2008年04月22日

「子ども」か「子供」か?

うちの学校では「子供」と書かずに「子ども」と書く事になっていると知って、ちょっと調べてみました。

いろいろ調べましたが、「子供」が良くないという説得力のある理由が見あたりませんでした。


「子供」が良くないという理由を探してみると

@ 供という字は「供え物」や「大人の付属品」のような意味で付けられたから、子どもの人権のために使うべきでないという説。

A 供という字は複数形を表すから、単数でも使えるように「子ども」と表記して、複数の場合は「子どもたち」と書くべきという説。

B 常用漢字音訓表では「供」の読みに「ども」が無いから使うべきでないという説。

C 供の字は「供え物」という意味で縁起が悪いという説。

D 子供で全く問題ないが、「供え物」と誤解する人がいるあるから使うべきでないという説。

などがあるようです。


次にその反論意見を探してみると

@に対する反論は、「わたくしども」などの「ども」という大和言葉に単に「供」の字を当てただけで、供え物などという意味で使われたという話は、文献を探しても見あたらないということ。

Aに対する反論は、「ども」が複数形だったから、ひらがなにしても同じであるし、現在の「こども」は単数として扱われている。本来は複数だったからと主張すると「友達」は二人以上の時にしか使えないことになる。昔は良い意味で使われた「貴様」のような例もあり、本来の意味にこだわる必要はないという話。

Bに対する反論は当て字として定着しているのだから問題ないということ。

Cに対する反論は、縁起が悪いということだけで簡単に言葉を換えられてしまうのは迷惑な話であるということ。

Dに対する反論は、言葉本来の意味を知らずに誤解する人が悪いのであって、そのために言葉を変えるのは間違っているという話。

といった感じで、どれも説得力のないものばかり。
無難な理由は、Cの「縁起が悪い」でしょうか。

私としては、学校では慣例にならって「子ども」と表記するようにしますが、学校外では特に意識することなく「子ども」も「子供」も使っていこうと思っております。

何か説得力のある説明が聞けるまではね。
posted by こまもりパパ at 13:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 関係ない話
この記事へのコメント
 過度の子供人権派の陰謀のなせる業で、意味がないようの思います。
 子供で十分だ、理屈はいらない
Posted by 有害図書撲滅 at 2008年05月07日 17:02

はあ、別にどっちを使おうが問題ないと思いますが。ですが「子供で十分だ」ってよく意味が解らないのですが。あいや、別に返事は返さなくてもいいですが。
Posted by 12434 at 2008年05月08日 00:56

有害図書撲滅さん、こんにちは

相変わらずスパッと片づけてますね。
(決して悪い意味じゃないです)

とっても気持ちがいいです。理屈がないと納得しない人も多いでしょうけど。
でも、そんな事に左右されないところが有害図書撲滅の良いところですね。

それから、山梨でも成果を上げられたそうで素晴らしいです。
Posted by こまもりパパ at 2008年05月12日 01:07

私は正直、こういった不毛で、言い方は悪いですが、くだらない問題は苦手です。

だって、「子供」でいいじゃないですか。
差別的だとも縁起が悪いとも思いません。
そんな事よりも、やたらと常用漢字にないとかいって、ニュースの字幕や新聞記事でさえ、ひらがなばっかなのの方がよっぽど問題に思います。

漢字で示されてこそ、意味が分かるっていう字はたくさんあるっていうのに…。
こういうつまらない事も、学力低下の要因になっている気もしてしまいます。

蛇足ですが、有害図書撲滅さんの言いようは、無駄に攻撃的で、少々不快に感じます。




Posted by 面倒なので匿名 at 2008年05月18日 14:05

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14303666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック