2008年11月04日

堺市図書館に大量の同性愛小説

有害図書撲滅ブログさんの情報です

http://plaza.rakuten.co.jp/yuugaitosyo/diary/200810290000/

 大阪の堺市図書館に、過激なイラストもある同性愛小説が5500冊も開架されて、それらの購入に要した費用は360万円以上だそうです。
 少女向けに男性の同性愛を描いた本を「BL(ボーイズラブ)本」というらしいです。

 購入した担当者は「ジェンダーフリーも文化と受け止め、購入してきた」と言っているらしい。ここ2、3年は購入しないようにしているそうです。
 開架はせずに要望があったときに貸し出しをしていたが、頻繁な貸し出しで、書庫に収めず、開架の本棚に並ぶなどルーズな状態にあったところ、市民から苦情があったという。

 さすがに、市民の抗議により開架しないことを徹底するようですが、置き続けることは変わりないようです。

 公共の図書館にエロ本が置かれていて、そのために多額の費用が使われているのはショックな話です。
 ひとつの図書館でエロ本購入に360万円もの税金が使われていたということが発覚しましたが、全国ではどれほどの額になるのでしょうか。もったいないし、エロ本の売り上げに公共図書館が貢献しているというのもどうかと思います。

私は「ジェンダーフリーの価値観が多くなったら世界が滅びる」と思っています。なぜなら、家庭、家族が基本単位だと考えないからです。個人の自由や権利を最重要にしている、だから良くない価値観だと思っています。
posted by こまもりパパ at 10:25 | Comment(53) | TrackBack(2) | こまもり情報
この記事へのコメント
ええと…何とコメントするのが最適か…。

同意というか、そうじゃないというか…うまく言えませんがジェンダーフリーがどうこうでなくても充分すぎるほど世の中滅茶苦茶だと思っています。
少しでも規制関連の記事を書くと必ず尋常じゃない反論で粘着してくる者の多さでも分かるでしょう。

BL本に関しては、ここには、そういう趣味の腐女子と呼ばれる閲覧者はいないみたい(?)ですけど、そういう趣味かと思われる男性はいるようなので、ちょっと注意は必要かな?

全国初の防犯自販機が二度も破壊され、「監視社会」「監視反対」と落書きがされた事件をご存じでしょうか?
どうしてこういう、くだらない幼稚な反抗心の人間が多いのか心底情けないです。

こんな犯罪を起こす者は論外ですが、でも、規制される事に反対する人間は“そういう人間”である事に間違いはないと確信しています。
というか、確信せざるをえないですから。

少しでも環境をよくしようとする活動を、「ダメだと言われると反抗したくなるじゃん」みたいな幼稚で自己中な精神で妨害する輩は消えてほしいです。
別に自室やトイレや更衣室に監視カメラが設置されてるワケじゃなし、犯罪行為をしてまで反対する常軌を逸した精神の人間はいらないですね。
そもそも、どうして、そんなものが出現する事になったのか(答え:そういう異常な人間が多いから)考えが及ぶ脳も無いのかもしれません。

長文となり申し訳ありませんでしたが、いくら文化のひとつ(そんなエロ本など文化とは断じて認めたくありませんが)とはいえ、図書館で扱うのは止めてほしかったですね。

>エロ本の売り上げに公共図書館が貢献しているというのもどうかと思います。
これ重要ですし。
Posted by 匿名希望 at 2008年11月05日 00:25

そうですか。僕はそんなつもりは全くないんですが、もし、こまもりパパさんもそう思うなら今後その手の書き込みは一切しません。また、こまもりパパさんが匿名希望さんに同意しているのなら、私の表現規制反対に関するコメントは全て削除してください。
Posted by 12434 at 2008年11月05日 16:21

匿名希望さんこんにちは

「腐女子」って言うんですね。勉強になります。
防犯自販機が二度も破壊されたニュースは見ましたが全くどうしょうもないね。たぶん、普段から何か不満が鬱積していて、ちょっとしたことが引き金になって行動に出るんでしょうね。

極端な自己中の人は、誰も信じることが出来ないとか、誰も助けてくれないとか、そんな寂しい思いを持っている人が多いのかなと思っています。自分自身、精神的に余裕が無くなると自己中になっていくのを感じますから。

図書館については、機会があれば近くの図書館で確認してみようと思います。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月05日 21:36

12434さん、こんにちは

ご安心ください。私は12434さんのことを変な人とは全く思っていませんから。
親孝行の思いを持ちながら一生懸命に正直に生きているって感じています。

私とは違う立場で違う視点で物事を見ているので、意見が違うことは多いですけど、率直に話をしてくれていますから、いろいろと参考になります。私の知らない世界を教えてもらっているし、ありがたい存在ですよ。

ありがたいと言えば、うちの奥様も同様、育った家庭環境も性格もかなり違うので、お互い理解に苦しむことが多いけど、少しずつ理解できるようになるに従って、自分が良い方向に変わっていくのを感じます。
 例えば、私は苦労している親の姿ばかり見て育ったせいか親に遠慮してばかりで甘えることが出来ませんでした。
 でも嫁さんが私の両親に甘える姿を見ながら、これが親子なんだと気づいて、私も親に甘えることが出来るようになって、私と両親との仲がずいぶん深まりました。

そんなわけで、性格の違う人の発想を理解しようとするのは、損なことではないと思っています。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月05日 22:05

>ご安心ください。私は12434さんのことを変な人とは全く思っていませんから。
親孝行の思いを持ちながら一生懸命に正直に生きているって感じています。

恐縮です。しかし、ジェンダー・フリーとか性文化だとかの問題は、拡張が高すぎるので私はまだ意見は言えません。

現時点でいえるのは、「男女での性表現は駄目で同性愛のほうは良いと言うのはアンフェアであり、だから大阪の堺市図書館はおかしいのではないか?」と言う意見もあるはずで、まあ一理あるかと。
Posted by 12434 at 2008年11月06日 17:56

>「男女での性表現は駄目で同性愛のほうは良いと言うのはアンフェアであり、だから大阪の堺市図書館はおかしいのではないか?」と言う意見もあるはずで、まあ一理あるかと。

たしかにそういう観点で考えた方が良いですね。
ジェンダーフリーが正しいか間違っているかの決着を付けるのは難しそうなので。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月07日 12:34

>どうしてこういう、くだらない幼稚な反抗心の人間が多いのか心底情けないです。

二条河原落書しかり、落書きと言うものは世相を皮肉る意味がありますからね。まったく伝統にかなった行為であると思います。(器物損壊の是非は別として)

監視カメラで社会が良くなる?ご冗談を。
歌舞伎町やそこらならまだしも、一般の日本の治安レベルを考えれば、およそ監視の目を厳しくする必要性がありません。(そうではない、監視の強化は必要だと仰るならば、根拠の提示をお願いします。)
というか、むしろ税金の無駄遣いという社会にとっての害悪を招いているんですがね。
貧困ゆえの犯罪だって世の中には少なくないんですから。

犯人が何を思ったかは私の知るところではありませんが、人様を幼稚、自己中と言う割には随分と思慮浅い見解をお持ちですね。
Posted by 黒屋ぶるー at 2008年11月08日 16:21

ちょっとすみません。
くろやとかいう人には気持ちが悪すぎて極力かかわりたくありませんので(そもそも話す価値なし人種でしかありえないと思っていますので)、こまもりパパなんにお願いします。

別に、私の上記意見は彼の事を云ったワケではないし、そんな事一言も云ってもないのですが、どうやら何かが、ものすごく気に障ったみたいで、見事に汚く反応されて、とても不愉快です。

是非、上記の反社会的で犯罪思考の強い、異常で、しかも侮辱的な書き込みを、管理者の主観で削除なりしていただきたく思うのですが無理でしょうか?

この人の意見は、何から何までテロ的で、不気味で、平和で建設的な議論はさせまいとするだけの、話す価値は微塵もない罵詈雑言でしかないと思います。

不愉快です。
私も、彼女や有害さんのように断固とした主張のブログを作って、コメント認証制にしたり、そもそも、こういう輩は書き込みさえ出来なくすればいいのでしょうか?
そこのところ、少し意見うかがいたいです。
Posted by 匿名希望 at 2008年11月09日 18:09

私のお願いと、問いかけの書き込みが削除された件ですが、何か間違って判断されての事故なのか、管理者の(偏った)主観で削除されたのか分かりませんが、後者だったら失望です。
情けなさすぎて悲しいです。

後で来て、これも消えていたら、暗に拒否されたと判断させていただき、ここはお気に入りから捨てます。

そして、だとしたら意見も無意味だし、不愉快なので、私のコメントは全て消すなりご自由にして下さい。
Posted by 匿名希望 at 2008年11月09日 18:32

ほう、では僕に対してはどう思っていらっしゃるのかできれば教えてもらいたいです。
Posted by 12434 at 2008年11月10日 01:37

書き込むのは2回目になるかと思います。

>匿名希望さん

ご自分のレスを良く読んでいただきたいんですが。
黒屋ぶるー氏の人格を恣意的に決め付けて、尚且つ意見交換の場から去らせようとしている事はおわかりですか?

「話す価値なし」と連呼されていますが、それが主観の域を出ないことは認識されてますか?
客観性のある書き方をしない限り、他の人には
理解されないと思います。

他人の意見が気に入らないなんて事は生きていればいくらでもある事でしょう。
ただ「不愉快」だから「出て行って欲しい」と
管理人さんにお願いするなんて事ははっきり言いますが子供じみて見苦しいです。
議論以前の問題かと。
Posted by 神様仏様ドナ・サマー at 2008年11月10日 14:00

匿名希望さん

削除はしていませんので何かの事故だと思います。投稿の禁止単語リストを確認してみましたが、出会い系サイトの広告で何度も来たものだけですから、たぶんそれが原因では無さそうです。

それから、反対意見が多くなってきたときに、私を気遣ってくださって感謝しています。

黒屋ぶるーさんのことなどですけど、言葉遣いというか表現が紳士的じゃないことが多いですよね。
 でも、児童ポルノ単純所持で冤罪の問題など、私が無知なだけかも知れませんけど、口の悪さだけ目をつぶれば(笑)、考えさせられる問題提起が多いのでありがたく思っています。

言葉遣いって難しいですね。だから、子供はなおさらエスカレートしてイジメに発展しやすいのでだと思います。

ということで、匿名希望さんの書き込みも黒屋ぶるーさんの書き込みも、消すほどではないし、まだ認証制にしなくても維持できるだろうと思っています。

以前にも書いたと思いますけど、認証制にしていないのは、「管理人をこんなに批判したら公開されないだろうな」ってブレーキがかかって本音の議論がされなくなるのを避けたいからです。

押し売りされたケンカは買わないで、無視するなりしていただけると助かります。
匿名希望さんの書き込みは、私の考えに近い部分が多く、私の気がつかなかった実例を使った説明など、参考になります。

できれば、汚いものは見ないようにしながら、応援や批判をしていただけることを願っています。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月10日 16:08

神様仏様ドナ・サマーさん
応援ありがとうございます

私がすぐに返事をしないものだから、代わりに書いてくださって助かります。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月10日 16:22

>別に、私の上記意見は彼の事を云ったワケではないし、そんな事一言も云ってもないのですが、どうやら何かが、ものすごく気に障ったみたいで、見事に汚く反応されて、とても不愉快です。

はあ。私は別に貴方が私を批判した事に怒っているのではなく、「監視カメラ設置は正義で、それに文句を言う人間は幼稚で自己中」という主張に対して「日本の治安レベルから言えば監視強化など不要、むしろ税金の無駄遣いで害悪」という批判をしているにすぎませんが何か?

これが間違っていると言うなら、監視強化が必要という根拠を提示してくださいと言っているじゃないですか。
それをせず、返す言葉は「異常」「侮辱」「罵詈雑言」ですか。
自分の暴言はきれいな暴言、相手の暴言は汚い暴言ってヤツですね。


>黒屋ぶるーさんのことなどですけど、言葉遣いというか表現が紳士的じゃないことが多いですよね。

まるで私だけが口が悪いようですが、特定の映画に対し、学術的根拠もなしに「有害だし日本の恥」と言ってみたり、あまつさえ犯罪被害者を愚弄する有害おじさんみたいな人に同意している貴方は、ご自分が人並みのモラルを弁えていると思っているのでしょうか。
貴方にしろ匿名さんにしろ、世間様に対してとても失礼な事を仰っているのですよ。
Posted by 黒屋ぶるー at 2008年11月11日 14:30

それは申し訳なかったです。私もかなり口が災いすることが多いです。
黒屋ぶるーさんだけが口が悪いんじゃないですよ。
匿名希望さんの書き込みについては神様仏様ドナ・サマーさんが書かれていたので、さらに追い打ちをかけるような書き込みは必要無いかと思って書かなかっただけです。

口が悪いのは私も同じ。言いたいこと言ってますし。

それから、「学術的根拠」を大切にする黒屋ぶるーさんと、自分なりですが「情関係」を基本に考えようとする私と、違う視点で捉えるのが良いじゃないですか。外国から日本を見ると良いと言われるように、視野が広がりそうで。

と勝手に思っています。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月11日 20:57

承知しました。
どうも私は、良識とか品とか配慮とか、そういった道徳的なところはいうまでもなく、著しく正常さに欠如した、尋常でなく汚い挑発や罵倒発言があると大人げないと思いつつ、反応してしまう性質なもので…。
けれど、これからは何とか頑張って、そういうのは無視しようと思います。(なにせ、こまもりパパさんのブログですしね)

という訳で、くろやさんは、この期におよんで、犯罪行為を非難する事に対してまで攻撃を加え、しかもそれを擁護し、「根拠の提出」とかいうような「ソース出せ系の全く話にならない異常で怖いだけの人でしかない」と“私は”“しっかり”判断しましたので、今後は完全無視にします。

あと12345さんも同じ人間でしかないと“私は”判断しましたので、あなたも無視します。
二人が某友だろうが自演だろうが無視する努力をしますので、人様のブログで話しかけても問いかけてもいないのに、もう絡んで来ないで下さいね。気持ち悪いですから。
あ、ドナドナさんも同様ですからあしからず。
(ちなみに大人げなくも、心からの軽蔑の意を込めて、わざとふざけたハンドルを間違えてますが何か?←個人的にこれが猛烈に気持ち悪いです)

とにもかくにも、ここはこまもりパパさんのブログですから、変なのに、いくら汚く煽られても反応してはいけなかったのですね。
今更ですが、すみませんでした。
最後に盛大に売られた何とかに反応させていただきました。
ほんと迷惑ですね。
失礼しました。では。
Posted by 匿名希望 at 2008年11月11日 23:15

>匿名希望さん

あなたの「人としての器」が全て出ている書き込みですね。馬脚をあらわすとはこの事です。

>ちなみに大人げなくも、心からの軽蔑の意を込めて、わざとふざけたハンドルを間違えてますが

このくだりは何がしたいのでしょうか?
「ふざけたハンドル」と捉えるのはあなたの勝手ですが、公序良俗に反しているとも思えませんが。
相手の名前を「故意に」間違える事の方がよほどマナー違反だと思いますよ。

もうコメントはなさらないと思いますが、賢明な判断だと思います。説得力ゼロですから。
Posted by 神様仏様ドナ・サマー at 2008年11月12日 10:11

匿名希望さん、こんにちは

私の勝手な方針に合わせてくださって恐縮です。
世の中いろんな人がいますからね。いちいち衝突していたら疲れちゃいますからね。時間も労力も勿体ないし。

学術的に捉えて「なぜそういう発想をするようになったのか」を知るのも良いかなと思っています。
風が吹くと桶屋が儲かるみたいで理解できないことも、ご本人の中では繋がっていて、詳しく聞いてみると新しい発見があるかも知れないし。

まあ、これからもコメントお願いします。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月12日 12:51

>犯罪行為を非難する事に対してまで攻撃を加え、しかもそれを擁護し

おいおい・・・
また私の話を碌に聞いていないのが明らかになりましたね。
私とて落書きと公共物の破壊については有り体に言わずとも犯罪である事を認識しているから
>(器物損壊の是非は別として)
という注釈をつけたんですが、無視ですか?

あなたは、ご自分が批判したのは犯罪行為についてのみだとでも思っているのでしょうか。

>でも、規制される事に反対する人間は“そういう人間”である事に間違いはないと確信しています。

>少しでも環境をよくしようとする活動を、「ダメだと言われると反抗したくなるじゃん」みたいな幼稚で自己中な精神で妨害する輩は消えてほしいです。
>別に自室やトイレや更衣室に監視カメラが設置されてるワケじゃなし、犯罪行為をしてまで反対する常軌を逸した精神の人間はいらないですね。
>そもそも、どうして、そんなものが出現する事になったのか(答え:そういう異常な人間が多いから)考えが及ぶ脳も無いのかもしれません。

これらの発言はなんだったのでしょうか。
どう見ても器物損壊そのものに対してではなく、監視される事に嫌悪感を抱く人を批判してますけど。
そして私が批判したのも上記の部分についてなんですがね。
これのどこが犯罪擁護?

>「根拠の提出」とかいうような「ソース出せ系の全く話にならない異常で怖いだけの人でしかない」

だから、監視強化が必要だというなら理由を挙げなさいと言っているだけですけど?
監視カメラ設置が世の中の為になるという確固たる信念をお持ちなら、このくらい簡単な事ですよね?

「一卵性他人」のイニシャルKかYさんに比べて、貴方は随分脇の甘い論理展開(にもなっていませんけど)をなさるのですね。

無視なさるのは結構なんですが、人の発言を碌に理解しようともしないで中途半端な反論をつけるのはお止めくださいね。
Posted by 黒屋ぶるー at 2008年11月12日 14:15

初めまして。
堺市立図書館と交渉した当人です。

>開架はせずに要望があったときに貸し出しをしてしていたが、頻繁な貸し出しで、書庫に収めず、開架の本棚に並ぶなどルーズな状態にあったところ、市民から苦情があったという。

え〜と、これははっきり申し上げまして、取材に応じた堺市立中央図書館のウソです。まあ、厳密には本当のこととも言えるのですが、事情は次のとおりです。BLを大量所蔵していたのは堺市内の中央・北・中・西・南図書館の計5つの図書館です。市内の図書館を統括するのが、中央図書館でたしかにこの図書館では書庫に入れていたのですが、残りの4つの図書館は400〜800冊にも及ぶBLを小説コーナーに開架していたのです。まあ、小説コーナーにおかれている本が何千冊か1万何千冊か、その程度でしょうけど、その場所に数百冊レベルのBLが開架されていたのですから、少なくとも20冊に1冊以上はBL、という感じで異様でしたよ。「(たまたま)開架の本棚に並ぶなどルーズな状態にあった」などというのは大ウソで、その図書館ごとに簡単な話し合いの上、開架する方針を採っていたわけです。数百冊の本を意図的・意識的に並べていたわけです。

 現在は上野千鶴子など、堺市外部の人たちが主となって、住民監査請求を提出して大変なことになっていますけどね。なお、私の書き込み後になぜか嫌がらせの書き込みがあることが多いのですが、御容赦くださいませ。
Posted by バーク at 2008年11月18日 21:28

>現時点でいえるのは、「男女での性表現は駄目で同性愛のほうは良いと言うのはアンフェアであり、だから大阪の堺市図書館はおかしいのではないか?」と言う意見もあるはずで、まあ一理あるかと。

おっしゃるとおりです。しかも女性向け男性同性愛だけは良いというのです。他の方の書き込みの引用です。

>5500冊の中にはポルノ・エロ本と呼ぶにあたらないものも含まれている。それは扱いが難しいから、完全にエロ本認定できるものを選んで話をしよう。
フランス書院というエロ本専業の出版社がある。
ここは男性向けのエロラノベレーベルとして美少女文庫、女性向けエロラノベレーベルとしてラピス文庫・プラチナ文庫を持っている。
では、堺市図書館の蔵書検索システムで各レーベルの蔵書数を検索してみよう。
 http://www.lib-sakai.jp/SKCLIB/servlet/search.inp_cond

 Lapis label:176件(1997-)

 プラチナ文庫:49件(2003-)

 美少女文庫:0件(2003-)

美少女文庫・プラチナ文庫が2003年設立なので女性向けの方が多いのは自然であるが、それにしてもこの差はひどい。明らかに、性別による権利侵害および差別的取り扱いである。(引用終り)

ちなみに今回、対象となった男性同性愛の小説はすべてではありません。性行為シーンのないソフトな内容の小説は対象外であり、今現在も購入され続けています。いわゆるライトノベルとかいう小説らしいですね。

Posted by バーク at 2008年11月18日 21:35

BLを大量所蔵する図書館を紹介しておきます。

BLがある図書館
堺市立図書館 大阪市立図書館 茨木図書館 枚方市立図書館 滋賀県立図書館 神戸市立図書館 京田辺市立図書館 宇治市中央図書館

目黒区立図書館 

北海道立図書館 旭川市図書館 山形市立図書館  石巻市図書館  多賀城市立図書館  宮城県図書館

遠野市立図書館

なぜか関西圏に集中している感がありますね。あと、信じられないことですが、BLは学校図書館にもあります。堺市の教育委員会に調査依頼を出していますが、「同性愛のことだからやりにくい」とか担当の課の人は言っていましたが。

Posted by バーク at 2008年11月18日 21:44

バークさん、こんにちは

情報提供ありがとうございます。

学校は調べる必要がありそうです。

同性愛者って極少数だし嫌っている人が大部分なのに、何が悪いかを明確に説明できないもので。答えは神様に「なぜ男と女を作ったの?」って尋ねてみるしかないのかなって感じ。

せめてエロ本だけは一掃してもらいたいし、出来れば処分してもらいたいものです。

勿体ないという声があるかも知れませんが、公共の図書館に置くこと自体が問題ありと思いますので。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月18日 22:32

こまもりパパ様。お返事、有り難うございます。

>同性愛者って極少数だし嫌っている人が大部分なのに、何が悪いかを明確に説明できないもので。答えは神様に「なぜ男と女を作ったの?」って尋ねてみるしかないのかなって感じ。

多くの方が感じている一般的な感情を、ごく少数の人たちの人権を振りかざすことによって木っ端微塵に砕いてやろうというのが、彼ら(彼女ら)の常套手段なのです。偏見というものは人類のこれまでの経験の中から生まれてきたもので、一概に悪いものとは言えないでしょう。

ただ、私などはごく少数の方を目の前にしては、ごく自然に普通に暖かく接しています。

ごく少数の同性愛者などのマイノリティーを真の意味で貶めているのは、その人たちを利用して自らの野望を達成しようとしている左派の連中でしょう。少数の方々を自らの道具として利用し、かえって少数の方々をさらし者にすることになっているのです。

さらに言えば、BLは男性同性愛を、腐女子と呼ばれる一部の愛好家が妄想して楽しむための娯楽のための本であって、決して同性愛者の理解につながるものではありません。男性同性愛をネタにした性的指向に関わる本であり、むしろ男性同性愛者の人権侵害とさえ言ってよいでしょう。人権派・左派のこれまでの主張からすれば、そのように主張すべきところでしょう。なぜ、そのように主張しないかというと、結局は「女性向けだから」ということに尽きるでしょう。「男性向け」の場合は「それは女性の性の商品化だ!」と非難しているはずですし。

>学校は調べる必要がありそうです。

ええ、たしかにその必要があります。ネットで見る限りは、相当学校現場にも入りこんでいることがうかがわれます。ただし、教育委員会は尻込みするとは思います。調査を嫌がるでしょう。

>勿体ないという声があるかも知れませんが、公共の図書館に置くこと自体が問題ありと思いますので。

おっしゃるとおり「公共の図書館におくこと自体が問題あり」なのです。図書館は行政上、教育機関という位置づけであり、したがって「青少年の健全教育」ということを常に念頭においておかなければなりません。それに限られた税金で運用しているのですから、どのような図書を購入するかは慎重に検討する必要もあるはずです。
堺市立図書館も私の抗議により「未成年には貸し出さない」との方針を打ち出し、市のHPにも掲載したのですが、先日方針を変更し、「未成年であっても貸し出す」こととしてしまいました。
結局、言い訳は以下のとおりです。
1.市民からのリクエストがあったから購入したのは当然。
2.府の有害指定図書を受けていないので問題はない。

と。まあ、あきれたもんです。





Posted by バーク at 2008年11月18日 23:44

どうでもい事かもしれませんが、少し誤解してたかもしれません。

BL本はいうまでもなくエロ本だし、有害図書と言っても言いすぎじゃないと思います。
でもバークさんのいうように、BL本は腐女子もしくはそれに近い趣味の女性が主に好む異常趣味本であって、実際のホモの人が好んで読む本じゃない(むしろ侮辱だと怒りかねない)という事です。

でも、だからといっても、BL本が有害図書で、そんなものを、よりによって図書館に置くなんてとんでもないという事に変わりはないのですけど。(それに、やっぱり同性愛は、どうやっても理解したくありません…すごく嫌ですね)
Posted by 匿名希望 at 2008年11月21日 00:18

このブログは、まえからときどき読ませていただいているのですが、
書き込むのは初めてです。

いま、一般的にいわれている有害図書というのは、僕にはほとんど規制推進派の
妄想としか思えません。
たしかにポルノの要素の強い本を図書館に置くことについては、
いろいろな意見があると思います。
しかし ”青少年に有害”などというのは、メディアの影響を
過大に見積もり過ぎで、現実的でないでしょう。


それから、11月18日のパークさんのBLは
>むしろ男性同性愛者の人権侵害とさえ言ってよいでしょう。
という書き込みはちょっとよくわかりません。

僕自身は、少年愛者的傾向の強いセクシャルマイノリティーですが、
BLが人権侵害だとは、まったく感じません。

BLが
>腐女子と呼ばれる一部の愛好家が妄想して楽しむための娯楽のための
本であって、決して同性愛者の理解につながるものではありません。
というパークさんの指摘は、そのとうりとおもいますが、
だからといってBLが人権侵害などと、本気で思う同性愛者がいるとしたら、
その人はちょっと被害妄想的ではないでしょうか。
Posted by AOMURASAKI at 2008年11月22日 21:54

>だからといってBLが人権侵害などと、本気で思う同性愛者がいるとしたら、
その人はちょっと被害妄想的ではないでしょうか

 ところが、どっこい、「BLを図書館から排除するのは、性的指向による差別につながるのだ!」と主張して、岐阜県や福井県から堺市に監査請求を出したフェミが現実にいるんですよね(笑)。

 
Posted by 妄想屋 at 2008年12月11日 01:20

 そういえば、BL擁護の人たちは今回の件をもって「表現の自由の侵害だ」「検閲だ」「知る権利の侵害だ」などと騒いでいますよね。これこそ被害妄想的というより被害妄想そのものです。なんせBLそのものに対する否定でもなく、また書店では相変わらずBLは販売されているわけですし、BLの出版も禁止されたわけではないのですから。
Posted by 妄想屋 at 2008年12月11日 01:37

BLとか同性愛とかについてはどうも理解できません。ただし、なぜ同性愛を好むようになったのかについては興味がありますけど。

同性愛者はどちらかの親に対して尊敬とか感謝の念が薄い場合が多いと聞いたことがあります。また、異性から受けた心の傷が深かったり、複雑な家庭環境の人も多いと聞きます。

果たして、夫婦が信頼し合い、親子が理解し合う家庭で育ち、異性から大きな心の傷を受けることなく育った場合でも、子供が同性愛を指向するようになるのでしょうか。

そのように育った場合、両親の姿を見ながら、自分も同じような家庭を作りたいと願うものだと思っていますし、自然に異性に心を惹かれると思います。

もしその仮説が正しければ、理想的な幸福な社会では同性愛は存在しないということになります。

つまり、同性愛を指向する人は、両親のようには絶対に成りたくないとか、異性は怖いとか大嫌いとか、そのような心の傷をうけてしまった結果生じてしまったと考えられます。

あくまでも仮説が正しければの話ですが…。

もしかしたら、両親が同性愛者で、その両親を尊敬して自分も同じようになりたいと思ったとか?
でも両親が同性愛者だったら、自分は生まれて来ていないから、そんな例は無いでしょうね。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月11日 23:15

ま、BLは現実の同性愛を描いたものではないんですよね。あくまでも一部の女性愛好者が妄想の世界において、男性同性愛を多分にエロ目的で楽しむ娯楽のための本です。だからBL愛好者のほとんどは、現実の男性同性愛にまったく興味がないどころか、その多くは現実のホモを嫌悪していたりするくらいです。
Posted by 真理 at 2008年12月12日 13:45

図書館にBL本を置くかどうかという話が、「表現の自由の侵害」「検閲」になるとは
たしかに思えません。しかしこの問題に関する意見のなかにBLを有害図書に指定するべき
という意見も出ています。

前のコメントにも書きましたが、僕は有害図書という概念自体が妄想、虚構だと思っています。
規制推進派は、自分たちで作った張子の虎に、自分たちで勝手に怖がっているとう感じです。

とくにBL本の場合は、中学生か高校生のころに同人活動として創作をはじめた作家が多いと
思いますから、18禁に、などという意見は無意味です。

>BLを図書館から排除するのは、性的指向による差別につながるのだ!」と主張して、岐阜県や福井県から堺市に監査請求を出したフェミが現実にいるんですよね(笑)。

フェミニストといっても、いろいろな意見の人がいるみたいで、”性的搾取につながるから
ポルノは全部禁止”というようなヒステリックな意見ばかりではないのですね。
Posted by AOMURASAKI at 2008年12月14日 23:03

真理さんこんにちは

私にはどうも理解するのが難しいです。

現実社会のホモを嫌悪しながら、なぜ仮想世界のホモを好むのか不思議です。他にマンガなんて山ほどあるのに。

結婚願望は人一倍強いのに結婚しない人と同じようなものでしょうか。
それとも、男性のエロマンガを見たいけど女性には登場して欲しくないのか。

どちらにしても、たぶんホモの全てを嫌っているのでは無いのでしょうね。ホモに対する憧れのようなものが少しはあるのでしょうかね。ホモの好きな部分と嫌いな部分があるとしか思えません。嫌悪感だけならマンガでも抵抗あるでしょうから。

でなければ、精神的におかしいということになりそう。(二重の人格)

あぁむずかしい。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月18日 21:53

AOMURASAKIさん、こんにちは

有害か有害でないかという話になると、何が害なのかという基準の違いが大きいので、そのことは置いておきますが、小説やテレビなどが影響を与えることは誰もが経験で知るところだと思います。

お坊さんが煩悩を克服しようと山奥に入って修行を積んだところ煩悩を克服できたため下界に下りてきたら、若い女性のミニスカートを見た瞬間にムラムラっときたという話があります。

こないだ現行犯逮捕された人も、女子高生のミニスカートを見ているうちに中を覗きたくなってしまったと言っていますし。

視覚などの刺激は少なからず精神に影響を与えるものですから、マンガや小説を見ることでの影響は否定できないでしょう。

だから、あとはその影響を害と考えるか害ではないと考えるかの違いだけでしょうね。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月18日 22:09

こまもりパパさん、レスありがとうございます。

女子高生のミニスカートを見ているうちに中を覗きたくなることと、本当に覗いてしまうことは、
かなり違うことです。
ミニスカートの女性を見てむらむらっとくる男性はかなりいると思います。
その点では、視覚情報などの刺激は人の精神にたいして影響力があります。
ですが、むらむらっときたからといって、本当に女性を襲ってしまう人は、ごく少数でしょう。

つまり、ミニスカート(視覚情報)が問題なのではなく、女性を襲った人(個人)になんらかの
問題があると考えるのが妥当で、ミニスカートが有害だなどと考えるのは、明らかに
おかしいでしょう。

ところが、今の有害情報、有害図書を規制しろという議論は、多くの人がむらむらっとくるだけ
程度の、実際にはとても有害などと言えないものを、有害情報として規制しろと言っている
と思います。
これではミニスカートは有害だ、取り締まれと言っているのと同じです。

こまもりパパさんは
>視覚などの刺激は少なからず、精神に影響を与えるものですから、マンガや小説を見ることでの
影響は否定できないでしょう。

とおっしゃるのでしたら、悪影響ばかりでなく、良い影響のことも考えていただきたいです。

マンガ・アニメや小説は、暴力的、性的描写を含むものであっても、たいていは
エンタテイメントとして作られていますから、心を楽しませてくれるもの、豊かにしてくれる
ものという側面も必ず有ると思います。

あと、「強力効果論」「表現規制 ニセ科学」あたりをキイワードに検索してみると、
いろいろわかるのではないでしょうか。
Posted by AOMURASAKI at 2008年12月20日 22:57

>前のコメントにも書きましたが、僕は有害図書という概念自体が妄想、虚構だと思っています。
>フェミニストといっても、いろいろな意見の人がいるみたいで、”性的搾取につながるから
ポルノは全部禁止”というようなヒステリックな意見ばかりではないのですね。

そりゃ、そうですよ。フェミの考えは「男=悪」で、男が楽しむポルノは悪、男が女性の肉体を妄想のタネとするのは、女性が性的に搾取されていることとなる、と考えるからです。
ところが、女性が性を楽しむことに関しては積極的に支持する。女性が性的に搾取されていることにならないからです。まして女性が「男対男」の性愛を楽しむのならば、女性は性的妄想の対象外となるのですから、これをフェミが否定するはずがありません。
むしろ、このような「男同士の痴態」を男達に見せつけて鬱憤を晴らすのはフェミの望むところです。
「ポルノは全部禁止しろ!」などとフェミは考えていませんよ。禁止しろと言っているのはあくまでも男性向けポルノです。なぜならば女性が性的搾取の対象となっている!とするからです。
Posted by アンチフェミ at 2008年12月20日 23:51

AOMURASAKIさん、こんにちは

むらむらっときたからといって、本当に女性を襲ってしまう人は、昔からごく少数であるのは確かでしょう。しかし、その少数犯す犯罪が無視できないほどあるわけですから、更にもっと少数にする手立てが必要と思います。だから刺激を与えるものを増やすべきではないと思っています。

わたしはミニスカートも度が過ぎれば有害とおもっています。見せる下着もやめさせたい。最近の女子高生の短いのもやめさせたいと思っています。本人たちも流行に合わせているだけで、好んで短くしている子は多くないそうですし。エロおやじが率いるメディアが、短いスカートをオシャレであると煽動している様にも見えます。

自分の娘が制服のスカートをマイクロミニにすることを望んでいない母親が大多数だという調査結果が以前にありました。今も変わっていないと思います。

有害か無害かの線引きは個人差がありますので、エロ本を有害じゃないという考えもあるでしょう。裸になろうが何をしようが他人事だから構わないという無責任な人もいますが、中には自分の娘の裸を見たがっている親とか、娘をAV女優にしたがっている親もいますね。

少数ですが、「硫化水素の作り方」や「具体的な自殺の方法」を公開するのが世のためだと思っている人もいる程ですから様々な考えがあっても仕方ないですね。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月22日 06:10

アンチフェミさんこんにちは

昔から女性が性的搾取で被害を受けてきたのは事実で、それは絶対に改善される必要がありますね。

 ただ私が問題に思っているのは、多くのフェミニストたちは「過去の復讐心」というか親の敵みたいに活動している所に危険性を感じます。
 理想の平等な社会を目指しているのではなく、「男たちを懲らしめてやる」というのが目的になっている感じの活動家が少なくありません。

復讐が動機になった活動では、新たな憎しみを生み出すわけですから、学者とか一部の過激なフェミニストたちの行動は困ります。

男女共同参画というのも悪い方向に進んでいるように思います。
「男女は価値的に平等で役割は違う」というのが私の考えです。

「女性の社会進出」は止める必要はないけど、この言葉が問題ですね。この言葉を考えた人が誰なのか知りませんが、主婦業や子育てが社会活動だという価値観は微塵も感じられません。

これは、家事や子育ては社会活動じゃないような誤解を与える悪い言葉です。家事や子育てや公園での近所付き合いは、昔から立派な社会活動で、このお陰で子供たちの安全が確保されてきたのですが、この「女性の社会進出」ということが叫ばれるようになってから、主婦や子育てに誇りを持てない女性が増えたといいますから困ったものです。

子供たちを守るための地域の絆が弱まり、少子化も進むような悪い方向にこの言葉は働いていると思います。

馬鹿な学者というか、頭は良いが性格の悪い学者のために、世の中の価値観が滅茶苦茶にされている感じがします。
Posted by こまもりパパ at 2008年12月22日 06:45

アンチフェミさん、こまもりパパさん、レスありがとうございます。

>「ポルノは全部禁止しろ!」などとフェミは考えていませんよ。禁止しろと言っているのはあくまでも男性向けポルノです。なぜならば女性が性的搾取の対象となっている!とするからです。

・・・僕は、フェミニストといっても多様な考え方の人がいて、ひとくくりにはできない、
と思っているのですが、いまだにアンチフェミさんのおっしゃるみたいな感じなのでしょうか。

こまもりパパさん、犯罪を
>更にもっと少数にする手立てが必要と思います。だから刺激を与えるものを増やすべきでは
ないと思っています。

というご意見ですが、刺激を与えるものが、増えると犯罪が増える、減ると犯罪も減るという
ことでしょうか。
だとすれば、これがいわゆる強力効果論というもので、現代ではすでに科学的に否定されて
いるとの事です。
したがって今、強力効果論を主張するなら、それはニセ科学的な主張となります。
ということは・・・今の表現規制推進派の意見はほとんどすべてニセ科学にもとづいて
いるわけです。
このへんは、僕みたいなガチガチの心霊ビリーバーでも、簡単に理解できる程度のことなので
      ↑(超心理学や心霊研究をニセ科学とする主張が、僕にはどうしても理解できま       せん。)爆・・・
冷静にさえなれば誰でもわかることと思います。

「毒ガスの作り方」とか「自殺の仕方」などの情報は、たしかに自殺願望の有る人には
有害かもしれません。
なにが有害か無害か有益かというのは、個人差があるという話は、僕もそう思いますが、
「毒ガスの作り方」と、娯楽としての性表現・暴力表現などとは、やはり少し異質だと思い
ます。
今の有害情報、有害図書規制論というのは、このあたりも、ごっちゃになっているように
見えます。

>中には自分の娘の裸を見たがっている親とか、娘をAV女優にしたがっている親もいますね。

そうなんですか??
そういえば、子供が性被害にあうばあい、加害者は見知らぬ小児性愛者より、親(主として
父親)や教師など、身近な大人のほうが多いという話は聞いた事が有ります。
でもこれは、表現規制等とはまた違う問題だとは思いますが。


Posted by AOMURASAKI at 2008年12月23日 21:05

>図書館にBL本を置くかどうかという話が、「表現の自由の侵害」「検閲」になるとは
たしかに思えません。

 最大の問題点はここでしょう。市民の税金で運営される教育機関である図書館にBLが大量に存在することは批判されて当然です。

>ところが、今の有害情報、有害図書を規制しろという議論は、多くの人がむらむらっとくるだけ
程度の、実際にはとても有害などと言えないものを、有害情報として規制しろと言っている
と思います。


 だから、そうやって過剰に規制されていっているのは主に「男性向け」のものばかりであって、「女性向け」のものは規制されるどころか公共の図書館にまで平然と大量に置かれているという厳然たる事実があるんですよ。
 「男性向けのエロ」であれば「どんどん規制してやれ!」と言いながら、「女性向けのエロ」は規制がないどころか、学校の図書室にまでBLが侵入している現状があります。
 「




Posted by アンチフェミ at 2009年01月01日 14:50

>・・・僕は、フェミニストといっても多様な考え方の人がいて、ひとくくりにはできない、
と思っているのですが、いまだにアンチフェミさんのおっしゃるみたいな感じなのでしょうか。

 今回の堺市の図書館のBLの件にて、「的搾取につながるからBLも全部禁止!」なんてヒステリックに叫んでいるフェミニストは、たった一人もいないのが現状ですよ。いったい、どこに「BLも禁止!」「女性もポルノを楽しむべきではない!」などと主張しているフェミがいるというのでしょうか???
もう少しフェミも多様な意見を見せてほしいところですけどね。残念ながら今後もフェミ側から「BLも禁止せよ!」どころか「図書館にはBLはふさわしくないだろう」という妥当な意見さえ一切出てこないでしょうね。
Posted by アンチフェミ at 2009年01月01日 15:13

AOMURASAKIさん、本年もよろしくお願いします

返事が遅くなって申し訳ありません

「ガチガチの心霊ビリーバー」なのですね。AOMURASAKIさんとは同じかどうか分かりませんが、私は霊界とか死後の世界はあると思っています。事故の多くはその手の影響を受けていると思っています。だから愛情を蹂躙したこと対する怨念は怖いと考えています。

ところで、「毒ガスの作り方」と、娯楽としての性表現・暴力表現などとは、私は異質だと思っていません。これは価値観の違いですからどうしようもないことですね。

自殺や殺人願望を持っている人が毒ガス作りのサイトを見て実行するのと、強姦願望を持っている人が性暴力マンガを見て実行するのとは同じくらい悪いと考えています。

これは、私がキリスト教の影響を受けている為かもしれませんが強姦という犯罪を殺人と同じくらい悪いと思っているからです。強姦されたことで結婚を諦めたり自殺する女性が少なくないことを考えれば、生命を奪うのと同じくらいの犯罪だと思っています。

娯楽としての性は夫婦の間だけにして欲しいと思っています。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月03日 01:54

アンチフェミさん、本年もよろしくお願いします

BL本を図書館から撤廃するという動きが少しずつ始まっていると聞きました。それが事実なら喜ばしいことです。

私が考えるフェミニストというのは、主に男性に失望した人たちで、その原因を作ったのは男性だと思っています。男性から自己中な愛情で利用された女性がフェミニストになると思っています。
 男性が「愛しているよ」と言う時に、その前提条件として「君が僕を好きになっている間だけは」って条件が付いている場合が多く、結局「先に受け入れる」ことより「受け入れてもらう」ことが先の場合が多いんですよね。
 父親を含めて、そんな愛情に対して失望した敏感な女性がフェミニストになるのだろうと思っています。そう考えると、フェミニストは被害者ですが、愛情の質を見分ける力を持っている人が多いと思っています。

男性が愛情の面で魅力的にならないとフェミニストは無くならないし、男性が自己中になればなるほどフェミニストは増えるような気がしています。

根拠は無いんですけど、そんな気がしています。
Posted by こまもりパパ at 2009年01月03日 02:16

>「女性の社会進出」は止める必要はないけど、

無理に止める必要はありませんけど、無理に推し進める必要はないでしょう。ポジティブアクションなど、結果の平等を導入してまで推し進める必要はありません。配偶者控除をなくしてまで推し進める必要はありません。特別な法律を作ってまで推し進める必要はありません。莫大な税金を注ぎ込んだり、会社に保育施設を作ることを強要したり、男性に育児休業を取らせたりしてまで推し進める必要はありません。

>これは、家事や子育ては社会活動じゃないような誤解を与える悪い言葉です。

おっしゃるとおりです。家事や子育ては非常に重要な社会活動です。将来の日本を背負って立つ子供を健全に育てることは、立派な社会貢献です。育児を負担としてしか捉えることができないような洗脳は許せませんね。

>馬鹿な学者というか、頭は良いが性格の悪い学者のために、世の中の価値観が滅茶苦茶にされている感じがします。

性格が悪いというよりも人格上・精神上に重大な欠陥があるのでしょう。「感じがする」ではなくて、事実そのとおりではありませんか。

>BL本を図書館から撤廃するという動きが少しずつ始まっていると聞きました。それが事実なら喜ばしいことです。

BL本などは、税金で運営される教育機関にふさわしくない本であることは、通常の人間であれば一目瞭然のことですからね。
排除のためにも、私たちの常識的な声を大きくしていかなければなりません。図書館の人間に私たちの声を届けていかなければなりません。電話で言うことが気が引けるのであれば、ネット上からも図書館や市政に意見を言うことのできる便利な世の中となりました。最大限に文明の利器を利用しようではありませんか。




Posted by アンチフェミ at 2009年01月05日 23:32

アンチフェキさん、こまもりパパさん、レスありがとうございます。
返事が遅れてもうしわけありません。

図書館にBL本を置くかどうか、にはいろいろな意見があって当然と思います。僕個人としては
この問題は、どちらでも良いと思っています。(あ〜定見が無いなー・・)
だから図書館に置くかどうかという問題だけだったら、書き込みはしなかったかもしれません。

しかしBLを有害図書に指定すべきという意見も散見されたので、これはいくらなんでも
まずいだろ、と思って最初のか書き込み(08年12月14日23:03)をしました。

アンチフェミさん
>今回の堺市の図書館の件にて、「性的搾取につながるからBLも全部禁止!」なんて
 ヒステリックに叫んでいるフェミニストは、たった1人もいないのが現状ですよ。

そうでしたか。以前、フェミニスト系の人のブログで、フェミニストの中でもポルノ反対派と
擁護派があり、論争している、という記事を読んだことがあったので、なんとなくうろ覚えで
”性的搾取につながるからポルノは全部禁止”みたいな見解があるように書いてしまった
のですが、あらためて確認してみると「ポルノそのものが女性に対して暴力的あるいは
差別的であり、あるいはそうした価値観を広めるので反対する。」などとあり、確かに男性が
欲望の対象となるポルノは、想定していないようです。どうもすみませんでした。

こまもりパパさん、
>「ガチガチの心霊ビリーバー」なのですね。

特定の宗教を信じているわけではないのですが、僕は心霊研究や超心理学なとは、
いわゆる超常現象否定派や懐疑派の人たちが言うよりは、信頼性が高いのではと感じて
います。

宗教については、最近の表現規制や児童ポルノ禁止法改悪などに、キリスト教の右派・原理
主義者といわれる勢力が強くかかわっているといろいろな所で指摘されています。
特に彼らの同性愛(者)や小児性愛(者)への非寛容はひどいものです。
神や霊を信じる者なら、もっと慈悲とか寛容ということを理解してもいいと思うのですが、
実際には不思議な事に、それとは正反対です。(泣

>自殺や殺人願望を持っている人が毒ガス作りのサイトを見て実行するのと、強姦願望を
 持っている人が性暴力マンガを見て実行するのとは同じくらい悪いと考えています。

ですから、情報を見て自殺や犯罪を実行する人がいるとすれば、そうゆう人は情報が
なくても、いずれ実行してしまいます。
有害っぽい情報を減らせば、事件や犯罪も減るという証拠はどこにもないはずです。
情報を規制するというやり方は、効果が無いだけでなく、表現の自由という民主主義の
根幹を破壊する、かえって有害なやり方です。

>娯楽としての性は夫婦の間だけにして欲しいと思っています。

ご自身の事として、そのようにする方が良いとおもえるなら、それはそれでよい事と思い
ますが、そうしない人がいるとしても、それについては、我慢するしかない事と思います。


Posted by AOMURASAKI at 2009年01月09日 23:39

きのうの書き込みの一行目でアンチフェミさんのお名前を間違えてしまいました。
大変失礼いたしました。
Posted by AOMURASAKI at 2009年01月10日 01:24

>あらためて確認してみると「ポルノそのものが女性に対して暴力的あるいは
差別的であり、あるいはそうした価値観を広めるので反対する。」などとあり、確かに男性が
欲望の対象となるポルノは、想定していないようです。どうもすみませんでした。

 ありがとうございました、AOMURASAKI様。その点だけは忘れないで下さいね。

Posted by アンチフェミ at 2009年01月10日 20:20

>しかしBLを有害図書に指定すべきという意見も散見されたので、これはいくらなんでも
まずいだろ、と思って最初のか書き込み(08年12月14日23:03)をしました。

AOMURASAKI様。お考えはよく分かりました。この点に関しては以下のようなことが言えるかと思います。
そもそも「BLを有害図書に指定すべき」というような意見がネット上で多く見られるようになった契機はなんでしょうか?それは、図書館にBLが大量に購入されている、開架までなされている、そして、それがBLを知らない多くの一般人に知られてしまったからこそでしょう。要するに白昼堂々とBLが大手を振って、老若男女、様々な人が利用する教育機関に顔を出してしまったからなんです。そもそも、この手の本は性的嗜好に関する本であって、個人がこっそりと楽しむ類の本でしょう。そのような認識が一般的でしょう。それが、税金でもって大量購入され、公的な教育機関である図書館に置かれていた、だからこそ、これだけの批判を受けているのです。BLを守りたければ、まずは図書館にBLを置かないほうがいいのです。それにもかかわらず、一部の腐女子が執拗にリクエストを繰り返し、自ら批判を招く愚を犯してしまったのです。
Posted by アンチフェミ at 2009年01月16日 13:25

アンチフェミさん、レスありがとうございます。
今まで、女性向けの性表現に対する規制がわりと穏やかだったのは、規制推進派が
そうしたものの存在自体を、よく知らなかったから、ということはあると思います。
しかし、2〜3年前からBLではない普通の少女マンガの性表現も、過激だとか規制すべき
という意見が目立ち始めました。

今は昔と比べて、情報の量がすごく増えて、昔だったら当事者以外ほとんど知る人が
いなかったセクシャルマイノリティのことなども、一般に知られることが多くなりました。
その意味ではBLも、今回の図書館の問題がなくても、いずれは・・・という気もするのですが。

>そもそも、この手の本は性的嗜好に関する本であって、個人がこっそりと楽しむ類の本でしょう。

とおっしゃるのは、確かにひとつの見識だと思います。

Posted by AOMURASAKI at 2009年01月19日 23:27

>とおっしゃるのは、確かにひとつの見識だと思います。

お久しぶりです。「『ひとつの』見識」ではなくても「『一般的な』見識」であるということが、今回の堺市のBLの一件に関する、図書館のBLに対する膨大な批判的なネット上での書き込みによっても明らかとなったと思います。「ひとつの」と表現するほど、少数の見識でないことは、もはや明白です。
Posted by アンチフェミ at 2009年02月25日 01:15

BL規制がジェンダーフリーに反するとかいう批判を見かけるけど、筋違いもはなはだしい。過激な性表現で、かつ、エンタメ作品とされているもので、規制を受けていないのはBLだけだった。異性愛者や女性同士の同性愛を描いた作品は図書館では購入が控えられたりしているし、少なくとも5000冊も購入されていない。だから、堺市の図書館が閲覧制限等を設けたのは、優遇されていたBLを他の性表現物と同様の規制下に置くための措置だといえる。
つまり、BLだけ特別扱いをすることをやめて、平等に扱う措置である以上、むしろジェンダーフリーに資するものであるといえる。それなのに、一部のカルト的な団体がジェンダーフリーだとか特定の性嗜好を差別するなどと批判し、それを受け入れた堺市図書館には失望を禁じえない。

堺市はセックスだとかフェラチオだといった性表現を内容とする大量のポルノ小説を未成年に閲覧させている唯一の自治体であるということをもっと認識するべきだろう。

そもそも、セクシャルマイノリティーに対する差別というが、社会的弱者である同性愛者の性を商品化して、異性愛者の女性がおもちゃのように娯楽にする。それは、セクシャルマイノリティーに対する差別にならないのだろうか。女性の性の商品化が差別につながると批判していながら、フェミニズム団体は、同性愛者の性の商品化は完全にスルーしている。
もちろん、同性愛者もBLを楽しんでいる人はいると思うけど、同性愛者が必ず過激な性行為に及ぶとの誤解を抱かれ憤慨している人もいる。まさに、女性の性の商品化のケースと同様の事態が生じている。

結局、ジェンダーフリーに反する、セクシャルマイノリティーに対する差別を生むなどもっともらしい名目で反対しているけど、その内実は、「男の娯楽は規制するべきだけど、女恩娯楽は規制するべきではない」というものにすぎないと思う。

Posted by sai at 2010年01月15日 19:25

大振り子のすべての石段はすべて一定の効果があります。それらの具体的な効果。泳ぐのは段をぐるぐる巻く2の円盤のスーツの地方で、車輪の段を並べるのはリベット締めが詰めて車輪の地方を並べるので、段に泳ぐのはスーツの空中に垂れる糸の地方です。
その他に、時計レプリカ両端はある地震に備えて、軸の首の段、それらはそれぞれアンチ・ショック器の席と軸穴の内で配置します。この数(何)段のサイズと位置は正確ですかどうか、大振り子について使うことができるかどうかがすべてとても重要です。
Posted by 時計レプリカ at 2013年11月18日 15:35

その製品更にただ日本国内を唯一ですにする販売する地域だけ、続けて本部のイギリスにしてもこのファミリの小売りサービスを設けていません。ロンドンのシリーズの落ち着く、分厚いのことと区別があって、スーパーコピーエルメス人にあげる感じは軽やかでシンプルで、それゆえに多くの少女も製品にほれます。今のところ、すでにその不朽な風潮で、1種の生活する品質のシンボルになりました。
Posted by スーパーコピーエルメス at 2013年11月27日 17:18

スーパーコピー, ブランドコピー通販【NobleShop111 - スーパーコピーブランド市場】スーパーコピー時計この誤差はすでにとても大きくて、その結果ローマの神のローマ法王のジェリーの高利は8世このスーパーコピー暦法を改正してそして新しい規則を制定しました。まず、1つの新世紀の始まる1年、400の整除するのが閏年だことができますに。例えば、2000年は1つの閏年で、それが400に整除することができるためです;1900年はそうではありません。このような改正して3300年内の累積誤差でやっとただある日だけ誤差、減少しました。その次に、カレンダーと季節一緒に撮るためスーパーコピー時計
Posted by スーパーコピー時計 at 2014年05月10日 15:00

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22391959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

忌み嫌う者達〜時には憎しみさえも〜
Excerpt: 何度となく語ってきた事だけれど、私は大雑把に“犯罪行為”というものが半端なく嫌い
Weblog: 雑記帳(主に辛口)
Tracked: 2008-11-16 19:30

ボーイズラブ(BL)は、有害図書だ!
Excerpt:  ネットで堺市図書館が所蔵するBL本が話題になっているので、はっきり言う「有害図書で図書館に置くべきでない、即刻廃棄処分にするべし!」■図書館「ボーイズラブ」に揺れる堺市、市民の不信感募る 2008/..
Weblog: 有害図書撲滅
Tracked: 2008-12-26 17:43