2009年01月19日

エロビデオは見ない方が良い

とある人から言われました。これは私が結婚が決まった直後のことでした。

その人が言うには、アダルトビデオを見ていると夫婦関係が難しくなりやすいというのです。

その理由は、アダルトビデオ制作会社が対象としているお客さんのタイプに問題があるというのです。

商売の用語でパレート分析(ABC分析)というのがありますが、「顧客の上位2割が売り上げの80%を占める」とか「上位3割が70%を占める」というような傾向がある場合が多いです。

アダルトビデオも同様で、安定した売り上げを確保するために、毎月10本以上(年間100〜数100本)買い続けるようなお客さんが喜ぶ内容で制作されているわけです。

ではそういう客層はどんな人かというと、結婚をしていない、恋愛中でもない、どちらかというと女性には恵まれない孤独なタイプで、家でエロ雑誌やエロビデオを見るのが楽しみという人でしょう。

だからビデオの内容も現実離れしていて構わないわけです。力によるレイプとか薬物を使ったレイプとかもあるし、痴漢や時には少女であったりします。女性が性の快感を覚えて性の奴隷になるというストーリーでも良いわけです。
要は、年に数百本買うような人たちが喜ぶ内容を出し続ければ、安定した利益を確保できるわけです。

だから、アダルトビデオを見ていると、奥さんに対して間違った思い込みをすることや、主な購買層と同じように自己中心になりやすいというわけです。だから見ない方がよいという話でした。

先日の同階の女性をバラバラにしてトイレに流した犯人も次のように述べています
(MSN産経ニュースから引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090113/trl0901131601019-n2.htm

被告 「自分の部屋に連れてきて、性的快楽を与え続け、自分の思うようにしようとしました。自分ならできると思いました」
検察官 「何にしようと思ったのですか?」
被告 「『性奴隷』です」
検察官 「『性奴隷』とは何ですか」
被告 「私とのセックスに依存し、私を必要に思うような女性です」
検察官 「そのためには何をするつもりでしたか」
被告 「セックスをして調教しようとしました」
検察官 「どうやってセックスしようと思ったのですか」
被告 「女性を自分の部屋に連れて行き、長い時間かけて調教しようとしました」

《女性との交際経験のない被告は、アダルトビデオや成人漫画などから女性を本当に調教できると信じていたという》

-----引用終わり-----

ここまでビデオの内容を信じてしまう人は少数かもしれませんが、でも見続けることで間違った思い込みをして、夫婦関係が難しくなる恐れがあるのは間違いないと思います。
posted by こまもりパパ at 00:11 | Comment(24) | TrackBack(0) | こまもり情報