたちの将来のために良い環境を作っていけるように願っています。

と仰られてますよね。この「現状」とはご自身も含めた「体感治安」も含まれるという解釈でよろしいんですよね?

それについてだけお返事いただけると有難いです。
Posted by 神様仏様ドナ・サマー at 2009年01月02日 18:21

12434さん、本年もよろしくお願いします

インターネットは便利なものですから、安全に利用できる仕組みが早く作られることを願っています。そうしたら規制とか持たせないなんてことを考えなくて済むし、子供にとっても良いツールになると思います。
それには時間がかかりそうですけど。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月03日 00:39

匿名希望さん、本年もよろしくお願いします

倖田來未のことは率直に言って私の心情の限界を感じています。私の周囲でも(女性ですが)酷いとか冗談でも言えないという人は結構いました。
だから、そうなのかなって頭では思っても、心では芸能活動禁止にまでしなくてもという思いがあって。率直に言ってくださったので、私も考えるようになりました。
小さい頃に親に文句を言っていた自分が今では恥ずかしく思うように、自分も情が成長したら今の自分を恥ずかしく思う日が来るのだろうと思っています。

言われないと分かりませんので、これからも率直に言って頂けると嬉しいです。理解出来るまで時間がかかるかもしれませんけど。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月03日 00:50

神様仏様ドナ・サマーさん、本年もよろしくお願いします。

ごあいさつの「現状」で自身も含めた「体感治安」も含まれるという解釈でよいかというご質問について。

体感治安の意味を私が正しく理解しているかが心配ですが、統計情報に基づいた内容ではありませんから、体感治安という事になるのでしょう。

統計がまとまるとか、結果が表れるのを待っている時間は無いと考えていますので、予想も多く含まれています。

私が知りうる情報、私の周囲の状況、私の10数年のインターネット経験などから、私が判断しています。

知りうる情報は主に新聞ニュースです。子供の関係するニュースは関心を持って見ています。
私の周囲の状況は、子供の友達や学校のこと、中高生数十名の相談相手になっている妻からの情報などから把握しています。
インターネットの経験としては、私自身が多くのトラブルを起こしてきました。友達ともメーリングリストで喧嘩になったり、喧嘩をしているのを多く見ましたし、犯罪も多くあることを知っています。
元はネットワーク技術者だし、ファイアーウォール設計の仕事をしていたこともありますから、インターネット関連プロトコルの問題点や犯罪例など技術者としてもある程度理解しているつもりです。

そういった事から、危険性を私なりに判断しているものです。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月03日 01:15

> テレクラなどは昔からありましたけど、今ほど多くの少女が手を出していたわけではありません。「ビニ本」とかのエロ本は昔からありましたが、今のアダルトサイトのように多くの少女がAVモデルになることは無かったのでしょ。

ええ、ですから、昔と今とで危険に足を踏み入れてしまう頻度は具体的にどう変わったのか、という議論ならアリだ、と申し上げております。
だのに「増えたのか減ったのか、増えたならどのくらい増えたのか」という部分に対する言及がなく(資料が少ないせいもありましょうけど)、いきなり「増えた、そしてそれはケータイやwebのせいだ」と仰るから、アレッ?となってしまうのです。

>自分の娘、息子を、犯罪の多い環境に置きたいのか、置きたくないのか。

私が言っているのは「そもそも今の日本は犯罪が多い環境なのか?」ということですけどね。犯罪が増えるのは嫌ですが、携帯電話の普及がどれほどの犯罪を招くのかと言う点に関しては首を傾げますし、それこそ統一教会なんかを野放しにしておくほうがよほどまずいんじゃないのかというくらいに思っています。
多い少ないではなく「犯罪の存在する社会」というなら、置かざるを得ないと考えます。
子どものことというなら、むやみやたらと遊びの道具を取り上げる事だって充分に問題だと思いますけどね。
小学生時代の私のように、外で遊ぶ事でかえって自分の体力・運動神経のなさに劣等感を感じる子だって普通にいるはずですし。

>そう考えたら「昔から悪い環境はあった」などと他人事のようなことは言えないと思います。

それも一方的な言い分ですね。
私からしてみれば、むしろ大人の思いつき・妄想のせいで子ども(そして国民全体)が無駄な不自由を味わわなきゃならない、バカみたいな社会のほうが、自分の子どもを住まわせたくはないです。

>親が子供に積極的に持たせたいと思う場合は、連絡や防犯のためです。ゲームや着メロで時間を潰すためにお金を出しているわけではありません。

大半の親はそうでしょうね。ではそうでない親は?
という視点がすっかり抜け落ちてますよね。それこそ、私が言っているように各家庭の裁量に任せればいい。
ゲームで時間を潰すのがダメなら、ゲーム機だって買わなければいい。でもそれは、メーカーに「ゲームなんか作るな」と申し立てることを正当化しませんよね?

体感といっても、こと治安や青少年問題に関する話題では実態と体感に大きな開きがあることは既に判明しております(浜井浩一、芹沢一也『犯罪不安社会』あたりが詳しいかと)。
ですから、体感をあてにした議論は間違っている可能性が高い。
援助交際などに関する実態については、継続的なデータを知りませんので正しい事は言えませんが、誤った体感に基づく議論(例えば「キレる17歳」みたいなもの)が誤った体感を拡大再生産し、不要な規制を生んでいる部分が今は多分にあると考えます。

匿名やなりすましの件を持ち出す意図はよく分かりません。まさか、匿名じゃなければ子どもは他人の悪口なんて言わないだろう、なんて思ってるんですか?


以下駄文

>自分に関係がなければ、自分が楽しければ、他人がどんな目に遭っていようが知ったことじゃないという考えの規制一切反対派

「自分さえ安心できれば(決して「社会が安全になれば」ではない)、他人がどれだけの不便を背負っても知ったことじゃないという考えの規制全肯定派」と言い換えればそのまんま貴方の事を指す無意味な言い分ですね。

>ろくに相手にされてなかったくせに粘着してた側から三行半

また「自分たちの粘着はいい粘着、相手の粘着は悪い粘着」ですか。
あなた方もまた私のコメントやブログをネタに記事書いたりコメントしていた事実は棚上げって、物凄いツラの皮の厚さですね。

>ところで、私も言ったかさだかではありませんが、こまもりパパさんは相変わらず勘違いをしています。

粘着キモーイ(棒読み)
こまもりパパさんも、「自分はこう思う」という信念があるなら、あまり寛大(?)になりすぎずに倖田來未を擁護し続ければいいと思います まる
Posted by 黒屋ぶるー at 2009年01月03日 03:47

何かあったら、また意見してしまうかと思いますが、倖田の件についてはもういいですよ。
感覚が食い違っているというだけで、倖田は何も悪くないなんていう異常な事を言うのが多くて腹が立つあまり、ちょっとやつ当たりに近い感じだったかもしれませんので。

あ、ご存じか分からないのでちょっと記事の一部を持ってきちゃいますが、KかYさんは、こまもりパパさんに対しては、もう反発というか憤りは感じてないようですよ。
私も同様です。
こっちには、かまってもらえるので調子に乗ってまだ気持ち悪い嫌がらせコメントがされてるみたいですが、子供をとりまく有害環境を無くすために活動するところって残念ながら少ないので頑張ってほしいです。
では。

「親に養ってもらいながら大した意味もなく大学入って、ろくに勉強もせず、ほぼ一日中パソコン画面睨んでるか、漫画読んでるか、ホモ臭強いアニメ観てるか、ゲームしてるか、フィギュアでも眺めあるいは作ってるんだかしらないような、キモヲタクの歳が若いくらいしか能のないらしき人間の分際で、よくもまあ的外れで醜い逆上粘着を、しかも偉そうな態度でしてくれたものです。
言う事全てがド屁理屈ド詭弁で気色悪いというものです。
私のところは勿論の事、よそのブログにもテロ粘着は止めなさい見苦しい。」

こまもりパパさんは全て否定などしません。
徹底的に意見が合わず否定するところもあるけれど、理解出来るところはきちんと理解出来るし、敬意を抱けるところだってあるからです。
でも、黒屋ぶるーは全て完全に否定します。
理解なんて出来るはずもなく、軽蔑さえしていますから。
Posted by 匿名希望 at 2009年01月03日 14:31

ま、口が悪いのはお互い様、けど俺は別に匿名さんを非難する気はないっすよ。「表現規制問題」に限らず、ブログで議論すること自体はいいことですし。意見ならば賛成でも反対でもあるのが普通ですよ。
Posted by 12434 at 2009年01月03日 21:37

黒屋ぶるーさん、こんにちは

インターネットやケータイが子供に悪影響を与えているかの統計情報が得られるのは何年も先になると思います。今の子どもたちが親になった頃に大きな問題が出るかもしれません。

ですから、影響があると思うからすぐに対策が必要と考える人と、影響が無いかもしれないから対策は不要と考える人のどちらも体感でしょう。体感を否定する人はこの件に関して、何の行動も起こせないはず。
もちろん、行動を起こすことが必ずしも善とは限りませんけど。

ですから体感を否定する人は、私の活動を反対することすら出来ないはずです。反対することが正しくないかもしれないからです。賛成も反対も出来ないのではないでしょうか。違いますか?
Posted by こまもりパパ at 2009年01月08日 00:33

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24174114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック