2009年07月17日

都議選の投票者に失望

今回の都議選は自民党の大敗で終わりました。

私は民主党は嫌いじゃないけど、民主党の教育分野を牛耳っている日教組の思想は納得できません。ゆとり教育にしても、子供の人権にしても、過激な性教育にしても、何年も経ってから改悪だと分かるようなもので非常に厄介です。その間に多くの子どもたちが犠牲になってきました。

最近の民主党では、教科書の採択を子供にやらせたらいいなどと言っているそうです。そしたら、超簡単な教科書、漫画本の様な教科書が採択されるでしょう。すべて日教組の考えのようです。

日教組は教育をなんだと思っているのか甚だ疑問です。私は教育の専門家じゃないけど、子供に教科書を選ばせるなんて異常です。玩具じゃないんだから。
人生経験豊かな大人の目線で、子どもたちに何を教えるべきかを考えて教科書を選ぶべきだと思うのに、日教組の考えはいつも「子供の権利」「子供の自由」ですからね。


ところで、今回の投票で多くの有権者が「一度は民主党に政権を取らせてみたらいい」と平気な顔して言っています。年配の人にも少なくありません。

これでは「自分は政策には感心無いから、順番にやらせたらいいんじゃないの」ということを堂々と言っているのと同じ。

自民党と民主党では政策も、構成されている議員もかなり価値観が違っています。自民党が右寄りでチョットだけリベラルな人がいるのに対して、民主党は右寄りもいるけど、左翼思想に人生を掛けているような議員が沢山います。主要な支持団体も日教組に部落解放同盟ですし。

たよりない自民党に嫌気がさすのはわかります。しかし、180度違う政策を持っているところに対して、「交代でやったらいい」などと恥ずかしげもなく言うところが情けない。

若い人が政治や日本の行く末に関心が無いのは教育の失敗によるから仕方ないとして、年配の人まで「一度は民主にやらせてみたら」という「どっちでもいい」というのは情けないと思います。

これが今の日本の大人達のレベルなのでしょうか。

民主党を応援するなと言う話しではありません。
自分の考えをしっかり持って、それに向かう政党はどこで、それに逆行する政党はどこかを判断して応援すべきではないでしょうか。

自分の頭で考えることをせず、ワイドショーに誘導されるオバサンと同じような男性が増えているのはとても残念に思います。

有権者が、民主党の政策を支持して投票した結果ではなく、無関心な有権者がマスコミの煽動に乗せられて投票した結果で、日教組の力が強められてしまうというのは残念でなりません。
posted by こまもりパパ at 23:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | こまもり情報