2008年11月19日

犯罪の扉00: はじめに

これから、子供向けのケータイサービス毎に起こりうる犯罪を、思いつくまま順不同で投稿します。

子供に関するケータイの事件は多数起きていますが、死者は決して多くはありません。「だから騒ぐ必要ない」という意見をお持ちの方もいらっしゃいます。
 でも、私は、これから事件が増え、多くの子供たちが巻き込まれることを心配しています。今は死者は少ないけれども、いじめなどの報道されない被害者は決して少なくありません。それに、インターネットの怖さを知っている方の多くは、このまま放置すればますます被害者は増える可能性が高いという感覚をお持ちだと思います。

 たとえば、日本の子供で麻薬を持つのは不良少年のなかの極一部だと思っていた方が多いのではないでしょうか。しかし、インターネットの力によって、誰でも簡単に大麻を手に入れることが出来る時代になり、大学生の中にかなりの勢いで蔓延しつつあるといいます。

 子供がケータイを持つのが当たり前のようになっている国は日本だけです。子供のパケット代で成り立っている電話会社も日本だけです。

このような世界でも特異な事情を持った国ですので、政府や役所の方針待ちでは手当が遅れてしまうと思います。
 私たちが取り組んで、私たちが子供たちの将来のために何をすべきかを考えるべきだと思っています。

これから、いろんなサービスについて、何が危険なのかを書いていきますので、各家庭の判断で、うちの子は心配ないとか、安心できないとかの判断をしていただければと思います。

この画面の右側の「カテゴリ」から「犯罪の扉」を開いていただけば通してみられるようにします。

最終的にはこまもり.comの方で整理して書きたいのですが、自分の頭を整理するためにもまずここに書きます。

(追記)
この「犯罪の扉」シリーズについては、草稿としての使い方でもありますので、書き換え、追記を頻繁にするかもしれません。
posted by こまもりパパ at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23076612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック