2010年01月07日

福沢諭吉の教育の目的

久しぶりの投稿です

福沢諭吉の「教育の目的」を読みました。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/46734_26143.html

といってもとても短い文章です。

しかし、なかなか深いところで本質を突いていると感じます。


皆が平安を好んでいるし、平安を求めている。これは、悪人は他人の平安を破壊するが、やはり自分の平安や家族の平安を求めている。
しかし、平安(欲望と言っても良いと思います)は求めても求めてもキリがない。衣食住が足りてもまだ欲望は続く。

他人を害しても、家族の平安を求める者。他国を害しても自国の平安を求める者もいる。

ここで、貧困を救助し、文盲を教育する者がいる。これを仁人君子と称する。外的な平安よりも精神的な平安を好む人である。

教育というのは、このような人を育てることをいうのだというのです。

「けだし今の世界各国の人民は、自から安楽を知りて他の不幸を知らざる者なり。一国内形体の安全を求めて、国外の安全に愉快を覚ゆるの精神に乏しき者なり。すなわち国の教育の未だ上達せざるものといいて可なり。」

なかなか素晴らしいです。
今の学校教育は、経済競争社会に勝つための知識を教えている傾向が強いように感じますが、このような事を教えるべきだと思います。
posted by こまもりパパ at 10:55 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記