2010年12月09日

夫婦の愛情って...

いきなりですが、「夫婦の愛情」って何なのでしょうか?

実は、いろんな人に尋ね、いろんな本も読みましたが、まだ分からないところが多くあります。
それでも、確信を持った部分もあります。

夫婦の愛情の基本は「兄弟姉妹の愛情」だ
という話は、私の中では確信になってきました。

男女ですから性的な(精神的にも肉体的にも)愛情はありますが、それは時間にしてみれば僅かなものです。中には一日中そのような関係の夫婦もいるかもしれませんが...。

我が夫婦の場合、大半の時間は、「兄と妹」か「姉と弟」のような関係になっています。

たとえば、妻の両親も私の両親になりましたから、どちらかの親の話題をするときは兄弟姉妹のような関係になります。

それに、夫婦は基本的に対等の関係だし、協力し合う関係です。

困ったことや迷っていることがあれば、お互いに相談し合って考えます。

また、兄弟の夫婦が集まったときには、違和感なく妻も含めて皆が兄弟みたいな錯覚を覚えるほどです。


そんなわけで「夫婦の愛情の基本は兄弟愛だ」という話は、自分では強く納得しています。

そう考えると、「恋愛の前に、十分な友情経験が必要だ」というよく聞く話も辻褄(つじつま)が合います。
兄弟姉妹の愛情が分からないうちに恋愛をすると、性的な関係がメインになる恐れもあるでしょう。

少子化によって兄弟姉妹の関係を築きにくい時代になりました。
どこかで兄弟姉妹の情関係や友情関係を十分に経験しないと、夫婦になったときにどうしていいか分からず、不自然な関係になって苦労するかもしれません。

この推論、妥当なのでしょうか。
posted by こまもりパパ at 19:31 | Comment(9) | TrackBack(0) | 子育て情報