2008年10月09日

ペットボトルキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを


先日、ペットボトルキャップを集めているNPOの方とお会いする機会がありました。

お会いしたのは「NPO法人 Reライフスタイル」という団体の副理事長さんでした。7年前から活動されていて、昨年だけで1400万個以上も集めるなど、本格的な活動をされています。
一人で始めたそうですが、初めの何年かは、価値を理解してもらえず苦しかったそうです。最近になって急に注目されるようになったそうです。

私の職場でもペットボトルキャップを回収しているので少しは関心を持っていました。そこで、以前から気になっていたことを聞きました。
「なぜ募金ではなくペットボトルキャップなのか?」と率直に尋ねました。私はその理由を聞いて、これは良い運動だと思いました。

副理事長さんによると、
子供たちに、「自分の手で世界の子供たちの命を救える」という気持ちが根付いて、「あれから、ぼく、ペットボトルキャップを1個も捨ててないよ」って言ってくれる子供たちが増えてくるのが嬉しいというのです。

・子供たちが、誰の力も借りずに自分の意識と努力だけで出来る救済運動
・400個集めたら一人の命を救うことが出来るのが分かりやすい
・毎日のように意識することが出来る運動
という点が素晴らしいと思いました。

 自己中心な性格が、利他的な性格になるのは一朝一夕には出来ないことを強く感じています。自分の中にある自己中心な思いの根深さを実感しています(汗)
 だからこそ、子供の時からこういう意識を根付かせることは、とても大切なことだと思います。自己中心になりやすい今の世の中で、世界の子供たちを救うという利他的な心を失わないようにコツコツと続けていく運動として拡大することを願っています。


微力ですが、私も、こまもりの活動の一つにしようと思います
(地元で集めます)

「NPO法人 Reライフスタイル」のページ
http://www.re-lifestyle.com/
NPO法人 Reライ フスタイル

posted by こまもりパパ at 00:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
 キャップを集めてワクチンを送るなんて、良い話です。早速実行しようと思います。良い情報ありがとうございます。

余計なお世話かと思うけど

1234さんや黒屋ぶるー さんも批判ばかりでなく、キャップでも集めて協力したらと思いますが・・・・・(笑)
Posted by 有害図書撲滅 at 2008年11月04日 17:30

有害図書撲滅さん、こんにちは

特に子供が実践するのがいいと思っています。大人の力を借りずに、子供だけで世界の子供の命を救えるってところが良いですわ。
Posted by こまもりパパ at 2008年11月05日 22:21

>1234さんや黒屋ぶるー さんも批判ばかりでなく、キャップでも集めて協力したらと思いますが・・・・・(笑)

ご忠告どうも。しかし自慢じゃありませんが、私も何もしていないわけではありませんよ。私は大学の「中国語会話講座」に参加していますが、例の四川省大地震へのボランティアとして、仲間と一緒に募金活動をしていました。
Posted by 12434 at 2008年11月06日 17:41

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20797733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック