2008年09月29日

兄弟の愛情

私が感動した兄弟愛のお話です。

これは昔に聞いたことがあったのですが、最近再び耳にして思い出しましたので掲載します。多少の間違いはあるかも知れませんが、記憶を辿りながら書きます。
確か米国の兄弟(兄と小さな妹)の話です。


お兄さんは買い物の途中で事故に遭って、救急車で病院に運ばれましたが、すぐに輸血しなければ命を失ってしまいます。

しかし、兄の血液型はRh-の特殊な血液型で、街から届けてもらったら間に合いません。

幸いなことに、妹の血液型は兄と同じでした。そこで、父親が妹にいいます。

父 :「お兄ちゃんに輸血してほしいんだ」
妹 :「………」
    (しばらく考えた後)
妹 :「いいよ、それでお兄ちゃんが助かるのなら」

妹の血液のおかげで、手術は無事に成功しました。
手術が終わって、ベッドに横たわっている妹のところで医師が話しかけました。

医師:「お兄ちゃんはもうだいじょうぶだよ」
妹 :「よかった。」
    (でも元気がありません)

医師:「どうしたの? 気分が悪いの?」
妹 :「先生 …… 私ははいつ死ぬの?」
医師:「えっ?」
妹 :「輸血したから死ぬんでしょ」
医師:「輸血しても死なないよ。
    自分は死ぬと思っているのに輸血してくれたの?」

自分の命を捧げて兄の命を救おうとした妹のお話です。
これは実話だそうです。
posted by こまもりパパ at 10:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | いい話
この記事へのコメント
ほんと、いい話しですね。感動しました。
こんなふうに子供を育てていきたいものです。
いい話し、ありがとうございました。
Posted by kushiro at 2008年10月13日 23:06

kushiroさん、コメントありがとうございます

ほんと、そんな子供に育てたいものです。
この「こまもり」は、犯罪とか被害とかの話題が増えてしまいがちなのですが、目指したいのは「よい個人、よい家庭、よい社会」ですので、なるべくそういう意識で書きたいと思っています。

今後も応援よろしくお願いします。
Posted by こまもりパパ at 2008年10月14日 09:30

感動しているのに水を差すようなこというのは難ですが、「こんなふうに子供を育てたい」とおっしゃる意味がイマイチよく解りません。どういう意味ですか?
Posted by 12434 at 2008年10月14日 21:48

「兄弟を大切に思う子」かな。

自分は親になってから分かったんですけど、子供が私のために何かをしてくれることよりも、兄弟が仲良くしてくれることを願っています。

別の言い方をすれば
「親思いだけど兄弟仲悪い」と
「親思いじゃないけど兄弟が仲が良い」だと、
後者を望んでいます。我が子が兄弟喧嘩をしているのを見るのは辛いし、将来が心配になります。兄弟仲が良いと心配事が減ります。
私の周囲では、同じように思っている親、とっても多かったです。

子供が幸せになることが一番の親孝行のような気がします。
Posted by こまもりパパ at 2008年10月15日 01:14

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20213173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック