2010年06月21日

「児童ポルノ規制案」が民主党などの反対で否決廃案に

「児童ポルノの単純所持を禁止する」などの都条例改正案を、民主党が中心となって否決し廃案にしました。

これで、子どもの性的受難は継続されることになり、日本は「高画質な児童ポルノ発信国」という不名誉な地位を守ることになりました。

児童ポルノの漫画版を「成人コーナーに区分陳列を義務づける」という点について、漫画版の定義が曖昧だという理由で、代案を出すわけでもなく、実写も含めてすべての改正案を廃案にしてしまいました。

淫らな格好をさせられ、あるいはレイプされ、永遠にインターネット上から消えることのない写真を流された子どもの人権をあまりにも軽視しています。


【日教組=民主党 が問題】

民主党の政策全体が良いか悪いかは別として、教育政策については理解できないことがあまりにも多いです。

それは、民主党の教育政策 = 日教組の思想 だからでしょう。

民主党には、日教組以外に教育の専門チームが無いそうですね。

最近の北教組(北海道教職員組合)の違法献金や、国旗国歌の排除
や、AED導入反対など、日教組は子どもたちに何を伝えようとしているのだろうか。

日教組の念願であった「ゆとり教育」によって、この10年間で得た結果はなんなのでしょうか?

土曜日の時間つぶしにゲーム機の普及を後押ししたことでしょうか。
成人の質が下がり、企業が新卒よりも30歳前後のキャリア採用を重視するようになったことでしょうか。
それとも、日本の国際競争力が低下したことでしょうか。

ゆとり教育との因果関係は分かりませんが、私は無関係ではないだろうと予想しています。

日教組および日教組の思想を信奉する人たちは、性器の付いた男女の人形を使って実演させる性教育を小学校などで実施することを支持、推進しているなど、私には狂気の沙汰に見えます。

教育基本法に道徳や愛国心を含めたのは「改悪」だとして、民主党は「教育基本法を元に戻す」と言っているし。


【日本の青少年が心配】

被害児童が後を絶たない、待ったなしの児童ポルノ被害なのに、その改正案を丸ごと廃案にする日本。

今の政府には、親の立場で青少年を守ろうとする者は誰一人いないのでしょうか?
この先、日本の青少年はどうなってしまうのか。

都知事が、「なんとしてでも改正案を通過させる」と言っていることが僅かな希望です。
posted by こまもりパパ at 23:54 | Comment(53) | TrackBack(0) | こまもり情報

2010年06月10日

都の漫画児童ポルノ規制条例で自公が修正案を提出へ

漫画の児童ポルノに対する規制条例で都議会が動き出しました。

 子供を性的対象にした漫画などの規制を目指す東京都青少年健全育成条例の改正案で、都議会自民党と公明党が改正案の修正案を都議会に提出する方針を固めたことが8日、分かった。改正案をめぐっては、都議会最大会派の民主党が都に改正案の撤回を求め、撤回されない場合は否決する意志を示しており、6月議会で反対多数で否決される公算が大きくなっていた。
msn産経ニュース 2010.6.8 13:14
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100608/bdy1006081316003-n1.htm

具体的には

 自公の修正案は、改正案の文言が曖昧との批判を受け、改正案で規制対象となる漫画などの18歳未満と想定されるキャラクター「非実在青少年」を「描写された青少年」に、また「青少年性的視覚描写物」を「青少年をみだりに性欲の対象として扱う図書類」に変更するなどした。

などの文言修正をして11日に修正案を提出するらしい。

このニュースによると、改正案の可決を願って5万名近い署名が集まったそうで、私も署名の協力を微力ながら行いましたが、5万名というのは驚きです。多くの都民が心配していたということですね。

それに、自民党と公明党は青少年の健全育成をまじめに考えていることが明確になりました。

民主党は、今回の議会では、実写版児童ポルノの単純所持までも否決しようとしています。
それに対して、自民党と公明党は、文言修正などの要求を受け入れてでも先送りせずに可決させようとしています。

青少年健全育成の価値観の違いなのか、青少年のことを重視していないのか分かりませんが、両者の政策の違いが明確になった都議会でした。

どうも教育に関しては、民主党の考え方では将来が不安です。日教組だからでしょうか。
子どもたちの将来を真剣に考えているように思えない。少なくとも、親が我が子を心配するような気持ちで、親の視線で教育関係の政策を打ち出しているようには見えません。
なんとかならないものでしょうかね。

ほぼ否決間違いなしと言われていた条例案でしたが、これで少し希望が持てます。
posted by こまもりパパ at 00:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | こまもり情報

2010年06月01日

東京都の条例改正を支持します


「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の改正案
に対して、民主党を先頭に、廃案にしようとする動きが活発です。

でも私には廃案にする理由がどうも納得できません。子どもたちを守るためには、少しでも早く成立させなければならないと思うのですが、何故か廃案にしようとしています。

私はこの改正案は可決されるべきだと考えています


条例の詳しいことを知りたい方は

「東京都青少年・治安対策本部」
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/08_jyoureikaisei.html

を見て頂くとして、改正の内容は大きく分けて次の3点と思います。


1.インターネットや携帯電話の危険から青少年を守る
2.児童ポルノの被害から青少年を守る
3.著しく悪質なマンガを青少年に見せないようにする


どれも必要だと思うのですが、一部の漫画家や民主党がこの改正案を廃案にしようとしています。

この3点についてもう少し詳しく書きます




1.インターネットや携帯電話の危険から青少年を守る

 子どもの学齢に応じて機能限定した携帯電話の推奨制度を創設
  (インターネットや携帯電話によるいじめや有害情報が氾濫しているため)

 保護者がフィルタリング解除する際、正当な理由の提示を義務づけるようにする

  (携帯電話の危険性に関心が薄い保護者が子どもの言いなりにフィルタリング解除
  する事が多いため)




2.児童ポルノの被害から青少年を守る

 児童ポルノを所持しないという都民の責務を規定
  (児童ポルノの被写体にされた子どもは性的虐待を受けている)

 児童ポルノの作成に関与した保護者や事業者に対して都が指導
  (我が子を売り込む保護者がいる)




3.著しく悪質なマンガを青少年に見せないようにする

 子どもとの性交等を描き、これをことさら賛美、誇張するマンガ等を
 青少年に見せない、売らないよう販売者等の自主的努力により区分陳列
 することを義務づける


 子どもを強姦するなど、著しく悪質な漫画等を現行条例の「不健全図書」
 指定対象とし、成人コーナーに区分陳列することを義務づける






特に漫画家が反対しているのが3の部分で、次のような反論がありました。


「表現の自由、出版の自由」の制約だといって反対している点について

改正案では、「書くな」とも「売るな」とも言っておらず、子どもの手が届かないところに区分陳列を義務づけているだけです。私には必要なことだと思いますけど。


子どもには犯罪に対する自己防衛の準備をさせるために見せるべきという主張に対して

強姦や性的虐待が日常的に行われているような描写や、そこから快楽を感じているような描写が果たして子どもの教育に必要なのだろうか。そんなものを我が子に見せたい親はあまりいないと思います。

私は、そのような「子どもとの性交を賛美したり、子どもを強姦するなどの漫画」は、成人コーナーに区分陳列を義務づけることは必要だと思っています。



現状では否決される可能性が高いと言われていますが、青少年の環境を守るためにも、私は改正を願っています。
posted by こまもりパパ at 23:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | こまもり情報