2007年11月18日

こまもりパパの苦戦

こんなホームページを作り、ブログで偉そうなことを書いているこまもりパパは、さぞ立派な家庭を築いている事だろう
と美しい誤解をされそうなので、早めに白状しておきます。

わたしは子育てにものすごく苦戦しています。特に中2の長男とは
どう付き合ったら良いのか試行錯誤の毎日です。我が子なのに緊張してしまいます。いじめを受けていたことも何ヶ月も気がつきませんでした。親としては落第点です。

不安な理由を考えてみると、「自信と確信がない」に尽きます。子育てはこうすれば良い、中学の男の子にはこんな風に、小学校の女の子にはこんな風に‥、それが分からないんです。

私は小学生時代にいじめから登校拒否していたし、中学、高校に行っても決して良い性格ではありませんでした。
だから、自分が親から受けてきたものを、何は良くて何は良くないのか判別する必要があると思っています。

自分が受けてきたのと全く同じ事を、私が子供にしたときには、自分と同じレベルになってしまいそう。それでは進歩がないし、自分と同じ幼少期ではあまりにも可哀想です。だから悩みますし、自信が持てないのです。

でも、妻は親から、特に母親から多くの愛情を感じて育ってきました。もちろん私も深い愛情を受けていたから立ち直ったのですが、「とっても分かりにくい愛情」でした。大人になって気がついてみれば愛されていたって感じです。

でも妻の場合は「分かりやすい愛情」を受けてきて、小さい頃から母親を尊敬していたし、その母親を超えることが夢だったそうです。未だに、子供の数以外では母を超えていないと申しております。

私は、そういう妻を通して、我が子への対し方を学びました。というより、学んでいる真っ最中です。

そんな自分だからこそ、子育てを成功したら価値が大きいし、自信の持てない多くの人たちに自信を与えられるようになると思いながら(自分を慰めながら?)頑張っているところです。
posted by こまもりパパ at 02:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 子育て情報
この記事へのコメント
突然のコメントで失礼いたします。
ブログを拝見させていただきまして、是非とも協力をして
いただきたくコメントという形で、ご連絡をいたしました。
当サイトは「ブログで繋がるコミュニケーション」をテーマに
参加していただくブロガーの皆様を幅広く募集をしています。
ランキングを楽しんだり、さまざまなブログを拝見したり、
ブログを持っている方々のコミュニケーションの、
一つの引き出しとして、その場を提供したいと考えています。
当サイトの検索バーの横にブログの登録フォームがあります。
お手数をおかけいたしますが、ご賛同いただいて、ブログの登録を
御願いできれば幸いでございます。
是非、御願いします。こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
なお、こちらのミスで謝って、再度、ご連絡をした場合。
また、全く興味のない方は削除されてください。
Posted by magazinn55 at 2007年11月21日 15:20

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12322298
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック