2009年05月13日

家族愛の無い性教育

慶応大学の教授が性教育の運動をされていて、それを小学生まで持ち込もうとされています。
そこで小宮氏という小学校の保健の先生の活動を紹介しています。
しかし、問題が多い教育だと判断したためコメントします。

慶応大学といっても、大麻汚染が激しいというし、医学部をあげてセクハラを隠していたりいろいろありますね。


問題の主張はこれです
 小学校における性教育(小学校の保健の教諭だそうです)
 http://oka.web.infoseek.co.jp/kdomre1.htm


性教育には大きく2通りの流れがあります

1.避妊法を中心にした性教育


2.貞操を守ることを勧める性教育


2の方は米国では支持者が多いですが、日本ではまだ少数です。

この教授はコンドームを勧めているので1の方です。

この人の問題点をいくつか挙げてみます




【問題点1】 家族愛の軽視

避妊を中心にした性教育推進者に共通しているのが、家族の絆とか夫婦の絆の軽視です。
この教授も、夫婦の絆や家族の絆について言及がありませんし重視していないようです。

夫婦が信頼と愛情で結ばれてこそ、子どもは親から愛情を感じるし、その安心感が土台でのびのびと生活できるのだと思います。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、そのことを茂木健一郎氏が子どもにとっての「安全基地」と表現されています。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090331/index.html

夫婦の絆や信頼関係を重視すればするほど、不倫はあり得ないし、婚前交渉もなるべく避けた方がよいという考えになっていきます。




【問題点2】 この人自身も、命の大切さが分かっていない

命の大切さは、なにか科学的なことで示せるわけではなく、生まれたときの両親の動機だけでもありません。

自分の命が大切だと思うのは、自分だけのものではないと知ったときからです。
もし自分が死んだら、生涯悲しみ続ける人がいる。(たとえば両親)
自分が不幸になったら、一緒に不幸になってしまう人がいる。自分の命は、自分
だけのものではなく、両親の人生にまで甚大な影響を与えてしまう。
私はそれほどまでに愛されている。だから私の命は大切にしよう。

だから、この教授が言っている
「体を知らずして自分を大事にすることは出来ない」
というのは間違いだと分かります。
「親(または育ての親)の愛情を知らずしては自分を大事にすることは出来ない」
が正解だと思います。




【問題点3】 「性=いやらしい」という感情を無くす だって?

この主張ですが、これについても本質を分かっていらっしゃらない。
いやらしいと感じるのは、何か後ろめたさがあるためです。言葉は違いますが、両者はほとんど同じ感情です。

親に隠れてとか、誰にも見られないようにラブホテルに行くとか、妊娠したら責任取れないからコンドームを付けるとか、そういった無責任な性行為だから後ろめたい思いがあるのです。

愛があればセックスしても良いという人がいますが、後ろめたさのないセックスのためには、愛情だけではダメで、責任感も必要です。
「自分は生涯その人を愛し続ける」
「子どもが生まれたら自分は立派な親になる」
というような責任感が無ければ、後ろめたさを感じ、そういうのをいやらしく思うのです。
だからといって、誰かに見せるものではないと思いますよ。それは夫婦だけのものですから。




【問題点4】 子どもに判断を押しつけるのは良くない

小学生に対して「自分で善悪を判断しなさい」というふうに押しつけるのは良くないと思っています。

体に対する知識、性に対する知識、男女の愛情に対する知識などを教えて、「自分で判断しなさい」という教育には反対します。

良いものは教えて良いけど、悪いものを教えることで、子どもは心に傷を受けます。
・親だって100%信じることは出来ないんだなぁ。
・うちの両親も離婚するかもしれないんだなぁ
・自分は愛されていないかもしれないなぁ。
・コンドームを付けたらセックスしてもいいのかなぁ。

たとえば、CAPという教育プログラムがあります。虐待から子どもたちを救うものです。
これも子どもたちに「自分で判断しなさい」という教育です。
そのために、子どもたちには、
・我が子を虐待する親もいる
・我が子の裸に興味をもつ親もいる
・必ずしも親の言うことを聞かなくてもいいんだよ
などということを教えます。
「自分の親がもしそういう人だったら助けを求めていいんだよ」と教えるのです。

虐待を受けている子どもは救済できます。でも、その他多数の子どもにとっては、親を信じて良いか疑問を持つ子が少なくないのです。

その結果、
・CAPの教育を受けた直後から、娘が父親と風呂に入らなくなった
・親の言うことを聞かず、自分勝手になった
という話を良く聞きます。
父親に対して、まるで変態のような色めがねで見たり、親子の信頼関係に溝が出来る結果になります。

大人でも判断が難しいことを、子どもに判断を押しつけるから変なことになるんです。

これって、深刻なことだと思いますよ。




慶応大学の教授の主張にも問題があります

いろんな人とセックスしろって?

色々な人と付き合って、見極めることの重要性 結婚、離婚についても低学年に教える→様々な家族形態

パートナーが変わるたびにエイズ検査して確認しあう 思いやりを実践に

幼稚舎、普通部、中等部、それ以外の子供たちに、セックスやコンドーム、感染症や中絶、そんなことを隠す必要はまったくありません。

「K-dom」には「マイノリティの使用もおすすめできます」という但し書きがついています。これはセクシャル・マイノリティが使用する性感染症予防具(男性-男性の場合)が、法律上は存在しないという事実に抗議する意味合いがこめられています。

と主張されていますから、この教授自身がそのような不特定の相手や男性同士を相手にした性生活をされているのでしょうか。

posted by こまもりパパ at 00:50 | Comment(19) | TrackBack(0) | こまもり情報