2008年10月22日

教育委員会も規制に動いた!

「群馬県内の3つの教育委員会が、小中学生の携帯電話所持を規制」したというニュースを見ました。
詳細はこちら
(2008年10月22日 読売新聞)

伊勢崎市は今月1日、PTA連合会などとの連名で、小中学生の携帯電話について、
「持たない」
「家庭の事情で持つ場合は保護者が責任を持つ」
「携帯電話利用ルールを守る」
とする三つの基本ルールを明文化し、保護者に配布したそうです。

素晴らしい! それくらい言わないとボーッとしている親たちは気付かないからね。

中には「そんなこと言われても、うちの子は塾に行くから携帯が必要です!」って食ってかかる親がいますが、全く矛盾してない。これは自分の無知に気付いていない、恥ずかしい言動です。

親の責任で、電話機能だけの携帯電話を持たせればOK。塾からの連絡にメールは不要、ネットも不要。そんなことは小学生でも分かる。
毎日、塾の帰りに電話しても通話料は1000円にもならない。定額プランも必要なし。

学校のパソコンでのトラブルなら学校の責任だけど、子供のケータイのトラブルはすべて親の不始末。なのに何もしない親が多いから学校が対応しなきゃならないという不自然な状態が続いています。

いまこの時間にも、日本の子供たちには様々な危機が迫っているかもしれない。

・同い年だと思って、気軽にエッチな話とか下着姿の写真を交換した相手が、中年の男だと分かってビビッている娘。

・その男から「親にばらすぞ」と恐喝されて、貯金から送金したが、ついに払うお金が無くなって、親の財布から盗んでいる娘。

・それも出来なくて、援助交際で支払っている娘。

・払うお金が無くなって、闇の職安で犯罪幇助の仕事をしてお金を作っている息子。

・掲示板でいじめを受けている息子。


子供たちは恥ずかしさのため誰にも相談できず、深刻になって一人悶々としているのをよそに、親たちは「ケータイってそんなに夢中になれるものなのか」などと、のんきな事を考えている。

実際には、もっと強引に規制しないと問題意識を持たない親が多いと思います。
posted by こまもりパパ at 22:32 | Comment(20) | TrackBack(0) | こまもり情報

2008年10月15日

インターネット プリクラ

といえば「ふみコミュニティ」というサイトが有名です。

ケータイで写してプリクラが作れるというのはとっても楽しそう。
友達に見せ合うだけじゃなくて、日本中の人と見せ合うことが出来ます。でも、危険と隣り合わせでもあります。

古い話ですが、2年くらい前に、小学校6年生の女の子が、ふみコミュニティで知り合った31歳の無職男性に誘拐されるという事件がありました。4日後には開放されて、家出事件として片付けれましたが、この男、のちに女子中学生に対する児童買春で逮捕されるなど、小児性愛者だったと聞いています。

他にも、ふみコミュニティで知り合った女子中学生に対して脅迫し、いかがわしい行為をして逮捕された中学校教諭もいました。

女子中学生とか高校生を装って近づいて1ヶ月くらい仲良くやりとりして、そのうち「お互いに裸の写真を見せ合おうよ」って言って、相手が送ってきたら、それをネタに脅迫するって手口が多いそうです。

誰にも相談できなくて、仕方なく会いに行って強姦されたり、要求されたお金を作るために下着を売ったり援助交際でお金を作ったり...。
多くの親は、娘がそんな犯罪に巻き込まれていることを知らないそうです。

犯罪者が一番悪いのは当然ですが、子供にケータイを与えて放置していた親にも責任があるとおもっています。
posted by こまもりパパ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | こまもり情報

2008年10月09日

ペットボトルキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを


先日、ペットボトルキャップを集めているNPOの方とお会いする機会がありました。

お会いしたのは「NPO法人 Reライフスタイル」という団体の副理事長さんでした。7年前から活動されていて、昨年だけで1400万個以上も集めるなど、本格的な活動をされています。
一人で始めたそうですが、初めの何年かは、価値を理解してもらえず苦しかったそうです。最近になって急に注目されるようになったそうです。

私の職場でもペットボトルキャップを回収しているので少しは関心を持っていました。そこで、以前から気になっていたことを聞きました。
「なぜ募金ではなくペットボトルキャップなのか?」と率直に尋ねました。私はその理由を聞いて、これは良い運動だと思いました。

副理事長さんによると、
子供たちに、「自分の手で世界の子供たちの命を救える」という気持ちが根付いて、「あれから、ぼく、ペットボトルキャップを1個も捨ててないよ」って言ってくれる子供たちが増えてくるのが嬉しいというのです。

・子供たちが、誰の力も借りずに自分の意識と努力だけで出来る救済運動
・400個集めたら一人の命を救うことが出来るのが分かりやすい
・毎日のように意識することが出来る運動
という点が素晴らしいと思いました。

 自己中心な性格が、利他的な性格になるのは一朝一夕には出来ないことを強く感じています。自分の中にある自己中心な思いの根深さを実感しています(汗)
 だからこそ、子供の時からこういう意識を根付かせることは、とても大切なことだと思います。自己中心になりやすい今の世の中で、世界の子供たちを救うという利他的な心を失わないようにコツコツと続けていく運動として拡大することを願っています。


微力ですが、私も、こまもりの活動の一つにしようと思います
(地元で集めます)

「NPO法人 Reライフスタイル」のページ
http://www.re-lifestyle.com/
NPO法人 Reライ フスタイル

posted by こまもりパパ at 00:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年10月08日

子供ポルノに対する大手プロバイダの認識に明確な差

「水着姿の女児が、不自然なポーズで胸や下半身を強調する――。」
大手プロバイダがこんなコンテンツを販売していたとは驚きです。

読売新聞のニュースから一部引用します

「水着姿でポーズ、大手プロバイダーが女児画像大量提供」

 水着姿の女児が、不自然なポーズで胸や下半身を強調する――。

 そんな写真が閲覧できる有料サービスを、インターネットの主要プロバイダーがポータル(玄関)サイトで提供している。

 「子供の性を商品化している」との批判から、このうち1社は今月中に中止する方針を決めたが、継続中のプロバイダーは「現行法では児童ポルノには該当しない」などと主張。専門家は「海外では違法とする国もある」として、児童ポルノ問題での日本の取り組みの遅れを嘆いている。

 問題の画像が提供されているのは、「@ニフティ」「OCN」「ビッグローブ」「ソネット」などで、いずれも富士通、NTT、NEC、ソニーのそれぞれの子会社が運営するサイト。「いもうと」「小中学生限定」などとうたった会員制のグラビアコーナーで、月3000円前後の利用料を払えば、制作会社がスタジオなどで撮影した児童らの大量の写真を見ることができる仕組みだ。会員以外でも、モデル1人につき数枚の写真を閲覧できる。

 モデルの少女らは、ヌードではないが、ビキニ姿などで肌を露出し、カメラに向かって両足を開いたり、両腕を組んで胸を強調したりしている。「10歳」と紹介されている女児がベッドでブラウスを脱いでビキニ姿になったり、「7歳」の女児がスクール水着を着て跳び箱をまたいだりしている写真もある。


続きは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080929-OYT1T00458.htm

−引用おわり−


また、その記事によれば、対応は次のようになっています

ビッグローブ(NEC)
 対応:9月末で中止する
 理由:幼い少女の水着姿の写真を提供するのは不適切だった

OCN(NTT)
 対応:中止しない
 理由:水着や布を身につけており、児童ポルノには該当しない

ニフティ(富士通)
 対応:中止しない
 理由:サービス内容がだんだん過激になっていったかもしれないが中止しない

ソネット(SONY)
 対応:中止しない
 理由:サービス内容がだんだん過激になっていったかもしれないが中止しない

ビッグローブ以外は継続しているようです。

「児童ポルノ」の定義では微妙なところですので、ここでは子供ポルノと書きました。

児童が水着姿で開脚していても「児童ポルノ」と断定できないので、こういうものは多くの父母の目に晒して、国民の総意で善し悪しを判断するしかないですね。

グラビアのページのリンクを掲載します
ここから数回程度のクリックだけでも(一般の書店では売られていないような)過激なサンプル写真が表示されることが少なくありません。

ビッグローブ
 http://photo.cplaza.ne.jp/?HG
OCN
 http://gravure.ocn.ne.jp/
 http://cgi01.ocn.ne.jp/cgi-bin/redirc2/go_c4?http://www.bitway.ne.jp/bunkasha/deluxe/ocn/
ニフティ
 http://sexy.nifty.com/
 http://www.nifty.com/genjyo/index.html
 http://www.nifty.com/imouto/
ソネット
 http://www.so-net.ne.jp/gravure/
posted by こまもりパパ at 23:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | こまもり情報