2008年11月28日

保護者向けの教材が出たが‥‥これも企業の味方か

「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」が保護者向けに子どものネット利用に関する教育用教材を作って公開しています。
http://www.child-safenet.jp/material/index.html

ヤフーとネットスターが事務局を運営しているらしいです。
早速見てみましたが、問題ありです。

中高生向けと書かれているが、中学生の親向けじゃないと言いたい。

ネット系の企業が入っているからでしょうか、ケータイ会社と同じことを言っています。

中学生には「携帯電話を持たない」 「ウェブ機能を契約しない」という選択肢が残っていますが、そのことには一切触れようとしないで、フィルタリングの話だけをしています。

小学生の保有率は20%台で、中1でも40%程度。親が知らないから入学祝いに買ってしまう場合が多いでしょう。
60%以上も保有している高校生には、今更持たないという選択肢は考えることが難しいですが、中学生までなら、これからの中学生にケータイが必要かどうかを考え直すことが出来ます。
 しかし、企業も、この団体も、そのことには触れず、持たせるのが当然のような資料を作成して、フィルタリングだけ教えています。このまま自然増を待っているのでしょうか。

様々なアンケート結果を見ても、保護者の多くは、中学生までの子供に「ネット機能付きケータイ」を持たせたくないと思っています。友達が持っているから仕方なく持たせている場合が殆どだといいます。連絡のためなら電話機能(&メールまで)だけあれば十分と思っているのです。

中学生の子に対して「他の子が持たなくてもうちの子にはケータイを持たせたい」という親は少数だと思います。

そういう点で、中学生の保護者のためにはなっていないと思います。
良い活動をしているのですが、残念です。
中高生ではなく、高校生の保護者向けというのなら良いですけどね。

この資料や講座を受けた親が、フィルタリングすれば大丈夫と思って、中学生の子供に安心してケータイを持たせるようなことがあったら逆効果。

もしそうなったら、この団体の活動は、「中学生の家庭にはよくない活動だった」という結果にもなってしまいます。
企業の利益に影響されずに、多くの父母が願っている方向に進める努力をしていただきたいものです。
posted by こまもりパパ at 13:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | こまもり情報
この記事へのコメント
携帯電話なんて無くても、授業を受けるのには問題ないでしょう?
むしろ邪魔になるだけでは?

誰々が電話を持っているから、自分も持ってないと仲間はずれになるとか何かといじめの材料に使われるだけですから

今回の携帯禁止という動きは喜ぶべきでしょう
一律で持たないことにすれば、携帯電話が原因のいじめは少なくとも無くなるはずですから

親御さんが懸念を抱いているのは、登下校の際の安全性かとは思いますが、携帯ではなくても子供達の安全を確保する手段を作り出せば良いだけで、携帯でなければならない理由はありません

まずは地域ぐるみで子供達を守るようにすれば良いと思います
子供を狙った犯罪が続いたとき各所で登下校時にいろんな取り組みをしていましたが、今現時点ではどうなっているんでしょうか?
喉元過ぎれば何とやらで、続いてないところもあります?

これが続いていれば携帯が無くてもかなり安全性は確保されると思うんですけども、止めてしまうのはもったいないことです
いろんなご近所の人たちが声を掛け合うことで、かなり変わりそうなものなので、近所づきあいというものを復活させたりしていけば良いと思うんです

だから、さっきの労働問題ではありませんが、残業している暇なんて無いんですよ、早く家に帰って近所の様子に目を配ることで近所の治安が良くなるんですからね

核家族化、労働時間の長時間化とか日本の社会システムが悪化していったことで子供の安全が悪くなっていったようなものですから(決めつけ過ぎかな)、戻せる部分は戻していって、良くしていきたいですね

↑ブログタイトル「携帯電話なんていらないでしょ?」にあった文章です。
この人も多分お父さんだと思うので、参考にならないかな?と思って、ちょっとお節介にも提供させていただきました。
Posted by 匿名希望 at 2008年12月07日 17:08

まずは地域ぐるみで子供達を守るって観点、重要ですね。私も学校や保護者との連携の大切さを強く感じるようになりました。

それから、核家族化は少子化にも影響していますね。乳幼児期の子育てはお母さん一人では辛いですから、3人くらい育てられる経済力があっても、1人か2人くらいになる家庭が多いでしょう。

余った経済力で子供に投資する家庭が増えて、そのうち子供にお金をかけるのは当然のような世の中になりつつあります。塾、習い事、ゲーム機、ゲームソフト、ケータイ…。

欲しいものは何でも手に入る環境で育った子供が、今の世界の状況を理解できるのだろうか。

日本も若い労働力を確保するために外国人を多く受け入れる必要があると言うのに、貧しい国の人たちの気持ちを理解し、共生できるのかを考えると心配になります。人種差別やいじめにならないかと。

それから「携帯電話なんていらないでしょ?」のURLが消えてしまったのでしょうか。URL禁止には成っていないと思いますので、すいませんがもう一度教えてください。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月08日 10:32

http://sunrisesunset2.blog53.fc2.com/blog-entry-2444.html

上記が「携帯電話なんていらないでしょ?」のアドレスです。
ブログタイトル「見たこと聞いたこと(予備)」の記事です。

ホームページアドレスにそれを入力するのは自分がホームページかブログを持っている場合で、人のアドレスを入れるのは違うというか、してはいけない行為なので本文中に入れたら受け付けられなかったんですよ、前回は。
Posted by 匿名希望 at 2008年12月09日 13:53

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23513308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック