2008年11月28日

保護者向けの教材が出たが‥‥これも企業の味方か

「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」が保護者向けに子どものネット利用に関する教育用教材を作って公開しています。
http://www.child-safenet.jp/material/index.html

ヤフーとネットスターが事務局を運営しているらしいです。
早速見てみましたが、問題ありです。

中高生向けと書かれているが、中学生の親向けじゃないと言いたい。

ネット系の企業が入っているからでしょうか、ケータイ会社と同じことを言っています。

中学生には「携帯電話を持たない」 「ウェブ機能を契約しない」という選択肢が残っていますが、そのことには一切触れようとしないで、フィルタリングの話だけをしています。

小学生の保有率は20%台で、中1でも40%程度。親が知らないから入学祝いに買ってしまう場合が多いでしょう。
60%以上も保有している高校生には、今更持たないという選択肢は考えることが難しいですが、中学生までなら、これからの中学生にケータイが必要かどうかを考え直すことが出来ます。
 しかし、企業も、この団体も、そのことには触れず、持たせるのが当然のような資料を作成して、フィルタリングだけ教えています。このまま自然増を待っているのでしょうか。

様々なアンケート結果を見ても、保護者の多くは、中学生までの子供に「ネット機能付きケータイ」を持たせたくないと思っています。友達が持っているから仕方なく持たせている場合が殆どだといいます。連絡のためなら電話機能(&メールまで)だけあれば十分と思っているのです。

中学生の子に対して「他の子が持たなくてもうちの子にはケータイを持たせたい」という親は少数だと思います。

そういう点で、中学生の保護者のためにはなっていないと思います。
良い活動をしているのですが、残念です。
中高生ではなく、高校生の保護者向けというのなら良いですけどね。

この資料や講座を受けた親が、フィルタリングすれば大丈夫と思って、中学生の子供に安心してケータイを持たせるようなことがあったら逆効果。

もしそうなったら、この団体の活動は、「中学生の家庭にはよくない活動だった」という結果にもなってしまいます。
企業の利益に影響されずに、多くの父母が願っている方向に進める努力をしていただきたいものです。
posted by こまもりパパ at 13:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | こまもり情報

2008年11月21日

犯罪の扉02: チェーンメール

今回はチェーンメールです。

これを読んでくださっている方はチェーンメールのことをご存じの方が多いと思います。

「このメールを5人に転送してください」などと書かれたメールのことを言います。
転送しなければならない理由として書かれているのは、
・人助けの呼びかけ(輸血、裁判など)
・オカルト(転送しないと呪いを受ける)
・受け取った人に福がある
・恐喝(転送しないと暴力団に狙われる)
などがあります。

チェーンメールは、ねずみ算式に増えていくので基本的にすべて自分のところでストップすべきなのですが、怖くて転送する子も多くいます。

ストップしても問題ない理由が分からなくて心配なら、下記のように処理してくれるところに転送したらいいです。
http://www.dekyo.or.jp/soudan/chain/tensou.html


問題なのは「いじめ」に使われる場合です。
多いのは、
・女子なら、着替えやトイレの盗撮を使われる
・男子なら、トイレで小便を横から盗撮された写真を使われる
という場合で、「転送しないと、こんどはそいつの写真をばらまくぞ」
と書かれている場合です。

そんな写真をばらまかれて、いじめを受けても、平気で学校に通える子供って少ないとおもいます。学校を辞めるか転校するかでしょう。
そのときに受けた心の傷は、生涯にわたって消えないだろうと思います。
posted by こまもりパパ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

犯罪の扉01: モデル募集サイト

まず最初に取り上げるのは「モデル募集サイト」です

「服を着たままで1時間5000円」
「コスプレモデル1万円」
など、可愛くプロに撮影してもらえて、モデルとしてデビュー。

そんな軽い気持ちで行ったら、そこに待っているものは‥‥

昨年、応募してきた少女たちに暴行を加え、撮影したポルノ映像をインターネットで販売するという事件が起きました。彼女たちの映像は、多く販売されてしまったため、もうすべてを回収することは不可能となっています。

今年7月には、応募た少女が、手錠をかけて強姦され、もっていた現金を奪われるという事件も起きました。

警察に被害届を出さない事件はどれだけあるか分かりません。

なぜそのようなことが起きるのでしょうか。

 ケータイでモデル募集している人は、アダルトビデオの制作者であったり、児童ポルノの制作者、あるいは、売春クラブが多いと言います。

その制作者たちは、ケータイを使って簡単に少女を集めることができ、無理矢理、あるいは交渉して簡単にビデオ撮影ができるというのです。
5000円で応募してきた少女に、「裸になってくれたら5万円払うよ」とか、「○○してくれたら10万円払うよ」などと交渉が始まるそうです。
5000円程度というのは、気軽に応募できる金額だというのです。

子供にとって5000円というのは大きなお金です。ましてや5万円なんて簡単に手に入れることが出来ない額です。魅力を感じると思います。

 撮影されるだけで「危険はないのか?」というと、当然危険でしょうね。児童ポルノの制作販売は法律で禁止されていますから、多くは裏の世界で生きている人たちでしょう。児童ポルノのレイプシーンが少なくないと問題になっていますが、みな承諾の上で演技している子供たちばかりなのか疑問です。

 業者にとって、ケータイを持っている子供たちなら募集するのは簡単です。ケータイを持っていなければ募集は困難でしょうね。
今の子供たちは、そんな裏の世界の大人と簡単に縁を持つことができるのですが、子供たちには、危険という認識がどれだけあるか心配です。
posted by こまもりパパ at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

2008年11月19日

犯罪の扉00: はじめに

これから、子供向けのケータイサービス毎に起こりうる犯罪を、思いつくまま順不同で投稿します。

子供に関するケータイの事件は多数起きていますが、死者は決して多くはありません。「だから騒ぐ必要ない」という意見をお持ちの方もいらっしゃいます。
 でも、私は、これから事件が増え、多くの子供たちが巻き込まれることを心配しています。今は死者は少ないけれども、いじめなどの報道されない被害者は決して少なくありません。それに、インターネットの怖さを知っている方の多くは、このまま放置すればますます被害者は増える可能性が高いという感覚をお持ちだと思います。

 たとえば、日本の子供で麻薬を持つのは不良少年のなかの極一部だと思っていた方が多いのではないでしょうか。しかし、インターネットの力によって、誰でも簡単に大麻を手に入れることが出来る時代になり、大学生の中にかなりの勢いで蔓延しつつあるといいます。

 子供がケータイを持つのが当たり前のようになっている国は日本だけです。子供のパケット代で成り立っている電話会社も日本だけです。

このような世界でも特異な事情を持った国ですので、政府や役所の方針待ちでは手当が遅れてしまうと思います。
 私たちが取り組んで、私たちが子供たちの将来のために何をすべきかを考えるべきだと思っています。

これから、いろんなサービスについて、何が危険なのかを書いていきますので、各家庭の判断で、うちの子は心配ないとか、安心できないとかの判断をしていただければと思います。

この画面の右側の「カテゴリ」から「犯罪の扉」を開いていただけば通してみられるようにします。

最終的にはこまもり.comの方で整理して書きたいのですが、自分の頭を整理するためにもまずここに書きます。

(追記)
この「犯罪の扉」シリーズについては、草稿としての使い方でもありますので、書き換え、追記を頻繁にするかもしれません。
posted by こまもりパパ at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪の扉

GPFのテントご来場ありがとうございました

GPF(GlobalPeaceFestival)の「こまもりの会」に来てくださった方、ありがとうございました。

準備が十分に出来なかった展示で申し訳なかったのですが、多くの方に来ていただき感謝です。準備不足だった分、一生懸命説明をさせていただきました。
まさか、あれほど多くの来場者がいるとは考えておらず、準備したパンフや冊子も800部すべて無くなってしまい、お渡しできなかった方には申し訳なく思っています。

テント展示の団体は、国内向け活動だけでなく、大使館もいくつも出しているし、各国のボランティアなど100団体くらいが出展していたので、国際色豊かなイベントで驚きました。中には歴史をひもとく活動だったり、読み聞かせの活動、伝統文化を守る活動、健康に関する活動など、いろいろあるんですね。

ペットボトルキャップは109万個集まったそうで素晴らしいですね。うちの会も少しですが貢献させていただきました。会のみなさん直接持って行っているので個数は分からないのですが、私個人は500個くらい持って行きました。

堅苦しいイベントかと思っていたスタジアムのイベントは、意外なゲストたちで、テレビではよく見ていたけど生で見るのは初めてで、とっても楽しいイベントでした。

外務省のグローバルフェスタにしても、社会のために何かをしたいと思って活動している人たちが集まる場所って、とっても良いですね。もっともっと活動をしたくなりました。
posted by こまもりパパ at 00:33 | Comment(9) | TrackBack(1) | こまもり情報

2008年11月04日

堺市図書館に大量の同性愛小説

有害図書撲滅ブログさんの情報です

http://plaza.rakuten.co.jp/yuugaitosyo/diary/200810290000/

 大阪の堺市図書館に、過激なイラストもある同性愛小説が5500冊も開架されて、それらの購入に要した費用は360万円以上だそうです。
 少女向けに男性の同性愛を描いた本を「BL(ボーイズラブ)本」というらしいです。

 購入した担当者は「ジェンダーフリーも文化と受け止め、購入してきた」と言っているらしい。ここ2、3年は購入しないようにしているそうです。
 開架はせずに要望があったときに貸し出しをしていたが、頻繁な貸し出しで、書庫に収めず、開架の本棚に並ぶなどルーズな状態にあったところ、市民から苦情があったという。

 さすがに、市民の抗議により開架しないことを徹底するようですが、置き続けることは変わりないようです。

 公共の図書館にエロ本が置かれていて、そのために多額の費用が使われているのはショックな話です。
 ひとつの図書館でエロ本購入に360万円もの税金が使われていたということが発覚しましたが、全国ではどれほどの額になるのでしょうか。もったいないし、エロ本の売り上げに公共図書館が貢献しているというのもどうかと思います。

私は「ジェンダーフリーの価値観が多くなったら世界が滅びる」と思っています。なぜなら、家庭、家族が基本単位だと考えないからです。個人の自由や権利を最重要にしている、だから良くない価値観だと思っています。
posted by こまもりパパ at 10:25 | Comment(53) | TrackBack(2) | こまもり情報